ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報(夏)

夏の病院・医院情報



夏はプールに花火、野外フェスなど楽しいイベントが盛りだくさんの季節。一方、高温多湿の夏は、夏バテや夏風邪などの体調不良を起こしやすく、日々の健康管理が大切です。また、食品が傷みやすい時期のため、食中毒を防ぐために食べ物の管理に注意が必要な時期でもあります。体調を崩したら早めに近くの医療機関を受診して、健康に夏を過ごしましょう。

夏バテ防止

夏バテ防止

日本の夏は暑く湿度の高い気候で、なんとなく体が重くだるかったり、食欲が落ちてしまったりする方も多くいらっしゃいます。このような夏の体調不良が夏バテ。

夏バテの原因のひとつには、暑い室外からエアコンの効いた室内に入ったときの急激な温度差が挙げられます。人間の体には、「生体恒常性機能」と呼ばれる温度調節機能が備わっており、自律神経によって調整されています。

しかし、屋外と屋内の急激な温度差によって「生体恒常性機能」がうまく働かなくなってしまい、夏バテを起こしてしまうのです。また、長時間暑いなか室外にいることで体の水分調整がうまくいかなくなることも夏バテの原因。

夏バテになってしまうと、自律神経の乱れによって食欲が落ちるだけでなく、食べ物の消化吸収がうまくいかなくなってしまい、それによってだるさや疲労感、さらには無気力感が増してしまうこともあります。また、体の免疫力や体力が落ちて持病の悪化などの症状が出ることもあるのです。

夏バテに気づいたら早めに近くのかかりつけの病院・医院で診察を受け、健康に夏を乗り切りましょう。

夏の食品の管理

夏の暑さは夏バテなどの体のダメージだけでなく、食品へのダメージにも注意することが夏の健康には重要です。

日本の夏では気温が30℃を超える地域も多く、気温が高くなることで活発に増殖する食中毒の菌が多くあるため、食品の管理に注意が必要。

買い物をするときには、消費期限や賞味期限を確認し、期限内に食べきれる量を買うようにしましょう。肉や魚は汁が他の食品に付かないようにビニール袋に分けることが大切。買い物が済んだらすぐに帰宅し、食品を必要があれば冷蔵庫や冷凍庫に保存するようにします。また、夏は冷たい飲み物を飲むために冷蔵庫の開け閉めが多くなるため、冷蔵庫内の温度が10℃以下に保たれていることも確認しましょう。

必要な分だけを買い、必要な分だけを作るようにしても、ときには残り物が出ることもあります。その際には、清潔な容器に保存し、食べるときはしっかり加熱をして、もしも時間が経ち過ぎた物や、臭い等が少しでもあやしい物は思い切って捨てましょう。

食後の腹痛や下痢などの症状が出てしまった場合には、食品中の雑菌による食中毒が考えられるので、すぐに病院・医院で診察を受けることをおすすめします。

夏風邪

「風邪」というと冬に多い病気ですが、夏にも鼻水やのどの痛み、発熱や頭痛などの風邪の症状が出る「夏風邪」があります。

寒く乾燥した環境を好むウィルスや雑菌が原因となる冬の風邪に対して、「夏風邪」は高温多湿の環境を好むウィルスや雑菌が原因。また、夏の暑さと湿気によるだるさがあるのも特徴です。

「夏風邪」の対策には温度、栄養、睡眠の管理が重要。エアコンの効いた室内と暑い室外との気温と湿度の差が大きいと自律神経の乱れの原因となり、免疫力の低下を起こしてしまうため、エアコンの温度を28℃程度の冷え過ぎない温度に保つことが大切。このような自律神経の不調は、冷房病の原因にもなります。

冷房病はだるさ、めまい、頭痛などが主な症状です。職場の環境などでどうしても寒い場合は、ひざかけやレッグウォーマー、カーディガンを活用して、室外との温度差を大きくしすぎないようにしましょう。

また、免疫力の低下を防ぐためには、暑さで奪われてしまった体力を回復するために、栄養バランスの取れた食事を心がけて、睡眠をしっかり取り体を休めることも重要です。

「夏風邪」をひいてしまった際には、その原因菌やウィルスに対する薬がないため、体を休めて回復を待つしかありません。ただし、食べることができない場合や脱水症状がある場合は、悪化する恐れがあるため、病院・医院での診察を受けましょう。点滴などの対処を受けたり、食事の指導、症状を緩和する薬の処方を症状によって適切に受けたりすることが、早期の回復につながります。

医療機関に関する投稿について
投稿ユーザー様より投稿された「お気に入り投稿(口コミ・写真・動画)」は、あくまで投稿ユーザー様の主観的なものであり、医学的根拠に基づくものではありません。医療に関する投稿内容へのご質問は、直接医療機関へお尋ね下さい。
なお、医療とかかわらない投稿内容は「ホームメイト・リサーチ」の利用規約に基づいて精査し、掲載可否の判断を行なっております。
ロード中
ロード中
ロード中

高温多湿になる夏は食欲不振や倦怠感、胃腸のトラブル、睡眠不足、イライラなど体調を崩しやすくなる時期です。季節柄、多少の体調不良は仕方がないと自己判断せず、体調に異変を感じたら早めに病院やクリニックを受診しましょう。

病院とクリニックの違い

病院とクリニックの違い

「体調が悪いから病院に行く」など、日頃「病院」という言葉を何気なく使っていますが、実は「病院」「クリニック」「診療所」は、医療法によってその違いがはっきり定義づけられています。それぞれの特徴を知れば、夏の体調不良の症状に応じて、どの医療機関にかかればいいかを適切に判断できます。

ベッド数20床以上が病院、19床以下がクリニック

「病院」は、患者を収容して診察や治療をする医療機関のうち、20床以上の入院設備(ベッド数)がある施設を言います。病院のなかでも「総合病院」は100床以上のベッド数があり、診療科に内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科を含み、集中治療室や病理解剖室、研究室、細菌・病理検査施設などがある施設として定義されています。

一方、ベッド数が19床以下の施設を「クリニック」と定義されており、医師や歯科医師が診察や治療を行なう医療機関です。名称は違いますが「診療所」や「医院」も定義上はクリニックと同じ施設に分類されます。

ちなみに、クリニックや診療所は医師でなくても開設することができます。例えば、自治体が開設し、指定管理者である医療法人などが運営を行なう「休日救急診療所」などです。

かかりつけ医はクリニック、精密検査などは病院へ

夏バテなどの症状で初めて受診するときや、かかりつけ医として診てもらうならクリニックや診療所へ、精密検査や専門の診察を受けるときは病院や総合病院へ、というように状況に応じて受診すると良いでしょう。病院や総合病院にかかる場合、まずはクリニックなどを受診して紹介状を書いてもらえば検査などがスムーズに受けられます。

夏の体調管理をしっかりと

食欲がなく冷たいものを食べすぎてしまったり、外で汗をかいたあと、きちんと拭かずに冷房の効いた部屋で涼んだり、炎天下でも日よけ対策や水分補給を怠ったりと、何をするにもおっくうな夏は体調管理もおろそかになりがちです。特に子どもや高齢者は夏の病気に対する注意が必要ですが、体力に自信のある若い世代も油断は禁物。バランスの良い食生活や体調管理をしっかり行なって夏を健康に乗り切りましょう。

子どもが気を付けたい夏の病気

暑い夏でも子どもたちは元気いっぱい。だからこそ、ちょっとした体調の異変を見逃さないよう気を付けたいものです。

手足口病
ウイルス感染による夏かぜの一種で、発熱や手・足・口などに水泡ができるのが特徴。経口感染や接触感染などでうつるため、予防には手洗いやうがいが有効です。この他、ヘルパンギーナやプール熱といった夏かぜにも注意しましょう。
皮膚病(とびひ・あせもなど)
とびひは、黄色ブドウ球菌という細菌が原因となって起こる皮膚の感染症で、皮膚が赤くなったりただれたりします。あせもは汗による接触性の皮膚炎で、とびひや他の皮膚炎の原因になる場合もあるため、こまめに汗を拭くなど皮膚を清潔に保ちましょう。

大人が気を付けたい夏の病気

職場や施設、乗り物など、環境によって影響を受けることの多い大人の体調管理も容易ではありません。水分補給や日よけ対策、冷房対策など状況に応じた対応を心がけ、夏の病気を予防しましょう。

胃腸かぜ
感染性胃腸炎のことで、胃にノロやロタなどのウイルスが入って起こる「ウイルス性胃腸炎」と、サルモネラ菌などの細菌が入って起こる「細菌性胃腸炎」があります。主な症状は、おう吐や下痢、胃の痛みや腹痛などで、発熱することも。下痢止めや吐き気止めなどは飲まず、早めに医療機関を受診することが肝心です。また、予防のためには、普段から手洗いやうがいを念入りに行なうことが大切です。
冷え性・冷房病
正式な病名ではありませんが、冷房によって起こる手足の冷え、倦怠感、頭痛、肩こり・腰痛といった夏特有の体調不良です。室内と屋外の気温差で自律神経がバランスを乱すことが原因とされ、女性に限らず男性にも症状がみられます。寒いと感じたときのために上着やひざかけを用意したり、温かい飲み物を飲んだり、軽く身体を動かしたりして冷え対策をしましょう。

緊急のときの対応

病院やクリニックが受診できない時間帯に体調の異変を感じたときは、救急車を呼ぶことも必要です。でも、救急車を呼ぶ必要があるのか、しばらく様子をみて病院などを受診したほうがいいのか迷うこともあります。頭痛やおう吐、虚脱感などの症状がみられる熱中症の他、次のような症状がある場合は迷わず「119」番に電話をして救急車を呼びましょう。

  • 激しい頭痛やけいれんを伴う頭痛
  • 意識がない
  • 頭を強打し出血が止まらない
  • 胸の痛みがあり呼吸が苦しい
  • 激しい腹痛、おう吐が止まらない
  • 手足の硬直、けいれん
  • 虫に刺されるなどして全身にしっしんが出ている
  • 冷や汗を伴う吐き気やおう吐
  • 大量に出血するようなケガや事故
  • 広い範囲にわたるやけど

など


夏になると気を付けたいのが熱中症です。屋外はもちろん、室内でも発生する危険性がありますので、十分に予防するようにしましょう。また、熱中症にかかってしまったときのために、その症状や対応方法も覚えておくようにしましょう。

熱中症の症状と応急処置

熱中症の症状と応急処置

夏にかかる病気は多くありますが、中でもここ数年の間に急激に増えているのが熱中症です。熱中症は、強い日差しの下で運動や作業をしたときや、高温多湿の室内で起こることが多いようです。症状が深刻なときは命にもかかわってきますので、熱中症の正しい知識を理解して、予防に努めるようにしましょう。

熱中症は、「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の4種類に分類されます。熱失神は、暑さによって皮膚の血管が拡張し、脳への血流が減少してめまいがしたり、顔面が蒼白になり一時的に気を失ったりする場合があります。熱けいれんは、大量の発汗があって水分を補給した際に、血液中の塩分濃度が低下することが原因で、手足がつったり筋肉がけいれんしたりする状態です。熱疲労は、大量に汗をかいて水分補給が追いつかない場合に、脱水症状となり全身にだるさを感じたり、頭痛や嘔吐などが起こったりする状態です。熱射病は、異常に体温が上昇し、体内の中枢機能に障害が見られる状態で、意識をなくしたり、ショック状態になったりすることもあります。

このように4種類とも熱中症になる原因が異なるので、応急処置も症状に合わせて適切に行なわなければなりません。熱失神と熱疲労は、涼しい場所に運び、衣類を緩めて体を楽にさせ、水分補給をすれば回復に向かいます。熱けいれんの場合は、食塩を含んだ水(生理食塩水)を飲ませて、体内の塩分を補うようにします。熱射病については、緊急を要する状態ですので、まず救急車を呼びます。救急車が来るまでに、全身に水をかけたり、濡れたタオルをあてて体を冷やすようにします。特に首筋や脇の下、大腿部の付け根など太い血管(大動脈)が流れている部分を入念に冷やします。

熱射病では、瞬時の判断が求められ、応急処置が遅れると死の危険性がありますので、高温で意識のない場合は、すみやかに処置するようにしましょう。病院が近くにあれば、すぐに運び込むようにしましょう。

熱中症の予防

熱中症の予防

熱中症は、6月中旬から7月中旬の梅雨時と、8月の日中の気温がピークを迎える時に起こりやすくなっています。梅雨時は、体が暑さに対応できず、汗をかくなど体温調節が不十分なことから起こるとされています。また、8月の日中は日差しや照り返しが強く、一気に気温が上昇するため、体温が上がることによって脱水症状になるケースが多く見られます。特に乳幼児や高齢者は熱中症を起こしやすい傾向にあり、注意をしておく必要があります。

熱中症の対策としては、まず水分を補給することにありますが、大量に汗をかいた場合は、塩分の補給も忘れないようにしましょう。塩分濃度が低い時に水分だけを補給すると、塩分濃度がさらに下がってしまい、かえって体調不良を引き起こします。日本体育協会では、熱中症予防のための水分補給として、0.1~0.2%の食塩と糖質を含んだ飲料を推奨しています。糖質が含まれることで腸管での水分吸収が促進され、回復も早くなります。スポーツ飲料などが熱中症予防には最適とされています。

熱中症で特に注意したいのは、乳幼児と高齢者です。乳幼児は、新陳代謝が活発ですが汗腺が未発達のため、体温調節が上手くできません。炎天下の車内など体温より高温になる場所はできるだけ避けるようにします。30℃を超えると炎天下では体から水分が蒸発するので、水分をこまめに取るようにしましょう。また、高齢者は体内の水分の割合が少ないため、同じ環境でも熱中症にかかりやすくなります。また、身体機能の低下により暑さやのどの渇きを感じにくくなっており、熱中症にかかった場合も症状が重くなりがちです。そのため、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給することが大切です。また、家の中でも熱中症にかかりやすいので、普段から室温をチェックし、風通しを良くしたり、冷房を利用して涼しく湿度を抑えた環境となるように心がけましょう。