ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

赤ちゃん・子供への薬の飲ませ方

赤ちゃんや子供は苦い薬を嫌い、なかなか薬を飲んでくれず苦戦することもあります。そんなとき、上手く薬を飲ませるために、薬の種類によっていくつか飲ませる方法があります。

ここでは、赤ちゃんや子供に薬を飲ませるときに役立つ情報をご紹介します。

粉薬の飲ませ方

粉薬の飲ませ方

粉薬(散剤)には、粉、細粒、顆粒などがあります。

一般的に粉薬(散剤)は苦味があるものが多く、乳幼児に飲ませるのは大変です。子供の好みや成長に合わせて、飲ませる工夫をしましょう。

粉薬(散剤)の保管は、直射日光や湿気に弱いため日光の当たらない風通しの良い場所に乾燥剤を入れた容器に入れておきます。

薬をペースト状に練って飲ませる

粉薬1回分を小さな容器に移し、水かぬるま湯をスポイトやスプーンで加えながら、ペースト状になるまで練ります。

清潔な指で練った薬をすくい取って、ほおの内側か上あごに塗りつけます(舌の上は苦味を強く感じるため乗せないように気を付けましょう)。

口の中に薬が残らないように、水やぬるま湯を飲ませます。

食べ物に混ぜて飲ませる
ヨーグルト、ゼリー、ジャムなど、子供が好きな食べ物に混ぜて飲ませる方法もあります。この場合、子供が食べきれる量だけ取り分け、食べる直前に1回分の薬と混ぜ合わせます。
水などに溶かして飲ませる

服用の直前に飲みきれる量の水やぬるま湯に溶かして、シロップと同じように、スポイトやスプーンなどで飲ませます。

2歳前後になると水などで溶かさず直接、粉のまま飲める子供もいます。直接飲む場合は、粉薬を口に入れてから水やぬるま湯などで流し込みます。

薬と混ぜていいもの

水、ぬるま湯、乳幼児用電解質飲料、ヨーグルト、ゼリー、ジャム、ムース、プリン、アイスクリーム(問題はありませんが、体が冷えてしまうため注意が必要です)など。

また最近では、粉薬や錠剤、カプセル剤などを包み込んで、飲みやすくする服用ゼリー(生後7・8ヵ月頃から対象)も販売されています。

薬と混ぜていけないもの

育児用ミルク
苦い薬を混ぜることでミルク嫌いになる心配があります。
牛乳
一緒に飲むと薬の成分が吸収されにくくなることがあります。
グレープフルーツ
一緒に飲むと副作用を起こす薬があるため注意が必要です。
おかゆ、うどん
主食に苦い薬を混ぜることで嫌いになる心配があります。
熱い食べ物、飲み物
薬の成分が変質する可能性があります。