ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

【救急病院】
私たちの生活を陰で支える「救急病院」

誰しもが生きているうちに一度は経験する、急な怪我や体調不良。自身で処置できる程度や様子が見られる程度であればそれほど不安はないのかもしれませんが、場合によってはその余裕が持てないこともあります。そのときには、ほとんどの人がかかりつけの病院や診療所を受診するでしょう。しかし頼みの綱の病院や診療所も、いつでも診察が受けられるわけではありません。

夜間や休日であれば、ほとんどの病院が閉まっているのではないかと思います。そんなとき知っていると安心なのが「救急病院」の存在です。

「救急病院」とは?

「救急病院」とは「救急指定病院」の略で、一般の医療機関が閉まっている時間にも私たちが診察を受けられるよう準備された医療機関です。 救急病院は都道府県知事により指定されることが「救急病院等を定める省令」に明記されており、次の4つの基準が設けられています。

  1. 1,救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。
  2. 2,エツクス線装置、心電計、輸血及び輸液のための設備・その他救急医療を行うために必要な施設及び設備を有すること。
  3. 3,救急隊による傷病者の搬送に容易な場所に所在し、かつ、傷病者の搬入に適した構造設備を有すること。
  4. 4,救急医療を要する傷病者のための専用病床又は当該傷病者のために、優先的に使用される病床を有すること。

(引用:救急病院等を定める省令

この4つの基準を満たして初めて、「救急病院」(救急指定病院)と呼ばれるのです。

「救急病院」と救急医療

「自身で解決できず、どうしても診察が必要な場合」という前提があるとは言え、私たちが「救急病院」を訪れる理由は様々です。風邪など比較的軽度で、自力で「救急病院」にたどり着ける場合もあれば、脳卒中や心筋梗塞などと言った極めて重篤な症状で、救急車によって「救急病院」に運ばれる場合もあるでしょう。

もしも自身が重篤な症状で「救急病院」を訪れようとしたとき、その症状に見合う設備が整った「救急病院」に、軽度な症状の患者が殺到していたらどうなるでしょうか?日本では、それぞれの患者が適切な処置を受けられるよう重症度に応じて患者を3段階に分け、「救急病院」自体にも対応する範囲を設定することで、救急医療を充実させてきました。そのおかげで今日の私たちは、自力で対応できない急な健康トラブルに見舞われても、すぐに「救急病院」を利用でき、適切な処置を受けることができるのです。

「救急病院」の現状とこれから

「救急病院」はどうしても必要な場合に、応急的に受診する医療機関です。その病院で働いている医師が持ち回りで救急の担当になるため、必ずしも専門医に診てもらえるわけではありません。重篤な場合には手術を受けるなどということもあるかもしれませんが、基本的にはそのとき感じている苦痛を緩和することが、救急病院での治療の目的になります。「受診したのに完治しなかった」と不満を感じることがないように、その点を十分理解しておくことが大切です。

また昨今では、救急医療における患者のモラルも問題となっています。上に挙げた、応急診療への理解不足から来る「完璧な治療の要求」はもちろん、「昼間の混雑を避けるために夜間の救急病院を受診する」、「救急車をタクシー代わりに利用する」など、様々な問題を耳にするようになりました。労働条件の厳しい救急医の数は、年々減っているとも言われています。

救急車の利用に関する総務省の発表によると、「救急車を利用した患者の約半数が軽症だった」とのこと。結果的に軽症だったケースだけではなく、明らかに軽症と分かっていながら救急車を利用したケースもきっと少なくないでしょう。これから先、私たちが急な健康トラブルに見舞われたとき、これまでと同じように「救急病院」や救急医療を利用するためには、私たちひとり一人のモラルが重要です。いざというときにないと困ってしまう「救急病院」は、私たちの生活の安心を支えています。