ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

【腎臓内科】
慢性腎炎・腎不全など 腎臓内科で受けられる診療

腎臓内科
診療科目
腎臓内科

「腎臓内科」は、腎臓にかかわる病気を予防・対処をします。

腎臓は血液を濾過(ろか)する臓器とも呼ばれ、血液の成分や量を一定に保つ役割があります。血液に取りこまれた毒素や老廃物、電解質などの不要物や、余分な水分は腎臓を通して尿となって排出されます。一方で、体に必要なものは血液に戻します。また、血圧の調整にも役立っています。

腎臓の病気の治療方法は、食事療法や血液透析、血漿交換(けっしょうこうかん)、免疫吸着、腎移植など多岐に渡ります。

腎臓内科の治療対象となる病気は、尿異常、慢性腎臓病、糖尿病性腎症、膠原病(こうげんびょう)、急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)、慢性糸球体腎炎、腎硬化症、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、急性腎不全など。中には、泌尿器科の対象であるのう胞腎(嚢胞腎)や腎盂腎炎など、循環器内科や小児科など他の診療科にまたがる病気もあります。

代表的な病気(病名)

慢性腎炎(まんせいじんえん)

特徴
腎臓内では大量の毛細血管が重なった「糸球体(しきゅうたい)」というものがあり、これがフィルターのような役割をして老廃物を濾過します。この糸球体に炎症が起こる病気が「腎炎(糸球体腎炎)」です。腎炎には「急性腎炎」と「慢性腎炎」があり、「急性腎炎」の多くは、何らかの細菌やウイルスによる感染症の影響で起きます。この場合、薬物療法や安静などで回復が見込めます。一方、「慢性腎炎」の場合は、高血圧型や自覚症状のない潜在型などいくつかの型があります。型によっては原因が分からず、糸球体の炎症が治まらないまま、腎機能がだんだんと低下しくケースもあり、悪化すると腎不全へとつながります。似た病気に「ネフローゼ症候群」がありますが、ネフローゼ症候群は尿タンパクが多く出る症状が特徴であり、腎炎が悪化してネフローゼ症候群となる場合もあります。
症状
主な症状は高血圧、タンパク尿、血尿などです。
慢性腎炎
尿の量が減り、トイレに行く回数が少なくなるなどの症状が現れます。色が濁った尿が出るタンパク尿や、褐色っぽい濃い色をした血尿がみられるときは注意が必要です。その他、むくみや肩こり、めまい、頭痛、微熱、倦怠感、食欲不振などがみられます。ひどくなると吐き気や血便、血痰、皮膚からの出血などの症状が現れることもあります。
急性腎炎
血圧の上昇や、体のむくみなどが病気のサインです。腎炎の型によっては症状が出ないこともあり、健康診断などの検尿で発覚するケースもあります。
治療法
慢性腎炎は自覚症状がなくゆっくりと腎機能が悪化していき、一般的に一度失われた腎機能の回復は見込めないため、腎不全に進行しないようにするような治療が必要です。
食事療法を行ないながら、降圧剤などを用いて血圧を管理して悪化を防いでいきます。腎炎が悪化しないためには継続して治療をしていくことが大切なので、必ず主治医の指示にしたがって治療を続けていきましょう。
また、原因によってはステロイドや免疫抑制剤などが使われることや、扁桃摘出などの治療が行なわれることも少なくありません。

慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)

特徴
腎臓の異常が3ヵ月以上続いている病気の総称で、英名:chronic kidney diseaseから「CKD」とも呼ばれます。糖尿病や高血圧といった生活習慣病が原因となることが多く、近年、増えている病気のひとつです。腎臓の異常とは、尿タンパクの他、腎機能の指標である「糸球濾過量(しきゅうろかりょう)」が基準値より下がっていることなどを指します。心筋梗塞などの心血管病との合併の危険性が高く、注意が必要です。慢性腎臓病は、病気の進み具合により1~5のステージに分けられています。ステージ1~3では症状が現れにくく、気づかないうちに病気が進行し、腎機能が低下していきます。ステージ5では腎不全と定義されます。
症状
ステージ1~3にあたる初期のうちはほとんど症状がみられません。自覚がなく、健康診断などで初めて気づく人が多いようです。一方、血液内ではコレステロールや糖分の上昇、高血圧などが進み、これによって慢性腎臓病が悪化していきます。そのため、初期には規則正しい生活習慣や食事管理など普段の生活の見直しによって症状の改善が見込めます。ステージが進むと、むくみや肩こり、頭痛、めまい、貧血、倦怠感、息切れ、夜間の頻尿などの症状が現れます。ここまでくると生活習慣の見直しだけでは対処できないので、透析や腎移植など医師による治療が必要になります。
治療法
慢性腎臓病は治癒が難しいですが、早い段階から治療を行なうことで末期腎不全を防ぐことが可能です。慢性腎臓病の治療は、まず原因となる高血圧や慢性腎炎、糖尿病といった病気に対処していきましょう。続いて、腎臓の状態と原因疾患による総合的な判断を行ない、治療を組んでいきます。慢性腎臓病が進行して末期腎不全になった場合は、腎代替療法が必要です。血液透析・腹膜透析・腎移植が腎代替療法の3つとなり、それぞれの患者に合った治療法を専門医や家族などと相談しながら選んでいくことが重要。

ネフローゼ症候群(ねふろーぜしょうこうぐん)

特徴
様々な原因から、尿にタンパクがたくさん出るようになる病気です。腎臓の働きが低下して起こる「一次性ネフローゼ症候群」と、体の他の臓器や筋肉などの病気から引き起こされる「二次性ネフローゼ症候群」とがあります。「一次性ネフローゼ症候群」の場合は、ステロイドと免疫抑制薬による治療を6ヵ月間続けても効果がないときは「難治性ネフローゼ症候群」と判断されます。尿にタンパクがたくさん出てしまうために、体内は低タンパク血症と呼ばれる血管中のタンパクが少ない状態となり、むくみ(浮腫)を引き起こします。このむくみは、本来は血管中にあるべき水分や塩分が血管外へ出ているものです。ひどくなるとお腹や心臓などに水がたまった状態になります。また、腎不全や心筋梗塞、肺梗塞、脳梗塞など感染症との合併症を起こす危険もあります。
症状
主な症状はむくみ(浮腫)です。むくみの症状が重くなると水分などが外へ排出されずに体に残るため、体重が増えたり体がだるくなったりすることもあります。特に子供は瞼(まぶた)や手足、陰嚢部(いんのうぶ)などにむくみが出やすくなります。 また、尿の泡立ちがみられたときは尿たんぱくが増えている可能性があるため、念のため検査を受けるなど医師に相談をするのが賢明です。病気が重くなると、お腹の膨満感や咳や痰などの症状もみられます。 特に目立った症状がなく、健康診断を受けた結果、タンパク尿や低タンパク血症、高脂血症がみられて気づくというケースもあります。
治療法
ネフローゼ症候群では、塩分の制限や利尿薬や高圧薬といった対症療法と、ステロイド薬などでの原因治療を平行して行なっていきます。対症療法では、利尿薬を用いて尿の排泄をスムーズにして浮腫を取り除いたり、ACE阻害薬やARBといった降圧薬を用いて高血圧の改善を目指したりといった治療が必要です。
ネフローゼ症候群には免疫機構が深くかかわっていると言われており、原因療法としてステロイドや免疫抑制剤などを用いた治療が行なわれることが大半。長期間の治療になることが多いので、副作用などには慎重な管理が必要となります。

腎不全(じんふぜん)

特徴
腎機能が低下し、腎臓が健康なときに比べてその働きが約30%以下にまで落ちた状態が「腎不全」です。腎不全には「急性腎不全」と「慢性腎不全」があります。「急性腎不全」の原因としては、何らかの事故や病気による大量の出血や薬剤投与の結果の副作用などが考えられます。「急性腎不全」の場合は、医師の治療を受けることにより、大幅な回復が見込めます。「慢性腎不全」は、慢性腎臓病が進行し、腎機能がさらに低下し続けていく病気です。治療は薬物療法や食事療法を行ないますが、有効な方法が確立されていないのが現状です。ひどくなると命にかかわるため、人工透析や腎臓移植を行ないます。
症状
タンパク尿がみられ、検尿をすると赤血球が尿に混じるという結果がみられます。また、初期のころは尿の量が増え、夜間に頻繁にトイレへ行くようになります。腎不全が進行すると尿を作る機能が低下するため、尿の量が減ります。尿が減ると毒素が体に蓄積されるため、体の疲れ、むくみ、血圧の上昇、食欲不振、吐き気、頭痛、集中力の低下、けいれんなどの症状が現れるようになります。カリウムやナトリウムなど電解質のバランスが悪くなるのも特徴で、血液中のカリウム濃度が上がることで「高カリウム血症」となり、不整脈を引き起こすこともあります。
治療法
腎不全の治療は、主に慢性化した腎機能低下(慢性腎不全)に対して行ないます。高血圧・高カリウム血症などに代表される尿毒症の症状に対して「血液透析」や「CAPD(連続携行式腹膜透析)」を行なうのが一般的です。しかしこうした治療法は、老廃物を取り除き電解質を調節するいわゆる「血液の浄化」に効果が限定され根本的な腎機能回復には至らないため、繰り返し行なうことが必要。透析治療は週に2~3回の通院が普通であるため、患者のQOLに大きく影響が出ます。腎臓機能のすべてを回復させるには、「腎移植」を行なうしかありません。術後の経過が良好な場合、患者は高い確率で社会復帰が可能です。ただし、移植後ステロイドなどの継続内服が必要となり、移植後もいろいろと大変なことがあります。

腎硬化症(じんこうかしょう)

特徴
腎臓の中を流れる血管で「動脈硬化(動脈の内壁が肥厚し硬化した状態)」が起こり、腎機能が十分に働かなくなる病気です。動脈硬化による高血圧が長い期間にわたって続くことにより引き起こされると考えられています。腎臓の中には血液の濾過フィルターのような役割を果たす「糸球体」という血液の重なりがありますが、この糸球体の中の細い動脈が圧迫され、血管内の細胞が増殖をする「細動脈硬化」が主な原因とされています。腎硬化症を発症している場合、体の他の部位でも動脈硬化が進んでいることも多いため、腎硬化症が悪化して慢性腎不全になると、動脈硬化の影響から命にもかかわってくる場合もあります。腎硬化症の主な治療は、食事指導などによる生活習慣の改善と、薬物療法などです。
症状
腎硬化症は、初期のうちは症状がほとんど現れません。高血圧の症状がみられますが、血圧を下げる薬を服用することにより、血圧の低下がみられます。尿タンパクが低下することもあります。そのため、高血圧の症状だと思い込み、腎硬化症に早期に気づかない場合もあります。ただし、病気が進行して「腎不全」や「慢性腎臓病」を合併すると、様々な症状が現れ、慢性腎臓病では、むくみや肩こり、頭痛、めまい、貧血、倦怠感、息切れ、夜間の頻尿などの症状があります。腎不全では体の疲れ、むくみ、血圧の上昇、食欲不振、吐き気、頭痛、集中力の低下、けいれんなどの症状があります。
治療法
腎硬化症の治療は、まず高血圧の管理をするところからです。良性腎硬化症の場合、血圧をコントロールするために食事療法を行ない、肥満がある場合はさらに運動療法やエネルギー制限をします。このような食事療法・運動療法で血圧のコントロールが十分にできないときは降圧薬を使用した薬物療法が必要となり、それでも進行し尿毒症の症状がみられる場合は人工透析が必要。一方、悪性腎硬化症の場合は症状が急激に悪化し血圧の急上昇などがみられるため、上昇した血圧をすぐに下げなければなりません。降下薬が効きにくいときは注射薬を使用しましょう。腎硬化症の治療は、適切に血圧がコントロールできるまで続けられます。