ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

【糖尿病代謝内科】
2型糖尿病・脂質異常症など糖尿病代謝内科で受けられる診療

糖尿病代謝内科
診療科目
糖尿病代謝内科

「糖尿病代謝内科」は、糖尿病や脂質異常症をはじめ、代謝性疾患を扱います。

糖尿病専門医のみならず、栄養専門医、管理栄養士、看護師、理学療法士など多数の専門スタッフが連携して患者ひとりひとりに合わせた診療を行なうことが求められます。

治療は外来や入院による透析、手術をはじめ、生活指導や栄養管理なども重点的に行ないます。糖尿病や肥満は合併症を引き起こす危険も高く、これらの予防や対処にも取り組みます。

対象となる病気は、「1型糖尿病」、「2型糖尿病」、「妊娠糖尿病」、「糖尿病性昏睡」などの糖尿病全般、肥満症やメタボリックシンドローム、痛風、高尿酸血症といった代謝性疾患、高コレステロール血症、高トリグリセライド血症など脂質代謝異常症などとなります。

代表的な病気(病名)

2型糖尿病(にがたとうにょうびょう)

特徴
体内の血糖値を下げるホルモンである「インスリン」の分泌ができなくなり、高血糖の状態が続く病気で、いくつかの種類があります。2型糖尿病は生活習慣病として知られるもので、糖尿病の遺伝因子をもつ人が、ストレスや過食、運動不足を続けることでなりやすい病気です。日本人の糖尿病の9割以上が2型糖尿病であり、中高年に発症することが多くあります。これに対して、1型糖尿病は幼児から20代のうちに発症しやすい病気で、免疫異常やウイルス感染が原因、あるいは原因不明の場合などがあり、体内でインスリンを出す機能が働くなるものです。2型糖尿病の治療は食事療法や運動、投薬、インスリン注射などで行ないます。
症状
初期のうちは症状がほとんどありません。尿の量が増え、のどが乾く、体重が減るなどの症状が出ることがあります。体内のエネルギー源となるブドウ糖をうまく全身の細胞に取りこめないことで疲れやすくなります。また、糖尿病の3大合併症として、「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」があります。「糖尿病神経障害」を発症すると手足のしびれ、めまい、胃腸の不調、筋力低下、発汗異常などが起こります。「糖尿病網膜症」では視力低下や白内障、最悪の場合は失明の危険もあります。「糖尿病腎症」は、むくみ、たんぱく尿、血圧の上昇などの症状が起こり、悪化すると人工透析が必要になります。
治療法
生活習慣から起こる2型糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。食事療法では体格に合った適正エネルギー量の範囲内で栄養バランスのとれた食事をとります。運動療法で推奨されている内容は、週に3~5回、20~60分の中強度の有酸素運動と、週に2~3回のレジスタンス運動。食事療法や運動療法を行なっても血糖コントロールが改善しない場合は薬物療法を併用しましょう。薬物療法では、患者の状態や血糖コントロールに応じた経口薬の種類やインスリン注射が選択されます。

脂質異常症(ししついじょうしょう)

特徴
「脂質異常症」は、コレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)という脂質が血液中に過度に含まれていることで起こる病気です。以前は「高脂血症」とも呼ばれていた病気で、現在でも医師によっては高脂血症という病名が使われます。コレステロールは血管の内側で壁にこびりつき、血管の壁を硬くする動脈硬化を引き起こすリスクがあります。中性脂肪は善玉(HDL)コレステロールを減らし、悪玉(LDL)コレステロールを増やすため、これも動脈硬化の危険因子になります。悪玉(LDL)コレステロールが高い状態、善玉(HDL)コレステロールが低い状態のいずれも「脂質異常症」です。また、動脈硬化はひどくなると心筋梗塞や脳出血、脳梗塞の原因になります。
症状
自覚できる症状はほとんどありません。しかし、放っておくと悪化するため、健康診断などの血液検査で異常がないか定期的に確かめる必要があります。具体的には血液検査でLDLコレステロール値が140mg/dL以上なら「高LDLコレステロール血症」、善玉(HDL)コレステロールが低いと「低HDLコレステロール血症」、トリグリセリドが基準値より多いと「高トリグリセリド血症」と診断されます。いずれも脂質異常症です。また、高値にあると膵炎を起こす場合があります。気づきやすい症状として黄色腫というコレステロールの塊が肘や膝、指、アキレス腱などにできることがあります。皮膚が盛り上がりますが、痛みやかゆみは通常ありません。
治療法
脂質異常症の治療の基本は食事療法と運動療法です。飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量を減らして運動量を増やすことで、LDLコレステロール値と中性脂肪値を下げて、HDLコレステロール値を上げていきます。血清脂質値が異常でも症状は現れませんが、知らない内に血管を傷付けて動脈硬化となって現れるため、早めに治療を始めましょう。生活習慣を見直しても目標値が達成できない、もしくは危険因子を多く持つ場合などは、脂質を低下させる薬を内服する薬物療法が必要です。
また、高脂血症、動脈硬化の原因のひとつに甲状腺機能低下などもあるので原因検索が必要になります。

肥満症(ひまんしょう)

特徴
BMI(体重[kg]÷身長[m]の2乗)が25以上である状態を「肥満」と言います。そのうち、医療機関による治療や指導が必要とされているものが「肥満症」です。脂肪細胞に「質的な異常が見られる肥満症」と、「量的な異常がある肥満症」に大別され、妊娠など特殊な病態による健康障害も肥満症に含まれます。「質的な異常が見られる肥満症」では、合併症が起こる危険が多くあります。合併症とは具体的に、高血圧、高尿酸血症、痛風、脂肪肝、2型糖尿病、耐糖能障害、脂質異常症、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などです。「量的な異常が見られる肥満症」は、骨や関節の疾患、睡眠時無呼吸症候群、ピックウイック症候群、月経異常といった健康障害が挙げられます。肥満症の主な原因は運動不足や食べ過ぎなので、食事療法や運動療法で改善を図るのが一般的です。
症状
肥満症そのものから発する症状はありませんが、体重が増えすぎたことにより、関節や腰の痛みなどの障害が現れます。合併症により症状が出ることも多いようです。合併症でも高血圧や2型糖尿病などは症状がほとんどなく、自覚ができにくいという面があります。しかし、病気が悪化すると動脈硬化となり、これが心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などを引き起こします。また、睡眠時に10秒以上の無呼吸がある睡眠時無呼吸症候群などのように、呼吸障害が起こる場合もあります。BMIが25以上であれば、腹部のCTや血液検査を受け、治療の必要性を医師に早めに確認することが肝要です。
治療法
肥満症の治療の基本は、食事療法や運動療法による減量です。血圧や血糖値、血清脂質値を管理しながら、規則正しくバランスの良い食事を摂取して適度に運動量することによって体重を減らしていきましょう。
医療機関を受診する場合の受診先は、内科や循環器科、糖尿病・内分泌内科。高血圧などを合併している場合は合併症の治療も平行して行なっていきます。
また、高度肥満では、胃の内部を狭くするような外科療法や、食欲抑制剤などによる治療も場合により必要です。

高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)

特徴
血液中の尿酸の濃度が、正常よりも高い値になる病気です。尿酸が体内に溜まり、結晶となって痛風を引き起こします。尿酸とは、新陳代謝で古い細胞が死ぬときにプリン体から放出される老廃物で、通常は一定量を超えると体の外へ尿や便、汗に混ざって排出されます。この尿酸が多く作られ過ぎたり、排出が滞ったりすると血液中の尿酸濃度が上がります。高尿酸血症の原因ははっきりと解明されていませんが、肥満や高血圧、脂質異常症の人が発症する例が多く、何らかのかかわりがあるとみられています。また、高尿酸血症を発症するのは男性が圧倒的に多いのが特徴です。これは、女性ホルモンには尿酸の排泄を促す働きがあるためです。そのため、女性も閉経後は血液中の尿酸の濃度が上がります。
症状
痛風になる前には主だった症状はみられません。しかし、痛風になると「風が吹いても痛い」という名称が付いているほどの激痛が走ります。痛みは発作的なもので、急に始まって一定の間続きます。その間は患部が赤く腫れ、締め付けられるような痛みがあります。最初は足の親指の付け根に症状が出ることが多いようですが、手足や膝の関節、アキレス腱などにも起こります。自然には治癒せず、発作の回数が増えていくため、早めに医師の診断を受けて正しい指導のもとで投薬を行なうことが必要です。尿酸濃度を下げるには食事や運動など生活習慣の改善、ストレスの軽減などが効果的とされています。
治療法
高尿酸血症を治療していくことで、「痛風」や「腎臓病」や「尿路結石」といった合併症を予防します。尿酸値を下げる治療の基本は食事療法と運動療法です。高尿酸血症の方の多くは肥満なので、規則正しくバランスの良い食事をとり、適度な運動を継続して減量していきましょう。運動のしすぎは逆に尿酸値を上げるので注意。生活習慣の改善だけでは尿酸値を改善できない場合や痛風の発作が起こったときは、薬物療法を行ないます。使用される薬は、尿酸値を下げる薬や痛風発作に対する抗炎症薬などです。

メタボリックシンドローム(めたぼりっくしんどろーむ)

特徴
「内臓脂肪型肥満」と診断されていて、かつ、高血糖、高血圧、脂質異常のうちのどれか2つ以上の症状が見られる状態を「メタボリックシンドローム(代謝症候群)」と言います。内臓脂肪型肥満とは、肥満の中でも内蔵に脂肪が溜まっている状態のことです。血糖値だけを見ると糖尿病には満たない、脂質だけを見ると予備軍ではあるが脂質異常症とは言えない、といった人でも、内臓脂肪型肥満に他の症状がいくつも重なることで動脈硬化が起こり、これが心臓病や脳卒中など命の危険にかかわる合併症の要因になります。メタボリックシンドロームの主な原因は、食塩や脂肪過多の食生活、喫煙、過度の飲酒、ストレス、運動不足などの不適切な生活習慣であるとされています。
症状
初期にはほとんど症状はありませんが、肥満による関節障害、腰痛などの症状が現れることがあります。徐々にお腹周りの肉が増える、血圧が上がる、などの兆候が出ます。定期的に健康診断を受ける、自分で測定するなどの行為でメタボリックシンドロームを早期に発見できます。へそ周りの長さは男性が85cm以上、女性は90cm以上ならメタボリックシンドロームです。ひどくなると、肥満症、糖尿病、高血圧病、脂質異常症、さらには心筋梗塞、狭心症、脳卒中など合併症を発症します。悪化すると半身麻痺や認知症など、日常生活を送るのが困難な状態になるリスクがあります。
治療法
メタボリックシンドロームの主な原因は生活習慣にあるため、治療には運動と食生活の見直しを併せて行ない、生活習慣を改善すると効果的です。運動により内臓脂肪が減少することは広く知られています。ウォーキングなどで体を動かす習慣をつけましょう。ただし、運動することに不安のある人は医師に相談してから行なうこと。
また、禁煙も治療法として大切です。メタボリックシンドロームの人は心疾患を発症するリスクが高いため、動脈硬化の原因となる喫煙は避けた方が良いでしょう。