ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科情報(夏)

夏の歯科情報



冷たい飲み物や食べ物、冷房は、夏を快適に過ごすために欠かせませんが、これらは顎関節症や知覚過敏の原因と考えられています。また、歯の健康だけでなく、歯を美しく見せる治療を行なっている歯科があります。健康で美しい歯は、素敵な笑顔にはなくてはならない物。そこで、夏の歯の健康に関する情報をご紹介します。

知覚過敏の日(7月25日)

知覚過敏の日(7月25日)

7月25日は、夏氷=かき氷=冷たい食べ物という連想から「知覚過敏の日」です。夏に氷を入れた冷たい飲み物や、アイスクリームなどの冷たい食べ物を食べたときに、歯にピリ!っとした鋭い痛みが走った場合、知覚過敏の可能性があります。

歯は、「エナメル質」と呼ばれる硬い白い歯の部分がその奥の組織を守る構造をしていますが、知覚過敏は、その「エナメル質」が剥がれて下の象牙質が露出してしまうことで発症。また、歯周病などで歯ぐきが下がると、歯ぐきで覆われていた象牙質が露出しやすくなることも原因となります。

「エナメル質」が剥がれてしまう原因には、歯磨きの時に強く磨きすぎて歯肉を傷つけた結果、象牙質が露出してしまうケースがあります。それだけではなく、ストレスを強く感じているときなどに歯ぎしりを無意識にしてしまうことや、歯を溶かしてしまう酸性の食品を食べたあとに歯磨きをしないことも原因のひとつ。

知覚過敏は、重症ではない場合に痛み止めを利用して自然治癒を待ちますが、症状が進んでいる場合は、歯科でエナメル質のコーティングや歯周病・虫歯の治療を行ないます。

知覚過敏の予防や治療には、歯磨きが重要。研磨剤の入っていない専用の歯磨き剤の利用や、早めに歯科へ行き、オーラルケアの指導を受けることも対策のひとつです。

顎関節症

夏に欠かせない冷房は、温度を必要以上に下げて体を冷やしすぎてしまうと、体に様々な不調が出てしまうことがあります。肩こりや首のこりといった代表的な症状だけではなく、顎の病気である「顎関節症」の原因となることがあるのです。

「顎関節症」は、口を開け閉めすると顎が痛い、口が大きく開かない、顎がカクカクと音がして痛い、口を開いたときにまっすぐに開かない、などの自覚症状があります。「顎関節症は」、あごの関節の代表とも言える病気ですが、他の病気と同じような症状を示す場合もあるため、自己診断をせずに症状を感じたら早めに歯科を受診することが大切。

「顎関節症」になった人は、あごの関節のクッションである「関節円板」という組織にズレが生じてしまい、顎の痛みや、カクカクとした音の原因となりますが、関節円板のズレが戻らない場合には、口が開けられないといった症状を起こします。

歯科での治療は、鎮痛薬で関節の炎症を抑えること、「スプリント」と呼ばれるマウスピースを用いて噛み締めや食いしばり、歯ぎしりでの顎関節の負担を軽減することです。「顎関節症」は、あごの関節に負担をかけないことが何よりも重要。ほおづえや、うつ伏せ寝、するめなどの硬い食べ物を食べること、ストレスが多いときなどに無意識に歯を食いしばる癖といった、日常生活でのあごに負担がかかる行動を避けることも歯科での治療と同時に行ないましょう。

ホワイトティースデー(8月21日)

8月21日は「8(歯)21(に一番)」という語呂合わせで、「ホワイトティースデー」です。第一印象で重要とよく言われる笑顔に、美しい歯が見えるともっと良い笑顔になります。

審美歯科では、笑顔と歯のバランスの基準が定義されており、笑顔を作った時の上あごの歯の先端を結んだラインと、下唇の上側の曲線が同じになると、美しいと言われています。美しい笑顔の基準の中では、歯ぐきがどれくらい見えるかということも基準となり、「感じの良いスマイル」は、「上あごの歯が完全に露出し、1mm程度歯ぐきが見えるもの」と定義。この感じの良いスマイルを作ると、上の前歯が見えます。そのため、審美歯科の治療では前歯のみの治療を行なっているところもあるのです。

美しい笑顔のために、前歯だけのホワイトニングや、ラミネートベニアと言う歯を薄く削って付け爪のような薄い歯を付ける治療、歯並びを整えるための歯列矯正を行なうことがあります。また、日本ではチャームポイントと呼ばれる八重歯ですが、欧米諸国ではドラキュラを連想させるため抜歯などの処置をするケースがほとんど。また、前歯付近の犬歯の尖り方が鋭い場合にも、同様の理由で、先を丸める処置をすることもあります。歯科に相談して健康で美しい歯と素敵な笑顔を手に入れましょう。

医療機関に関する投稿について
投稿ユーザー様より投稿された「お気に入り投稿(口コミ・写真・動画)」は、あくまで投稿ユーザー様の主観的なものであり、医学的根拠に基づくものではありません。医療に関する投稿内容へのご質問は、直接医療機関へお尋ね下さい。
なお、医療とかかわらない投稿内容は「ホームメイト・リサーチ」の利用規約に基づいて精査し、掲載可否の判断を行なっております。
ロード中
ロード中
ロード中

暑い夏にはアイスクリームや冷たい清涼飲料水を口にする機会が多くなります。でも、甘くておいしい食べ物や飲み物には、虫歯の原因になりやすい糖分が含まれています。口の中や歯のケアをしっかり行なって健康を保つようにしましょう。

歯科と口腔外科

歯科と口腔外科

歯が痛むときや、口の中に傷などができたときに通う歯医者さん。一般に歯医者さんと呼ばれていますが、厳密には「歯科」と「口腔外科」に分類され、治療内容にも違いがあります。

「歯科」では、虫歯や歯周病の治療・予防など、主に歯に関する疾患に対する治療を行ないます。

「口腔外科」は歯科よりも扱う対象が広く、歯の治療だけでなくあごや舌、鼻やのどにつながる部分、顔面に隣接する部分まで治療を行ないます。例えば、あごの痛みや口が大きく開かないなどの症状がある顎関節症の治療や、口の中のがんの治療、口の中に負ったケガや傷の手術などは口腔外科で行なわれます。また、普段は歯科医院に通院している方が、親知らずを抜くときにだけ口腔外科を紹介されることもあります。

口腔外科には個人が開設している病院の他に、規模の大きい大学病院や歯科総合病院があり、これらの施設は最新の治療器具や充実した入院設備などが整っています。大学病院や歯科総合病院にかかっときには紹介状が必要なこともあるので、受診を希望する場合は事前に確認しておくことをおすすめします。

夏は特に口臭や歯周病が気になる季節。症状に合った歯医者さんを受診して予防しましょう。

いまどきの歯科治療

夏の太陽の下、真っ白い歯の見える笑顔は爽やかな印象を感じます。最近では年齢性別を問わず、単に治療するというだけでなく、治療の早さや仕上がりの美しさにこだわる人が増えています。先端技術を活用した歯科治療や、耐久性があって身体にも優しい人工歯根など、いまどきの歯科治療に注目してみましょう。

セレック

金属の替わりにセラミックを使って歯のかぶせ物を作ることを「セレック」または「セレックシステム」と言います。3D光学カメラで口の中を撮影し、コンピューター上でかぶせ物を設計するという最先端の治療。治療回数は1回、所要時間は1時間程度とあって、忙しくて通院に時間を取れない人などによく利用されています。金属を使わないため夏でもアレルギーの心配がなく、摩耗や変色などが少なく目立たないことも特徴です。なお、健康保険は適用されません。

インプラント

「インプラント」は、虫歯や歯周病、事故などで歯を失ったときの治療のひとつで“第3の歯”とも言われます。あごの骨にインプラントという人工歯根を埋め込み、人工の歯を装着させる治療法で、入れ歯やさし歯に替わって利用する人が増えています。噛むときの違和感がなく見た目にも自然なことが利点ですが、人工歯根を埋め込む手術を行なうため、特に体力が落ちる夏場は身体への影響を心配する人も少なくありません。また、保険適用外治療なため、費用の負担も気になるところ。治療を行なう前に必ず専門の歯科医に相談し、しっかりと説明を聞くことが必要です。

夏に気を付けたい歯の病気

暑さで体力を消耗すると歯の健康にも影響を及ぼします。また、夏に口にする機会が増える、酸っぱい食べ物や飲み物が歯の病気の原因につながることも。適切な予防やお口のケアを心がければ、歯の病気になる心配はありません。

歯周病

「歯周病」とは、歯肉炎や歯周炎など歯の周りで起きる病気の総称を言い、以前は「歯槽膿漏」と言われていました。歯周病を引き起こす原因は、歯の周りにこびり付いた歯垢の細菌。細菌によって歯茎に炎症が起き、腫れたり出血したり、ひどい場合は歯を支える骨が溶けて歯が抜けてしまうこともあります。

体調不良になりがちな夏は口の中も夏バテした状態になり、細菌が活性化して歯周病を引き起こす可能性が高くなります。歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ったケアを追加して、歯周病を予防しましょう。また、歯周病は自然に治ることはありません。歯茎の腫れや出血がある場合は必ず治療を受けましょう。

酸蝕症(さんしょくしょう)

「酸蝕症」は、口の中の酸によって歯の表面が欠けたり溶けたりする病気です。症状が進むと知覚過敏を引き起こすので要注意。そんな酸蝕症の原因と言われているのが炭酸飲料やスポーツドリンク、ワイン、柑橘系のフルーツなどです。暑いときはよく口にしますが摂り過ぎには十分注意し、食べたり飲んだりしたあとは、お茶や水で口をすすぐことをおすすめします。また、デンタルガムを噛んで唾液の分泌を促すことも予防に有効です。


夏は「口と歯の健康週間」という全国的な取り組みがあり、歯の健康を考える季節です。笑顔の象徴ともなる白い歯と口臭防止で、爽やかな印象を与えるようにしましょう。

口と歯の健康週間(6月4日~10日)

口と歯の健康週間(6月4日~10日)

6月4日から10日までは「口と歯の健康週間」で、口と歯を清潔にし、口内の健康を維持・増進しようとする1週間です。これは厚生労働省文部科学省、日本歯科医師会が1958年から実施している週間で、歯の衛生に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防処置の徹底を図り、併せてその早期発見、早期治療を励行することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。毎年期間中は、標語を用いて全国各地で住民参加型のイベントや啓発活動を実施しています。併せて、日本歯磨工業会と共同でポスターを制作し、歯科医院など関係業界に配布したり、新聞に啓発広告を掲載したり、テレビCMを放映したりする他、歯科診療所掲示用に啓発ポスターを作成したり、シンポジウムを開催したりして、積極的に活動しています。

最初は、日本歯科医師会が「6(む)・4(し)」にちなんで1928年から1938年まで「虫歯予防デー」を実施していましたが、1939年から1941年までは、「護歯日」として実施。1942年(昭和17年)からは「健民ムシ歯予防運動」としましたが、一度中断したあとの1949年には「口腔衛生週間」に名称変更を行ない、1958年からは「歯の衛生週間」となりました。そして2013年からは、歯のみでなく口腔、及びその周囲の健康を増進していくことを目的に、約50年ぶりに「口と歯の健康週間」に改称しました。

ホワイトニングでイメージアップ

ホワイトニングでイメージアップ

小麦色に焼けた肌に、にっこり笑った笑顔からこぼれる白い歯。男性も女性も、白い歯を見せるだけでイメージアップ間違いなしです。歯のホワイトニングは、歯を削ることなく歯の表面を漂白したように白く見せる技術です。また、歯を白くするだけでなく、明るく見せたりする効果もあるので、好感度もアップできます。一度ホワイトニングをした歯は、数ヵ月~数年程度効果が持続するので、定期的に行なうことで白い歯を維持できます。

なお、ホワイトニングをする際には、虫歯の治療や歯石の除去を先に済ませておく必要があります。これは、ホワイトニングの薬剤が虫歯に染みこんで痛みを覚えたり、歯茎にしみたりすることを防ぐためです。また、歯磨きで歯の表面の汚れもある程度落としておくとホワイトニング作用が効果的に働きます。

ホワイトニングには、患者さんが自身で行なうホームホワイトニング、歯科病院で行なうオフィスホワイトニング、ホームとオフィスの両方を行なうデュアルホワイトニングの3種類の方法があります。歯科病院でのオフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を使用し、レーザーを照射して薬剤効果を高めます。比較的短期間で歯を白くすることできますが、人によっては希望の白さになるまで通院する必要があります。

また、花嫁向けに短期間で歯を白くする「ブライダルホワイトニング」を実施している歯科病院もあります。

口臭予防

口臭予防

夏はスタミナをつけようと、肉類を食べることも多くなります。そこで気になるのがニンニクなどによる口臭ですが、エチケットとして少しでも抑えておきたいものです。ニンニクやニラなどによる口臭は一時的なものですが、慢性的に口臭がある人は、口の中に問題がありそうです。

口臭は「真性口臭症」「仮性口臭症」「口臭恐怖症」に分類されます。この中で、仮性口臭症と口臭恐怖症は、自身の精神的なものなので、他人に対して嫌悪感を与えることはありません。真性口臭症は、舌苔など病的な原因がない生理的口臭症と、病的由来の口臭症に細かく分類され、さらに口腔由来の病的口臭と全身由来の病的口臭に細分化されます。口腔由来の病的口臭で最も多いのが、歯周病からくるもので、歯周病の治療を受けることで口臭を無くすことができます。他にも食べかすが歯の隙間に詰まって、口内の細菌によって発酵し、口臭が発生する場合もあります。また、口内に炎症があったり、粘膜に潰瘍が発生したりすると口臭が発生します。

口臭を自己診断する簡単な方法としては、コップやビニール袋に自分の吐息を入れ、その臭いを嗅いでみることです。この診断は朝の起床時が一番分かりやすいとされています。自己診断で口臭が気になる人は、一度歯科病院で検査を受けてみましょう。