ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

【消化器内科】
胃潰瘍・胃粘膜下腫瘍など 消化器内科で受けられる診療

消化器内科
診療科目
消化器内科

「消化器内科」は、口から肛門までの消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)と、これに付属するだ液腺、肝臓、すい臓、胆道などの病気を治療します。

食道炎、胃潰瘍、胃炎、腸炎、肝炎、膵炎など多くの疾患が消化器内科の得意分野です。

そして、消化器癌(食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵癌など)やウイルス性肝炎、過敏性大腸症候群、逆流性食道炎などの疾患やピロリ菌の除菌も扱っています。

胃潰瘍(いかいよう)

特徴
胃潰瘍とは、胃粘膜を守っている働きと胃酸やペプシンなど胃を攻撃する物質の働きが釣り合わなくなり、胃がダメージを受けることで起こる疾患です。胃の表面は上から粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、筋層となっていますが、ダメージが粘膜筋板まで及んだものを胃潰瘍と呼びます。ピロリ菌への感染、解熱鎮痛剤などの薬剤の使用、ストレスなどが胃潰瘍の原因。40~60歳代に好発することが多く、それ以外の年代ではあまり多くありません。さらに症状がひどくなると急性膵炎を起こすこともあります。
症状
胃潰瘍で最も多く見られる症状はみぞおちの辺りに感じる痛みで、ズキズキするような鋭い痛みではなく胃を掴まれているような鈍い痛みを感じます。食後に症状が出ることが多く、胃のもたれや不快感腹部膨満感なども良く見られる症状。症状が進行すると胃が出血してしまうため、吐血や下血などの症状が出ることもあります。このように胃が出血した状態が続くことで貧血を起こしてしまうことも珍しいことではありません。出血していても胃の痛みを感じないケースもあるため体調の変化に注意が必要です。
小児では、

新生児~幼児期…下血・吐血
幼児期…くり返す腹痛・嘔吐
学童…上腹部痛
治療法
胃潰瘍の治療は生活習慣の改善と共に薬物での治療を行なっていきます。胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬、胃酸を中和する制酸剤、胃の防御因子を増加させる胃粘膜保護剤が主な治療薬です。ピロリ菌の検査によってピロリ菌を保持していることが分かった場合にはピロリ菌の除去が必要。ランソプラゾールのようなプロトンポンプ阻害薬と抗生物質であるアモキシシリン、クラリスロマイシンの3種類の薬剤を用いて治療を進めていくことが基本となります。除菌に失敗してしまった場合はクラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更して再び除菌を試みて下さい。

胃粘膜下腫瘍(いねんまくかしゅよう)

特徴
胃粘膜下腫瘍とは胃の表面にある粘膜よりも下の筋肉層に発生する腫瘍のことです。通常、腫瘍は正常な粘膜に覆われているため内視鏡的には表面は盛り上がって見えます。良性のものと悪性のものがあり、前者に含まれるもので主な腫瘍は平滑筋腫や神経系腫瘍。発生原因にはピロリ菌、遺伝子変異、寄生虫などの可能性が高いです。一方、悪性腫瘍としてはGIST(消化管間質腫瘍)が知られ、さらには胃がんが転移したものも含まれます。
症状
胃粘膜下腫瘍の症状としては良性の腫瘍では無症状の場合もありますが、腹痛、胃部の違和感や不快感、吐き気などが現れることもあります。内視鏡検査で胃粘膜の盛り上がりがあることで偶然発見されることが少なくありません。悪性の腫瘍では胃がんの症状に類似して腹痛、胃部の違和感や不快感に加え、進行すると吐血や下血、それに伴う貧血が症状です。内視鏡の先に超音波装置を装着した超音波内視鏡で内部の観察や生検を行なって確定診断できます。
治療法
胃粘膜下腫瘍に対する治療は、腫瘍の生検を行なって良性であることが確認された場合には定期的な内視鏡観察で腫瘍サイズの変化を追跡するだけで、特別な治療は必要ではありません。それでも腫瘍のサイズが急に大きくなったり、2cm以上の大きさになった場合には良性であっても手術の適用になることもあります。悪性の場合にはがんの進行度に応じ対する手術あるいは化学療法が必要です。手術の方法はリンパ節への転移がなく病変部が小さく浅い場合には部分切除や内視鏡での摘出も可能です。

黄疸(おうだん)

特徴
黄疸とは黄色い色素であるビリルビンが何らかの原因で血中に多く出てしまうことで起こる疾患で、皮膚や白目が黄色くなります。肝臓が傷ついたり胆汁の流れが悪くなったりすることが原因です。急性肝炎やウイルス、アルコールなど様々な理由によって引き起こされる病気のひとつ。全身に黄疸が広がると体のだるさや皮膚のかゆみなども現れ日常生活にも影響が出ることもありますが、もともとの体質で黄疸が出やすい方は他に症状が出ることはほとんどありません。
症状
皮膚の色は人によって違うので黄疸かどうか判断しにくい場合もありますが、眼の白眼の部分が黄色くなっている場合はほとんどの場合で黄疸です。肌や白眼が黄色くなる以外に、全身倦怠感、発熱、尿の色が濃くなったり便の色が白っぽくなるなどの症状を伴うことがほとんど。症状が悪化するとお腹に水が溜まったり、血が止まりにくくなったりなどの症状が出ることもあります。多くの新生児で見られる新生児黄疸では自然に消滅していくことが多いですが、稀に核黄疸を発症し脳障害のような後遺症を残すことがあるので注意が必要です。
治療法
肝がんなど他の疾患が原因になって黄疸が出ている場合はもとの疾患の治療が優先的です。黄疸の症状だけを治療していく方法は残念ながら存在していません。肝機能がまだ未熟な新生児に起きる新生児黄疸の場合はいくつかの治療法があります。光をあててビリルビンを分解していく光線療法などが行なわれますが新生児黄疸はほとんどの新生児に見られるものなので大きな心配は要らないです。黄疸が出た際は他に何か別の疾患が隠れていないかどうかをきちんと検査することが重要となります。

肝硬変(かんこうへん)

特徴
肝硬変とは、ウイルス性肝炎やアルコール性肝炎などにより繊維(コラーゲン)が異常に増加・凝縮して肝機能の低下を引き起こす病気です。「肝細胞の繊維化」とも呼ばれています。繊維(コラーゲン)とはタンパク質の1種であり、肝硬変で特徴的なのは、繊維が増加し一塊に凝縮されるため肝臓全体が岩のように固くなることで、肝臓自体も縮小。肝機能の著しい低下により、黄疸や浮腫(むくみ)、腹水、さらに重症例では肝性脳症などがみられることが特徴です。
症状
肝硬変で特徴的な症状は、黄疸や浮腫。黄疸とは、白目の部分や身体の皮膚が黄色くなることで、比較的気づきやすく肝硬変発見の手掛かりとなることが最も多い症状です。その他、腹水も比較的高頻度でみられ、お腹に水が溜まり下腹部が膨満したり重症例では腹部全体が大きく膨れたりします。酷くなると肝性脳症などが引き起こされることも少なくありません。また、肝臓の繊維化に伴い血管が圧迫されることで食道や胃などに静脈瘤ができたり血液中の血小板が減少することも顕著です。特筆すべきは、肝硬変では症状の全くない時期(「代償期」と呼ぶ)が存在する点。そのため病気に気づかず重症化してしまうことが多くあります。
治療法
肝硬変に直接有効な薬剤は存在しません。そのため、肝硬変になってしまった場合には予後を良好にする(症状を悪化させない)ことが最優先事項となります。低栄養の状態が肝硬変を悪化させることが認められているため、栄養療法(食事内容・摂取量の見直し)や適度な運動・エクササイズなどを行なうことが重要です。また、肝炎ウイルスの中でもC型肝炎ウイルスが原因の肝硬変では、インターフェロンの単独または併用療法が奏功することがあり、保険適用も可能。アルコール性肝炎が原因の場合に前提となるのはアルコール摂取の制限で、その他、薬物療法では分岐鎖アミノ酸を補うとよいことが多数報告されています。

肝膿瘍(かんのうよう)

特徴
肝膿瘍とは肝臓中に感染性の膿瘍(膿の塊)ができるもので、細菌、原虫(赤痢アメーバ)または真菌(カンジダ菌)が肝臓内に入ってそこで増殖することが原因です。細菌性(化膿性)の肝膿瘍は急性胆管炎や胆のう炎に起因する場合や、総胆管結石や膵胆道系の悪性腫瘍による胆管閉塞の結果、胆管内で胆汁がうっ血して起こります。赤痢アメーバ性肝膿瘍は腸管に感染した赤痢アメーバが肝臓内に入って形成。赤痢アメーバ感染は青壮年期の男性に多く、オーラルセックス、アナルセックスなどによる性感染症の一種とも言えるものです。
症状
肝膿瘍では比較的長期間(2週間以上)にわたる上腹部や右わき腹の痛み、発熱、食欲不振、倦怠感などが続くことが特徴です。また無症状の場合もあれば腹水や胸水が貯まる重い症状が現れる場合もあります。赤痢アメーバ感染の場合には下痢、腹痛や血の混じった下痢が起きることもありますが、必ず腸の症状が出るとは限りません。赤痢アメーバは海外で汚染された生水や食品を通じて感染することが多く、数ヵ月以上の潜伏期間のあとに肝膿瘍の症状が現れることが多いです。
治療法
肝膿瘍は感染症の一種のため、細菌性肝膿瘍でもアメーバ性肝膿瘍でも点滴や内服での抗生物質の投与が第一選択肢です。この処置は原因菌以外の細菌への感染の予防にもなります。膿瘍が大きい場合、症状が強い場合、投薬治療で十分な効果が得られない場合などには体内に細い管を入れて膿を吸い出す経皮的膿瘍穿刺ドレナージという治療が行なわれます。胆管閉塞が起こっている場合には胆道ドレナージが、真菌性膿瘍の場合には抗真菌薬の投与が必須。治療が遅れると敗血症や細菌性ショックを引き起こして命にかかわることもあるため、早期の治療開始が必須です。

脂肪肝(しぼうかん)

特徴
「脂肪肝」とは、必要量以上の中性脂肪やコレステロールが肝臓内に貯蔵されていることを言います。肝臓はエネルギーとして使うために脂肪を肝細胞の中に溜めておくのですが、脂肪をエネルギーに変える量よりも貯蓄量が多いと肝臓が肥満状態となります。肝細胞のうち30%以上が脂肪になると脂肪肝です。脂肪肝の原因は過食やアルコールの過剰摂取などです。アルコールは肝臓で解毒されますが、アルコールを大量に摂取することで肝臓に負担がかかり、働きが悪くなることなどが考えられます。糖尿病や脂質異常症によるインスリン分泌の低下も脂肪肝の原因とされています。脂肪肝は、軽度であれば生活習慣の見直しなどによって改善します。
症状
肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、症状はほとんど現れません。しかし、脂肪肝は動脈硬化など様々な生活習慣病の発症リスクを高めます。脂肪肝の原因がアルコールの過剰摂取である場合、「アルコール性脂肪性肝炎」に進行する危険があります。あるいは飲酒の習慣がなく、糖尿病や脂質異常症から発症した非アルコール性脂肪肝も、肝炎を引き起こす可能性があります。肝炎になると食欲不振や倦怠感、発熱などの症状が現れます。体内で肝臓は腫れており、お腹の右上あたりに痛みが走ることもあります。褐色の尿が出てむくみが現れることもあります。さらに肝炎が進行すると肝硬変、肝がんになる危険があります。
治療法
脂肪肝の治療の基本は、原因となる生活習慣を改めること。アルコール性脂肪肝の場合は飲酒をやめるのが一番です。非アルコール性脂肪肝の場合は、食事療法や運動療法などを中心とし、高脂血症や糖尿病が原因であればそれらに対し薬物療法を行ないます。肝臓の中性脂肪を減らすには、食事の量とバランスを整えることと、適度な運動が欠かせません。急激な体重減少はかえって悪化をまねくことがあるので、1ヵ月に2~3kgの減量を目安として適度に行ないましょう。

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)

特徴
十二指腸潰瘍とは何らかの理由で十二指腸の壁をおおう粘膜に障害が生じ、十二指腸の壁が深くえぐれてしまう病気です。症状が進むと十二指腸の壁に穴があいてしまうこともあります。発症にはピロリ菌の関与が指摘されており、胃酸の分泌量が多い人に良く見られることが特徴。腰痛や関節痛に使われる一部の痛み止めや、血液をサラサラにする働きを持つアスピリンなどの長期間服用が原因で発症することもある病気です。その他、ストレス、飲酒、喫煙など生活習慣の乱れも発症に関与すると考えられているので気をつけましょう。
症状
十二指腸潰瘍になると上腹部や背中に痛みが出ることがあります。腹部や背中の痛みは空腹時や夜間に強くなり、食事をとると一時的に治まることが多いです。食欲不振や胃もたれ、胸焼けといった症状が現れることも少なくありません。傷口から出血がある場合には吐血したり、不自然なくらい真っ黒な便が出たりすることもあります。出血量が多い場合に症状として出てくるのは貧血です。一方で全く症状がなく、健康診断などで偶然見つかるケースも珍しくありません。
治療法
十二指腸潰瘍の治療にあたってはまずピロリ菌感染の有無を調べることが必要です。ピロリ菌陽性の場合は除菌治療を行ないますが、除菌に成功すると十二指腸潰瘍が再発する確率は非常に低くなると言われています。ピロリ菌陰性で痛み止めを飲んでいる場合には痛み止めの中止・変更を検討しなければならないケースがほとんど。同時に胃酸を抑える薬を併用し、症状の改善を目指さなければなりません。傷が小さければ胃酸を抑える薬を数週間飲み続けることで傷が治癒する場合が多いです。一方で傷が大きい場合は内視鏡による治療を行ったり、穴があいている場合には手術を行なうこともあります。

胆石症(たんせきしょう)

特徴
胆石症とは胆肝系に石ができる病気で、石が形成された場所により主に胆嚢結石、総胆管結石、肝内結石の3種類に分けられます。このうち胆嚢結石が最も多く70-80%程度。石の成分はコレステロールやビリルビンカルシウム、あるいはビリルビンカルシウムに鉱物の混じったものなどです。世界的にみると、加齢白人、肥満、女性、多産、脂質異常症などがリスク要因として挙げられていますが、日本人については男性患者の方がやや多くなっています。
症状
胆石症の症状として一般的には胆嚢がある下腹部の痛みや心臓から肋骨付近にかけての痛みが特徴的ですが、無症状の場合も多くあります。また、発熱、嘔吐、黄疸などの症状が出ることも稀ではありません。無症状の場合にはそのまま放置しても症状が出ることは余りありませんが、急性胆嚢炎などを発症した場合には熱と痛みなどの症状が現れることが多いです。カルシウム分の多い石はX線透視で確認が可能で、また、腹部エコー検査も結石の確認に有効な方法になります。
治療法
症状のない胆石は経過観察の対象です。胆嚢炎などを併発して症状が現れた場合には手術が行なわれますが、その場合、開腹あるいは腹腔鏡下での胆嚢摘出となります。手術以外の胆石症の治療法のひとつは、胆石を特殊な薬剤を用いて溶かして排出させる溶解法。この方法は特にコレステロール胆石に対して有効であることが実証済みです。また、体の外から衝撃波を当てて石を砕く対外衝撃波結石破砕療法(ESWL)も高い効果のある方法と言えます。

大腸ポリープ(だいちょうぽりーぷ)

特徴
大腸ポリープとは大腸の粘膜の一部が盛り上がりいぼ状になったもので、直腸や結腸に生じるポリープの総称です。
大きく「腫瘍」と「それ以外のポリープ」の2つに分けられます。大部分のポリープは「腺腫」と言う良性の腫瘍ですが、1㎝以上になると部分的に小さながんが発生していることが多くなり、長期間放置していると進行がんになる可能性が高くなります。
その他に炎症性や過形成によるポリープもあります。炎症性のものは腸に強い炎症を起こす病気にかかったあとにできます。いずれも良性で放置してもがん化することはほぼありません。
症状
大腸ポリープは大腸や直腸の内壁にいぼ状やきのこ状に隆起したものができることで、ほとんどの場合で自覚症状がありません。小さいポリープであれば無症状であることも多いため、早期で見つけるためにはがん検診を受けることが必要。ポリープが大きくなってくると排便時に擦れて出血したり、血液の混ざった便が出たり、便が出にくくなったり、腹痛や下痢などの症状が出ます。成長したポリープが肛門から飛び出したり、肛門の近くで大腸をふさいだりすることもまれに起こり得る症状です。
治療法
大腸ポリープは内視鏡的切除を行なうことが基本的。内視鏡的切除にはポリペクトミー(ポリープの茎にワイヤーをかけて切除)、内視鏡的粘膜切除術(EMR)(茎がない平坦なポリープに用いられる)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)範囲が広い病変に対し電気メスで粘膜下層を剥離して切除)の3つ方法があります。すべての大腸ポリープが内視鏡の適応となる訳ではなく、6mm以上の良性ポリープと、リンパ節に転移している可能性がほとんどなく内視鏡で一括切除できるがんのみが内視鏡適応となるポリープとなります。

腸管癒着症(ちょうかんゆちゃくしょう)

特徴
腸管癒着症とは腸管同士、あるいは腸管と周辺にある腹膜や大網との間に癒着が生じ、その結果腸管が引っ張られて折れ曲がり、腸内の通過障害が起きる病気です。原因としては開腹手術後に極めて高い確率で起こる他、虫垂炎や胃・十二指腸潰瘍、子宮内膜症などの強い炎症を伴う病気で炎症が進んだ場合に起こります。腸閉塞や慢性骨盤症は腸管癒着症が進んだ結果です。またこの病気には精神的なものも無関係ではありません。
症状
本来は離れている組織が結合して腹部の内部の形態に異常が生じるため、腸管癒着症の症状は腹部の不快感や腹痛が代表的なものです。腸の通過障害に伴って吐き気や食欲不振なども生じ、さらに腸閉塞や腹膜炎を起こすと激しい腹痛・嘔吐や強い便秘が起こります。これらの症状は大腸がんなどでも起こるものなのできちんとした診断が怠れません。まずはレントゲンやCTなどの画像検査を行ないます。精神症状としては不安感、不眠、倦怠感などが現れます。
治療法
腸閉塞にならないまでも腸の通過障害を引き起こしている場合、その改善のために絶食と点滴が適用です。同時に繊維質や水分をきちんと摂ることを心がけるなど、食事内容の改善や便秘にならないような配慮も必要ですが、便秘がひどい場合には緩下薬や消化薬の使用を避けてはいけません。
また腸管癒着症で腸閉塞を繰り返したり、薬によるコントロールが難しい場合には腹腔鏡で癒着部分をはがす手術や腸管の一部を切除する場合があります。

直腸炎(ちょくちょうえん)

特徴
直腸炎とは直腸、すなわち肛門のすぐ内側の腸の粘膜の炎症のことです。直腸炎は病気や薬など様々な原因で発生します。直腸炎を起こす代表的な病気は潰瘍性大腸炎やクローン病といった腸の炎症の病気。これらの病気は症状が長く続くとがんにかかりやすいことが知られています。その他、性感染症やがん治療のための放射線治療で直腸炎が発生することも少なくありません。さらに薬やミルクアレルギーが原因となることもあるため注意が必要です。
症状
直腸炎の主な症状は下痢や血便、下血などです。また排便時に痛みを感じたり、便が溜まっていなくても頻繁に便意を感じることもあります。これに加え直腸炎の原因に関連した症状が現れる可能性も否定できません。直腸炎の原因が潰瘍性大腸炎やクローン病の場合は発熱したり貧血や体重が減少することもあり、性感染症などが原因の場合は肛門と直腸に激しい痛みを感じることも多いです。放射線治療が原因の場合は血液検査で異常が現れたり、免疫力が低下することもあります。
治療法
直腸炎の治療は原因となっている病気などに対する治療を行なうことが原則。潰瘍性大腸炎やクローン病など腸の炎症の病気が原因の場合は炎症を抑える薬や免疫をコントロールする薬などで治療を行ない、重症の場合は炎症の激しい部分を手術で切除することもあります。性感染症が原因の場合は病原体に対して抗生物質や抗ウイルス薬などを使って治療します。放射線治療が原因の場合は炎症を抑える薬や排便をコントロールする下痢止めなどを使うことも少なくありません。

ワイル病(わいるびょう)

特徴
ワイル病(黄疸出血性レプトスピラ病)とは病原性レプトスピラによる急性の熱性感染症で、届け出義務のある第四類感染症です。この菌を保有しているネズミ、犬、家畜などの尿が河川に入り、汚染された河川の水を消毒しないで直接体内に取り入れた場合に発症します。特に洪水のあとに注意が必要で、日本では1970年代前半までは年に50人以上の死者が出るほどの危険な病気でしたが、ワクチンの開発などにより患者数が減ってきました。
症状
レプトスピラ感染症の中でも最も重篤な病気で、感染後3~14日で高熱を発し、頭痛、筋肉痛や悪寒などインフルエンザに似た症状が現れますが、そのうちに黄疸、出血、タンパク尿などのより重い症状が現れ、死亡することもあります。感染初期の症状が典型的ではないため発見するのが難しく、重症化すると死亡率も20~30%にも達する危険な感染症として無視できません。現在はPCR法による遺伝子解析で正確な菌の同定が可能です。
治療法
ワイル病に感染して発症した場合には抗菌薬の早期の投与が効果的です。また、ワクチンが開発されているため予防効果が期待できます。この病気はその感染源の特徴から、牧畜業や農業に従事する人に危険性があり、ワクチン投与は主にこれらの人々に対してのもので一般の人には必要ありません。また、感染予防のためにワイル病の流行地域ではできる限り水に入らないことや、やむを得ず入る場合には長靴やゴム手袋の着用の徹底が必要です。