ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

命の誕生を安心して迎えたい…赤ちゃんとお母さんを支える
「産科医療保障制度」とは

新しい生命の誕生は、とても素晴らしい人生のワンシーンですが、妊娠・出産の現場では、予期せぬ出来事が起こってしまうことがあります。そんな中、より安心して妊娠・出産を迎えられるよう「産科医療補償制度」という制度が誕生しました。

「産科医療補償制度」は、分娩(お産)に関連して発症した重度脳性麻痺の赤ちゃんに対する補償の機能と、脳性麻痺の原因分析・再発防止の機能とを併せ持つ制度として、2009年(平成21年)1月に創設されました。

ここでは、「産科医療補償制度」の概要をご紹介します。

産科医療補償制度の概要

産科医療補償制度の概要

「産科医療補償制度」では、①通常の妊娠・分娩にもかかわらず、分娩に関連して重度脳性麻痺となった赤ちゃんがすみやかに補償を受けられ、②重度脳性麻痺の発症原因が分析され、再発防止に役立てられることによって、産科医療の質の向上が図られ、安心して赤ちゃんを産める環境が整備されることを目指しています。

この制度は、分娩を取り扱う分娩機関(病院や診療所、助産所)が加入する制度で、すべての分娩機関が加入する必要があります。

「公益財団法人 日本医療機能評価機構」が、制度の運営組織として、分娩機関の制度加入手続、保険加入手続、掛金集金、補償対象の認定、原因分析、及び長期の補償金支払手続(保険金請求手続)等の制度運営業務を行なっています。

「産科医療補償制度」に加入している分娩機関では、「産科医療補償制度」のシンボルマークが院内に掲示されています。

産科医療補償制度の補償内容

ここでは「産科医療補償制度」の補償内容についてご説明します。

補償対象

産科医療補償制度の補償内容

「産科医療補償制度」の加入分娩機関において「出生体重2,000g以上かつ妊娠33週以上」、または「妊娠28週以上で所定の要件に該当した場合」で出生した赤ちゃんに、身体障害者障害程度の等級1級または2級相当の重度脳性麻痺が発生し、運営組織が補償の対象として認定した場合に、補償の対象となります。(先天性の要因等については補償の対象外となります。)

産科医療補償制度に加入している分娩機関では、妊産婦さんに、この制度の対象となることを示す「登録証」が交付されるので、これに氏名等を記入します。保険料等の支払いはありません。

脳性麻痺の診断は、原則的に生後1年以上経ってから行なわれるため、出産施設でもらう「登録証」の控えは「母子手帳」などにはさんで5年間は保管しておくようにします。

補償金額

産科医療補償制度の補償内容

補償対象と認定された場合、補償請求者は補償金請求書類等の必要書類を運営組織へ提出します。

運営組織は保険会社に対し補償金(保険金)の請求を行ない、赤ちゃんが19歳になるまでの間、保険会社から補償請求者に、以下の補償金(保険金)が支払われます。

補償内容 支払回数 補償金額
準備一時金(※1
1回 600万円
補償分割金(※2 20回 総額2,400万円 (120万円/年×20回)

※1看護・介護を行なう基盤整備のための資金

※2看護・介護費用として毎年定期的に支給

掛金

産科医療補償制度の補償内容

1分娩(胎児)あたり、分娩機関が3万円の掛金を負担します。

また、この制度の開始に伴い、掛金相当分の分娩費の上昇が見込まれることから、健康保険から給付される出産育児一時金も、平成21年1月から3万円引き上げられています。

関連お役立ちコンテンツ