ホームメイト・リサーチ ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

病院・医院

病院・医院情報

「低体温」は危険だった!防寒対策を徹底する方法とは

寒風が体温を奪う、屋外労働は防寒を

防寒

ひどい吹雪に襲われた2人のきこりが、森の中の小屋に避難したが、現れた白装束の女に冷たい息を吹きかけられ、年取った茂作は凍死。若い巳之吉は、秘密を守る約束で命を助けてもらった。その後、結婚した巳之吉は妻のお雪に恐ろしい夜のことを話したところ、妻は雪女に変わり、霧のように消えてしまった。小泉八雲の「怪談」に出てくる「雪おんな」の話である。

ところが、雪女に事情を聴くと…。

「私は無実です。殺人なんかできるわけありません。茂作さんが死んだのは高齢のためで、巳之吉さんは夢を見ていたのです。」

事件を検証してみよう。まず茂作だけが凍死したのは「高齢のため」という点について。

高齢者は寒冷にさらされた時に皮膚の血管が収縮しにくく、熱が逃げやすい。加えて皮膚が寒さを感じにくいため保温を怠りがち。その結果、体温が低くなる。

また体温は主に肝臓と筋肉で作られるが、体温が下がると「震え(不随意な筋肉の収縮)」が始まり、安静時の約5倍の熱を出す。しかし、高齢者は震えの開始が遅く程度も小さいため、体温が上昇しない。

巳之吉が見た「白い煙のような息を吹きかけていた」という点は?

雪女は、凍死は「小屋のすき間風のせい」と主張。

冷たい風は、体のエネルギーをかなり奪う。零度の気温で、風が毎秒1メートル吹くと、体表面積1平方メートル当たり1時間で約300キロカロリーもの熱を奪ってしまう。

屋外の作業で風があると、想象以上に体温が下がる。労働省の通達では、10度以下の著しく寒冷な場所では、風が1秒当たり1メートルある場合、3度温度を下げて計算する。寒暖計で10度あっても、風がある場合は7度として、対策を取る必要があるのだ。

避難した小屋の温度は、当然10度以下だろうから事務所衛生基準規則に基づいて、暖房が必要だった。

体の内部の体温が35度未満になると「低体温」と呼ばれる。32度を下まわると、意識に混濁を生じ、27度で意識がなくなる。雪女を見たという巳之吉の話は、低体温による幻覚の可能性が指摘された。

この事件から得られる教訓は①高齢者は寒冷下で働くときには、保温性の高い服装で、休憩と暖を十分に取る②屋外労働では、気温だけではなく、風に注意。季節風の強い時の防寒はしっかり-ということである。

「これで私の無実がはっきりしたと思います。えっ、巳之吉と結婚したのに、どうして白くきらめく霧となって消えてしまったかって?雪女の秘密をばらすような、おしゃべり男は嫌いなのよ」(愛知医科大学客員教授・栄内科院長 労働衛生コンサルタント・山田 琢之)

ページ
トップへ
ページトップへ