ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

【循環器内科】
急性心膜炎・狭心症など 循環器内科で受けられる診療

循環器内科
診療科目
循環器内科

「循環器内科」は血管やリンパ管の病気と心臓の病気を専門に扱います。具体的には高血圧症、動脈硬化症、動脈りゅう、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈、心臓弁膜症、心内膜炎などを治療します。

循環器の疾患は喫煙、食事、運動、飲酒、肥満などの生活習慣との関連が深いため、薬物による治療だけでなく、生活習慣改善が必要とされています。

また、高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症などの循環器疾患のリスクがある方は、定期的に循環器内科の診察・指導を受けると良いでしょう。

アダムスストークス症候群(あだむすすとーくすしょうこうぐん)

特徴
アダムスストークス症候群とは、不整脈の発作により血液がうまく脳に流れず、一時的に脳が虚血になる状態のことです。不整脈には心拍数が減る徐脈と心拍数が増える頻脈の2種類があり、アダムスストークス症候群では徐脈を直接の原因とするものがほとんどですが、頻脈の中には心室細動と言って、心臓がきちんと脈を打てずに痙攣した状態になる危険な状態も含まれます。ウイルス感染や膠原病といった心臓以外の病気も原因となることがあり、さらに、薬の副作用や何らかの原因でミネラルバランスが乱れている場合にも起こるので、心臓の病気が原因と決めつけることはできません。
症状
徐脈によるアダムスストークス症候群の症状はその持続時間によって、くらくらして血の気が引く程度から、時間が長いと目の前が暗くなって失神することまであります。頻脈が起こっているときには動悸、めまい、そして失神が典型的な症状。この他、頭痛、尿失禁、全身麻痺などが起こり、心室細動などの重症の場合、呼吸が乱れるチェーンストークス呼吸から呼吸停止、昏睡状態、そして突然死に至ることも稀ではありません。発作が起きているときのこの病気を確認する方法は心電図に現れる波動です。
治療法
アダムスストークス症候群の治療にはまず、原因を究明して緊急にそれに対処しなくてはなりません。徐脈性の不整脈が原因の場合、ペースメーカーを埋め込んでその規則的な電気刺激で鼓動を正常に保つことができますし、頻脈性の不整脈が原因の場合はAID(徐細動器)を埋め込んだり、カテーテル治療、及び抗不整脈薬の使用が選択肢になります。ただし、心室細動の場合はその原因が急性心筋梗塞であることが多いため、そちらへの緊急対応が必要です。薬の副作用などが原因でミネラルバランスが乱れている場合にはただちに薬の服用を停止し、点滴治療などを施さなければなりません。ミネラルというよりも電解質でナトリウム、カリウム、クロール等といったものが不整脈に関係してきます。

急性心膜炎(きゅうせいしんまくえん)

特徴
急性心膜炎とは心臓を包んでいる2重の心膜と呼ばれる膜に急性の炎症が起こって、心膜の間にある心嚢液が増えて溜まり、急性心筋梗塞のような症状を呈する病気。原因としては風邪に伴うウイルス感染や細菌感染によることが多いですが、その他にも膠原病、甲状腺の病気、心筋梗塞、大動脈りゅう破裂、心臓手術後の後遺症、さらに薬物なども原因になりうると考えられています。急性心膜炎が完治しないで慢性に移行することもあるので、きちんとした治療が必要です。
症状
急性心膜炎では胸の痛みを伴う風邪に似た症状が続きます。胸痛は心筋梗塞の発作時とよく似て首や肩から腕にまで長時間続き、息を吸い込んだときに強くなる特徴的なものです。心筋梗塞との症状の違いは、前かがみになったり座ったりしたときに痛みが軽減する点。また、心電図も心筋梗塞のときの波形と似ていますが、心筋梗塞よりも炎症が広範囲に渡っていることを示すもので、判別が可能です。感染が原因になっている場合には感染症特有の発熱等の症状も伴います。心膜から大量の心嚢液が漏れだして心臓を圧迫すると「心タンポナーデ」という急性の心不全の状態になり、呼吸困難、血圧低下や心停止にまで至ることもあるので注意が必要です。
治療法
急性心膜炎の治療には原因となっている他の病気の確認が必須であるとともに、炎症への対処が必要となります。心臓の壁を覆っている心筋に炎症が起こる心筋炎を併発したり、心タンポナーデという危険な状態が起こることがあるため入院・治療が必要。痛みや炎症への対処には、非ステロイド系の消炎鎮痛剤(NSAID)やコルヒチンなどが適用薬剤です。心タンポナーデが起こった場合は漏れ出た心嚢液を緊急に排除する必要があるため、心臓と心膜の間に針(管)を挿入して心嚢液を吸引することもあります。この際に悪性腫瘍が発見された場合には抗がん剤の心嚢内への投与が必要です。

狭心症(きょうしんしょう)

特徴
狭心症とは心臓に栄養を運ぶ肝動脈の内壁が狭くなって十分な血液が流れなくなった状態で、狭心症特有の胸の痛みが出ることで気付きます。原因としては動脈硬化による血管内のプラークの形成や血管内壁の石灰化による狭窄が主なものですが、その他に大動脈弁の弁膜症に伴う発症や子供の川崎病の後遺症としての発症もあります。狭心症の種類は動いているときに発作が起きる労作性狭心症と安静時に発作が起きる安静時狭心症、不安定狭心症があります。
症状
狭心症発作の症状としてはまず胸の痛みですが、痛みの個所は心臓に近い部分に止まらず、胸の中央、みぞおち、肩、首、腕、顎、歯、目の後ろ側など上半身の広い範囲に渡り、痛みを感じる部位が時間とともに移動するのが特徴です。また、食べたものが喉に詰まったときに感じる締め付けられるような痛み、押し付けられるような痛みを感じます。このような症状が30分続き、その後はまったく嘘のように収まってしまいますが、発作は突発的に起き、しばらくしてから再び同じような症状が現れるため注意して下さい。痛みが時間とともに移動するだけでなく、最初から肩や胃の痛みのように出ている場合もあり放散痛と言われています。
治療法
狭心症の治療は薬物療法または手術、及び生活習慣の改善が中心です。薬物療法には血管を拡張させて血流を改善させる薬剤や心筋梗塞予防用の血栓防止薬が使われます。狭心症の発作時の対症療法としては、ニトログリセリン(舌下錠あるいはスプレー)が有効。狭くなった血管をもとに戻すには心臓カテーテルや冠動脈バイパス手術を行なわなくてはなりません。その他、減塩食、低カロリー食、適度の運動、十分な睡眠、禁煙、アルコールを控えるなどの生活習慣の改善が狭心症予防に効果的です。

高血圧(こうけつあつ)

特徴
高血圧とは血圧が高い状態のままが続く症状のこと。血圧とは心臓から流れる血液が血管の壁を押す力で、この圧力が異常に高くなりなり続けている状態が高血圧です。具体的には、最高血圧が140mmHg以上または最低血圧が90mmHg以上の状態が繰り返し測定しても出る場合に高血圧と診断されます。高血圧の状態が長く続くと血管に過度の負担がかかった状態が続き、本来持っている弾力性やしなやかさが失われ血管が硬化。動脈硬化を引き起こすため注意が必要です。
症状
高血圧自体には自覚症状はありません。ただし高血圧が原因で合併症を引き起こすことがあり、血管に動脈硬化ができる場所が脳である場合には脳卒中や脳梗塞を、心臓の場合には心肥大や心筋梗塞を、腎臓の場合には腎硬化症などの原因となるのがその一例。また、高血圧が原因で弾力を失った血管は血液を送る力が弱くなるため、その分心臓が血液を押しだそうとして負担がかかってしまいます。そのため心臓の壁が厚くなり心肥大を起こし、結果心不全で亡くなる人も多いのが現状です。
治療法
高血圧の原因は遺伝的要素もありますが、生活習慣病と呼ばれる程環境要因があることがほとんどです。そのため、生活習慣の見直しが必要。まずは血圧の上昇を抑えるために食事では減塩を心がけましょう。具体的には1日の塩分摂取量は6gまでとし、野菜や果物を積極的に取り、コレステロールの高い食事は避けるようにします。また、節酒・禁煙、適度な運動なども効果的。また、肥満である場合には脂肪肝や睡眠時無呼吸症候群、肥満関連腎症などを併発させる危険性があるため適正体重を保つことが重要です。しかし、生活習慣の見直しだけで高血圧を治すことは難しいため降圧薬治療が行なわれることも多く、個人それぞれにあわせた治療計画が行なわれます。

三尖弁膜症(さんせんべんまくしょう)

特徴
三尖弁膜症とは右心房と右心室の間にあり、静脈血がこの弁を通して右心室に流入する三尖弁がきちんと閉まらなくなくなって、その部分で血液が逆流する病気です。三尖弁自体に障害がある場合と、三尖弁自体は正常でも他の病気のせいで発症する場合があります。他の病気の場合、僧帽弁弁膜症や大動脈弁弁膜症に伴って右心室が拡大して三尖弁が引き延ばされて逆流が起きることが多い他、肺動脈高血圧症や感染性心内膜炎などでも発症することがある複雑な病気です。
症状
三尖弁膜症は初期には症状が現れませんが、僧帽弁弁膜症が進行して起きる場合には三尖弁の逆流が重症化して顔面や下肢にむくみが現れ、全身の倦怠感も加わります。また、不整脈である心房細動が起きやすくなり肺動脈高血圧を起こすため、息切れ、動悸、めまい、失神、咳などが症状として現れ、その後、心不全に移行して突然死にもつながるため放置はできません。正確な病状の診断には心エコー検査を行なって、心臓の動きや弁膜からの血液の漏れの状態を確認することが有効です。
治療法
三尖弁膜症の治療は軽度の場合には特に必要はありませんが、心不全状態になった場合には利尿剤の投与が行なわれます。さらに重症化して利尿剤の効果が無くなった場合には手術適用となります。弁の周囲が拡大して血液の逆流が進んできた中等度以上の症例では、人工弁への置換手術あるいは弁形成術が必要。弁置換手術は機械弁か生体弁が選択され、弁形成術は弁の周りを縫って漏れを防ぐ方法と人工のリングを弁の周りに縫い付けて緩くなった部分にふたをする方法です。血栓を作りにくい点では生体弁が優れているのですが、耐久性が15年程度と短いというデメリットもあります。ただ、手術は僧帽弁の手術と同時期にする場合が多く、リングで弁形成をすることが多いです。

心筋梗塞(しんきんこうそく)

特徴
心筋梗塞とは、心臓を動かす血管である冠動脈が動脈硬化にともない血管内の内側が狭くなって詰まってしまい、結果として心筋細胞が壊死する病気です。そのため心臓の機能が著しく低下し、死亡してしまうこともあります。心筋梗塞は急に起こることがほとんどです。原因はずばり動脈硬化。やわらかくしなやかな血管が生活習慣の乱れによって固く詰まりやすくなってしまうのです。動脈硬化は不摂生な食事、運動不足、喫煙、飲酒、過度なストレスなどによって大きく影響されることが分かっています。例えば、動物性脂肪の多い高カロリー食は過酸化脂質を増加させ、それらが血管の壁に付着して詰まらせたり、破れたりする原因になります。動脈硬化は年齢とともに進行するため一種の老化とも言えますが、若いころからの生活習慣の見直しで予防することが大切です。
症状
急性心筋梗塞の主な症状は胸部の激痛、締めつけ感、圧迫感で、これらが30分以上続きます。呼吸困難、吐き気、冷や汗を伴う場合は重症であることが多いとされています。高齢者ではこのような特徴的な胸部の痛みではなく、吐き気や息切れなどの消化器症状で発症することもあります。また、高齢者や糖尿病を患っている場合は無痛性のこともあります。
治療法
心筋梗塞の治療ではすぐに救急車を呼ぶことが救命に大きく貢献します。心筋梗塞で意識を失ったしまうような場合は、周囲の人がAED(自動体外式除細動器)を使用することによって救命率があがります。AEDとは体外から衝撃を与えて脈の乱れを治す装置で、近年では駅構内やコンビニの傍などにも備え付けられています。その後、呼吸をしていないようであればすぐに心臓マッサージを行なうことが必要です。また救急車内ではAEDの他に酸素吸入などの処置をします。病院到着後にカテーテルを使った「風船療法」またはステントによる治療法が行なわれることが一般的。どちらも詰まった血管を広げることが目的です。場合によっては冠動脈バイパス術という外科的手術が行なわれることもあります。

心不全(しんふぜん)

特徴
心不全とは特定の病気の病名ではなく、心臓病などが悪化して心臓のポンプ機能が十分に果たせなくなり、血液を全身に送れなくなった状態です。心不全は心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症、不整脈などすべての心臓病が原因となり、それぞれの心臓病の末期症状ですが、心臓病以外でも甲状腺の病気、膠原病、アルコール摂取でも起こるため、単純に心臓病のせいであるとは言いきれません。急性心不全と慢性心不全の2種類があります。
症状
心不全の症状は全身に血液が送られないことから起こり、息切れ、呼吸困難、むくみ、だるさ、疲労感などです。初期には、坂や階段を上ったときに息切れ、動悸が発生する程度ですが、症状が進むと、少し動いただけで息苦しくなり、さらに悪化すると寝ていても息苦しくなり、不眠になって入院・加療が避けられません。高齢者に多い心不全ですが、慢性化すると自覚症状が分かりにくいこともあり、放置してしまうことがあるので気を付ける必要があります。
治療法
心不全の治療には薬物療法が中心となります。左心室の収縮機能が衰える「収縮不全」に効果的なのは血圧を下げたり、脈を遅くして心臓への負担を減らす作用のあるアンジオテンシン変換酵素阻害薬、アルドステロン拮抗薬、β遮断薬などです。また、水分やナトリウムを体外に排出させる利尿薬や心臓のポンプ機能を高める、いわゆる強心剤もあります。心不全の治療は急速に進歩していて、重症の心不全では、特殊なペ-スメーカーを使う方法(心臓再同期療法)や補助人工心臓を使うことも不可能ではありません。

肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)

特徴
肺高血圧症とは肺の中を流れる動脈にかかる圧力が高くなっている状態の総称です。肺高血圧症は肺を流れる血管が細くなるために発症します。血管が細くなる原因は膠原病や心臓の病気、HIV感染症など様々。脚の血管などでできた血の塊が流れてきて肺動脈を塞ぐために生じることもありますが、一方で原因が分からないケースも多いです。無治療のまま放置すると死に至ることも少なくありません。また、あらゆる年代で発症する可能性がありますが。患者さんの多くは20~30歳代の若い女性であると言われています。
症状
肺高血圧症になっても初期にはほとんど症状がなく、症状が進んでくると日常生活のちょっとした動作をしただけで息切れをしたりすぐ疲れるようになります。また、咳が出る、血の混ざった痰が出る、胸に痛みを感じる、体がだるくなる、めまい、失神などがあらわれる場合も少なくありません。皮膚や粘膜が青紫になるチアノーゼという症状があらわれることもしばしば。その他、疲れからうつのような症状があらわれる可能性もあります。
治療法
肺高血圧症の原因が膠原病やHIV感染症などの場合は、まず原因となっている病気の治療を行なって症状の改善を目指します。血の塊が肺動脈を塞いでいる場合にはこれを取り除く手術などを行なうと症状が改善することが多いです。原因が明らかでない場合には肺の血管を広げる働きのある薬を使っての治療が必要。息切れが強い場合には酸素吸入が必要となるケースも少なくありません。このような治療で十分な効果が得られず症状が進行する場合には、肺移植が検討されることもあります。

肺水腫(はいすいしゅ)

特徴
肺水腫とは、毛細血管でおおわれ、空気をため込む肺胞と呼ばれる組織に肺胞を囲む毛細血管から血液中の液体が滲みだしてくる病気で、放置しておくと肺胞中にだんだんと液体が溜まって酸素吸収が阻害されてきます。肺水腫の種類は心臓に原因を持つ心原性肺水腫または急性左心不全と呼ばれるものと、肺炎や敗血症など心臓以外に原因のある非心原性肺水腫の2種類。前者の原因となる病気に心臓弁膜症や心筋梗塞があり、後者の原因は、一部の薬剤によって引き起こされる肺水腫です。
症状
肺水腫の症状は、海で溺れたときのような状態になるため低酸素状態による呼吸困難が主ですが、それに加えて咳や痰が出る、呼吸や脈が速くなるなどです。心原性肺水腫では軽い運動での息切れから、横になると息苦しくなる、寝ていて息苦しくなって起きる、ピンク色の泡状の痰が出るなどと症状が進行して行きます。悪化するとチアノーゼを呈したり、血圧低下、意識障害を起こすことがあるため安心してはいられません。X線透視に合わせた血中酸素濃度を測定して確定診断が完了です。
治療法
肺水腫の治療はまず、肺胞に溜まった水分を排出させるための薬物療法としての利尿剤の投与です。心原性肺水腫の場合には心臓の機能を回復させるための強心剤も必要となりますが、これは高齢者に多い拡張不全型の心不全には効果が認められていません。また、呼吸困難の改善には人工呼吸療法であるNPPV(非侵襲的陽圧換気)が有効で、気管を切開してガスを送り込む方法と、マスクを通してガスを送る2通りの方法があります。非心原性肺水腫で感染症が疑われる場合には抗生物質や抗炎症薬の投与で治療可能です。

肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)

特徴
肺動脈狭窄症とは心臓の右心室から肺へ血液を送る肺動脈に生まれつき狭い部分がある病気です。血液の流れが悪くなるために血液を送り出す右心室に大きな負担がかかり、心臓の筋肉が厚く大きくなることが特徴。肺動脈狭窄症は先天性の心疾患の1割近くを占める病気で、肺動脈狭窄症を含む先天的な心臓の病気の多くはいくつかの遺伝子の異常や胎内の環境が影響しあって発生すると考えられています。なお、妊娠中に妊婦が風疹にかかることで生じる先天性風疹症候群の症状のひとつとして肺動脈狭窄症があらわれることも少なくありません。
症状
軽症の肺動脈狭窄症は、自覚症状がないことも少なくありません。中等症であっても幼い頃はちょっと疲れやすいという程度ですが、年齢とともに動悸や息切れが現れることが多いです。重症になると生まれた直後に全身の酸素が足りなくてチアノーゼと呼ばれる症状を起こす場合もあり、すぐに手術が必要となることもあります。また、十分にミルクを飲むことができなかったり、体重が増えにくかったり、呼吸回数が多いといった症状が現れることも多く、最も重症なケースでは突然死にもなりかねません。
治療法
軽症の肺動脈狭窄症は治療の必要がないことも多いですが、中等症から重症の場合は血管の狭い部分を広げる治療が必要です。血管を広げる治療にはカテーテル治療と手術があります。カテーテル治療とは血管から細い管を挿入して心臓まで進めて治療を行なう方法。手術を急ぐ必要がない場合、小児期にはカテーテル治療を行ない、成人してから手術を行なうこともありますが、カテーテル治療で対応できない場合には、開胸手術を行なわなくてはなりません。なお、重症度が非常に高い場合には、出生後すぐに手術を行なうこともあります。

肺性心(はいせいしん)

特徴
肺性心とは右室拡大が生じるという疾患のことで、肺や心臓から肺へいく血管(肺動脈)の障害がまずあり、心臓から肺への血液がスムーズに流れないことで心臓の右心室に血液がたまってしまうものです。ポイントは心臓そのものの異常ではなく、肺や肺動脈の異常によって血液循環が滞った結果おこる右室拡大ということ。治療が奏功せず、そのままの状態が続くと右室の負荷が続いて右心不全となりかねません。原因疾患としては慢性閉塞性肺疾患によるものが最も多く、他に人工呼吸管理などによる肺水腫、肺塞栓症などが考えられます。
症状
基礎疾患の慢性化や急性憎悪により、肺性心が生じて右室圧が上昇してくるとうっ血による症状が見られ始めます。肺性心は急激に症状が出ることもありますが、多くははじめから目立った症状はみられません。右室に血液が溜まるため、心臓収縮期において胸骨の左縁が膨隆してきたり、心臓の音に雑音が混ざってくるなどが主な症状です。このような症状は医療者でないと分かりづらいですが、症状が進んでくると頸静脈が膨らんできたり下肢がむくんできたりします。息苦しさや息切れが出てきますが、もともと呼吸器疾患をもっていると変化に気付くことは容易ではありません。むくんできているかどうかというのが分かりやすい症状です。
治療法
肺性心の治療で大事なことは、優先するのは原疾患の治療であるということです。肺性心を起こすほどの疾患の治療は困難ですが、原疾患の慢性閉塞性肺疾患などの治療が進むことで肺性心は改善されていきます。通常の心不全治療に行なう治療も肺疾患に対しては悪影響であることもあり、慎重に進めなければなりません。心不全に関して行なう利尿剤なども状況によっては有害となります。また、右室負荷は早期に改善しないと不可逆的となり右心不全が改善しないことがあるので、早期発見・早期治療が重要になってきます。

不整脈(ふせいみゃく)

特徴
不整脈とは心臓のポンプ機能のリズムが乱れる状態のこと。心臓は全身に血液を送るため、規則正しいリズムでポンプのような動きをします。不整脈は大きく3つのパターンにわかれ、脈がゆっくりとなる「徐脈性不整脈」と早くなる「頻脈性不整脈」、脈が不規則になる「期外収縮」があり、それぞれにあった治療が必要です。不整脈の原因は心臓のポンプを動かす電気信号の故障であるため、必ずしも心臓が悪い訳ではありません。高齢であることや体質的なことが原因であることの他、ストレスや睡眠不足、飲酒、喫煙などで起こることもあります。
症状
脈のリズムが乱れると血液が全身にうまく送られないため血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞など重篤な病気を引き起こす原因となります。不整脈がある場合の症状として挙げられるものは、脈がゆっくりになる徐脈性不整脈ではふらつきや、脈が非常にゆっくりになることによる失神。脈が速くなる頻脈性不整脈では動悸や吐き気などを感じることがあり、期外収縮では自覚症状がないこともありますが、脈が飛ぶ感覚や胸に不快感を覚えることもあります。症状が出た場合には激しい運動は避け、安静にすることが大切です。
治療法
不整脈は自覚症状がないこともあるため健康診断などで不整脈が分かることも多く、どのような不整脈が起こっているか調べるためには心電図検査が必要です。急に失神を起こす、運動時に強い息切れが起こり冷や汗が出る、脈が突然多くなり突然通常に戻るなどの症状がある場合には不整脈を予防する薬の投与や頻脈を起こす原因をカテーテルで焼く治療、ペースメーカーの埋め込みなどの治療を行ないます。症状が出ない不整脈の場合には治療は必要としないことも多いです。その場合、生活習慣を正しくすることで不整脈からくる病気を防ぐことが可能です。
関連お役立ちコンテンツ