施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

マタニティスイミングとは

妊娠中は、何かと運動不足になりがちです。そのため、必要以上な体重の増加や、妊娠中毒症などの疾患になる場合もあります。これを防ぐために、妊婦さんも適度な運動は必要です。
ここでは、妊婦さんにお勧めの「マタニティスイミング」についてご紹介します。

マタニティスイミングとは

マタニティスイミングとは

「マタニティスイミング」は、妊娠中に水中で行なうスポーツです。もちろん泳ぐことも可能ですが、水に浮かんで「ラマーズ呼吸法」の習得や、足をついてエクササイズを行なうことなどがメインとなります。

浮力を利用することで体の重みを感じずに全身運動が可能なため、妊娠中には最適のスポーツです。

また、泳ぐことがメインではないため、泳ぎの苦手な人でも参加することができます。

なお、「マタニティスイミング」を実施しているスイミングスクールでは通常、レッスン中に助産師が常駐して体調チェックを行なっています。

そのため、妊娠中に安心してできるスポーツとして、妊婦さんの間では人気が上昇しています。

マタニティスイミングの効果

マタニティスイミングの効果

「マタニティスイミング」は、体重の増加を抑える(ダイエット)効果の他にも、血行促進やリラックス効果、体力強化など、様々な効果が期待できます。

また、妊婦さんのみを対象としているため、「お腹が大きいから恥ずかしい」という周囲の目も気になりませんし、同じ妊婦の友達ができて気分転換もできるでしょう。

マタニティスイミングのチェックポイント

マタニティスイミングのチェックポイント

「マタニティスイミング」を始める際の主なチェックポイントは、以下の通りです。

  • つわりが治まり、安定期に入っている(妊娠16週以降)
  • 担当医師の承諾を得る
  • 流産や早産の経験がない
  • 糖尿病や心疾患など、運動をしてはいけない疾患がない
関連お役立ちコンテンツ