ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

【ペインクリニック】
ぎっくり腰など ペインクリニックで受けられる診療

ペインクリニック
診療科目
ペインクリニック

「ペインクリニック」は、疼痛専門の外来診療を行なう診療科です。医療機関によっては、麻酔科や疼痛治療科の一部として存在している例もみられます。

ペインクリニックでは、炎症によるもの、神経性のもの、心因的なもののいずれも扱います。1~3ヵ月以上続く慢性的な痛みを扱うことが多いようです。

具体的な対象疾患はがんに伴う疼痛の他、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの頚椎や腰の疾患、肩や肘、膝、股関節などの関節変性疾患、脊髄障害性疼痛症候群などです。原因不明の痛みについては、血液検査やレントゲン検査、サーモグラフィー、CT診断など様々な方法で痛みがなぜ起こっているのかを調べます。

治療は、外科的な手術を除き、神経ブロック療法や鍼灸治療、薬物療法、精神療法、リハビリなどで行ないます。

代表的な病気(病名)

ぎっくり腰(ぎっくりごし)

特徴
「ぎっくり腰」は正式な病名ではなく、何らかの負荷を受けて急に発生した腰痛について表す名称です。慢性化しやすい腰痛のひとつです。ぎっくり腰で痛む部位は人によって様々で、背骨の腰のあたりにある腰椎や背筋、尻より少し上のくぼんだあたりにある仙腸関節などによく起こります。
原因は骨や靭帯、筋肉、椎間板などに損傷や異常が起こったことが考えられます。重い物を持ち上げようとしたときや腰を急にひねったとき、不安定な姿勢を長く続けたとき、無理な姿勢で体重をかけたとき、筋肉に疲労が溜まっているときなどに発生します。慢性化するとくしゃみや咳をしたときにも起こります。治療は安静が第一とされていますが、医師による神経ブロック療法により早く治すことも可能です。
症状
急に腰のあたりに激痛が走ります。痛みは立っていられないほどの強さで、うずくまってしまう人も多くいます。腰を曲げることができず、力を入れるとさらに痛みが増します。また、腰の力が抜けたり、腰や脚がしびれたりする症状が現れるときもあります。 慢性化すると、寝返りをしたとき、立ったとき、腰を曲げたときなどに痛みを感じます。 ぎっくり腰は初期のうちの処置を正しく行なうことが大切と言われ、処置を間違うとヘルニアや脊柱管狭窄症などへと進行する危険があります。冷やすことが有効とされ、温めると炎症がひどくなり、痛みが増すことがあります。
治療法
ぎっくり腰の治療法はまず激痛を抑えることです。激痛で体勢を変えることもできないようなときは可能な限りその体勢で休みます。無理の無いようにクッションを抱えるなど、あて物をするのが有効。ぎっくり腰の治療は安静にすることも重要ですが、激痛が引いたらできる範囲で動く方が良いです。そのためにコルセットで背骨の動きを固定し腰に負荷がかからないようにすること、繰り返すぎっくり腰に対してはリハビリで腰回りの筋肉を鍛えることが治療となります。また、引かない痛みに対して内服での鎮痛剤が処方されたり、慢性化して日常生活に影響しているときは神経根ブロックも有効です。

肩関節周囲炎(けんかんせつしゅういえん)

特徴
「肩関節周囲炎」とはいわゆる五十肩のことです。肩の関節に痛みがあり、肩を動かしにくくなる病気を総称するもので、50代以降に多く発症します。原因は、肩の関節を作っている骨や靭帯、軟骨、腱などが加齢によって変形し、関節やその周囲組織に炎症を起こしてしまうこととされています。炎症の起きた部位によって症状が異なります。肩関節周囲炎の治療は、初期には炎症を悪化させないように肩周辺の部位を固定する、炎症を抑える鎮痛薬を使うなどの療法が取られます。炎症の症状が落ち着くと、運動によって筋肉を強化するなどの理学療法を行ないます。
症状
肩や上腕あたりに痛みがあり、動かすことに困難を感じるようになります。痛みは発生したときが最も強く、炎症の起きている部位によって肩や腕まで広く感じることもあります。肩を動かさなくても痛みはあり、冷えたり就寝体勢を続けたりするとさらにひどくなります。この痛みは炎症が和らぐにつれて弱くなっていきます。しかし、服を着替えるなど腕を挙げる動作をすると痛みが走ることがあります。炎症が治まって痛みが消えても肩の動かしにくさはやや長引きます。特に肩を回すことは困難になります。自然治癒も見込めますが悪化する場合があり、関節で癒着が起こると動かすことができなくなります。
治療法
痛みが強い急性期には安静を保ち、消炎鎮痛剤の服用やステロイド薬の注射、冷湿布などで炎症を抑えて痛みの軽減を図ります。痛みが落ち着けば積極的に手を動かしていくことが必要になるため、ホットパックや入浴などで肩を温めて血流を良くし、動かしていきましょう。重りとなるアイロンを持って肩の力を抜き、上体を倒して身体を動かすことで腕を前後、左右、円を描く方向に振り子のように動かすアイロン体操が肩関節周囲炎の運動として有効。運動療法でも改善がみられない場合には手術も選択肢のひとつです。

帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)

特徴
「帯状疱疹後神経痛」とは、帯状疱疹が治ったあとに痛みだけが残る病気です。高齢者や免疫が下がっている人、帯状疱疹の症状が重かった人などが発症しやすいとされています。帯状疱疹後神経痛の原因は帯状疱疹発症時にウイルスが侵入したことによる神経線維の組織異変と言われています。ウイルスが神経を損傷することで痛みを過剰に発したり、痛みの感覚をコントロールする経路に障害が起こったりすることで痛覚過敏となると考えられています。帯状疱疹後神経痛の治療は主に薬物療法や理学療法、神経ブロック療法などです。数ヵ月以上かけてじっくり治療を行ないます。
症状
帯状疱疹後神経痛では帯状疱疹を発症してから3ヵ月以上痛みが続きます。痛みは治まるときもあり、発生するとしばらく続きます。痛みは針で刺すような鋭いものであり、人によってヒリヒリ、ズキズキ、ピリピリと感じ方が異なり、灼熱感があることもあります。服が擦れるなどちょっとした刺激で鋭い痛みが走る「アロディニア」という症状を起こすこともあります。ストレスや疲れ、冷えによっても痛みは増します。冬には厚着をするなどの方法で痛みが軽くなります。入浴によって血流を良くしたり、リラックスしたりすることも痛みを抑えるのに有効です。
治療法
帯状疱疹後神経痛の治療は抗うつ薬、抗けいれん薬、漢方薬などの飲み薬やカプサイシン軟膏などの塗り薬の処方、神経ブロック注射、イオントフォレーシス、レーザー治療などが行なわれます。イオントフォレーシスとは薬剤を浸透させたパッドを皮膚にはって弱い電流を流し、皮膚の深部まで薬を浸透させる治療法です。帯状疱疹後神経痛の治療は長期戦。帯状疱疹神経痛が残らないために、帯状疱疹の早期発見・治療を心がけましょう。

バージャー病(ばーじゃーびょう)

特徴
「バージャー病」とは手や足の先端を流れる末梢血管が閉塞してしまう病気です。指などの組織に必要な分量の血液が供給できず、酸素が足りなくなることによって虚血症状など様々な症状が起こります。「ビュルガー病」や「閉塞性血栓血管炎」とも呼ばれます。
バージャー病の原因ははっきりと解明されていませんが、末梢血管で炎症が起きたことにかかわりがあるとされています。末梢血管の炎症は喫煙が大きく影響していて遺伝はしません。バージャー病の治療を行なうためにはまず禁煙することが求められます。さらに血流を良くして血栓が増えるのを防ぐために薬物療法を行ないます。悪化すると指や脚を切断する手術が必要になることもあります。
症状
細胞の酸素不足による「虚血症状」が起こります。これにより指が冷たくなり、血の気が失せてしびれや痛みが生じます。皮膚が破れて潰瘍ができ、組織の一部が死ぬ「壊死」という状態に至ることもあります。足に虚血症状があればある程度の距離を歩くと痛みが湧き、歩行続行が困難となります。この痛みはしばらく休むとなくなります(間欠跛行)。患部に近いところの静脈では炎症が起こり、赤みを帯びたり痛みを感じたりすることもあります。症状を悪化させないためには手足に細菌が付着しないよう清潔に保つことや、冷えないように保温すること、靴擦れなど摩擦を避けることなどが大切です。
治療法
バージャー病の治療で最も大切なのは禁煙となり、禁煙を行なった上で薬物療法や手術を行なわなければなりません。薬物療法では血液が固まりにくくなる薬や血流を良くする薬などを使うことが多いです。症状が進行している場合には血流の悪くなっている部分に酸素を供給する高圧酸素療法や、交感神経の働きを抑えて血管を開いた状態に保つ交感神経切除術や交感神経ブロック術という手術、詰まっている血管の先に新たに血管をつないで血流を確保するバイパス術という手術が行なわれることもあります。すでに手足が壊死しており、治療による改善が期待できない場合には、病気になっている部分を切断せざるを得ません。

腱鞘炎(けんしょうえん)

特徴
「腱鞘炎」は腱と腱鞘の間で炎症が起こる病気です。「腱」とは筋肉の力を指先などの先端に伝える紐のような組織で、「腱鞘」は腱が正しい位置から外れてしまわないように制御するトンネルのような形をした部位です。
腱鞘炎の主な原因は腱や腱鞘を過度に使ったことによる摩擦や腫れです。ペンで描く、楽器の演奏をする、パソコンを使う、などの行為を長時間続けることで発症することがよくあります。腱鞘炎は炎症が治まると痛みがなくなるので自然治癒が可能です。痛みが長引く場合は医療機関を受診すれば、ギブスやテーピングによる固定、薬物療法、医療レーザー、手術といった適切な治療を受けることができます。
症状
ひじ、指、手首、ひざ、足首など腱と腱鞘がある部位で炎症が起こると痛みが現れます。痛みのある部位を動かしたり触ったりすると痛みはさらに増します。炎症した部位の近くにある関節を動かしても引っぱられるような強い痛みが走り、炎症したところが腫れる場合もあります。腱鞘炎の前兆として、痛みが発生するよりも前に手首やひじに重さを感じる、違和感がある、関節あたりが熱を帯びている、関節を動かすときしんだり音が鳴ったりする、などの症状がみられることもあります。患部を休ませると炎症が治まるにつれて痛みは引いていきますが、患部を使い続けると痛みは増します。
治療法
腱鞘炎で痛みや腫れ、熱感が強く見られる場合は安静にし、痛みが強い場合の治療は消炎鎮痛剤の飲み薬の処方や痛い部分へ直接ステロイド注射を打つ薬物療法が必要です。ステロイドの頻回な注射は腱を傷めることもあるので、何度が打っても改善がみられない場合や一度よくなっても繰り返す場合には手術が検討されます。手術で行なわれるのは腱を覆っている腱鞘を切り開いて圧迫をとり、腱の滑りを良くすること。指や手首など部分的に集中して負荷がかかることを避けて手を使わなければなりません。