ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

食道神経症


読み方

しょくどうしんけいしょう

特徴

食道神経症

食道神経症とは食道そのものは正常で病変はないものの、喉の奥に異物がある、飲み込みづらい、食べ物がつかえるなどの違和感をおぼえ、食道に病気があるのではないかと不安を感じる神経症の一種と言われています。別名「ヒステリー球」、「食道球(しょくどうきゅう)」、「咽(いん)喉頭(こうとう)違和感症(いわかんしょう)」とも言われています。女性の患者が多く、ストレス、自律神経失調症、情緒不安定などの心因性の運動障害や感覚障害が原因と考えられます。神経質な人によくみられ、中には検査をして病気がないことがはっきりすると治る人も見られます。胸、胃、心臓を精密検査などで検査し、疾患が隠れていないかどうかを調べます。異常がみられない場合は過敏になっている神経を落ち着かせるために、鎮静剤の投与など対症療法が行なわれますが、自律神経のバランスの崩れから食道の動きが悪くなっていることもあるため、食道の動きを良くする薬を使うこともあります。胃食道逆流症など他の疾患が隠れていることも多く、いたずらに精神的なものと決めつけてしまわず、専門医の診断を受けることが大切です。

症状

食道神経症の症状は食道自体に病変はみられないにもかかわらず、飲み込みづらさを感じたり、食べ物がつかえるような違和感を感じたり、喉の奥に異物があるような違和感を感じることです。ほとんどの場合で直接的な原因が見つからないため、検査をしても異常がない場合には「咽喉頭異常感症」という病名になります。心因的な原因がほとんどで女性の患者が多く、ストレスや不安、情緒不安定などが要因であるため、患者の不安が無くならない限り、例え薬を飲んだとしても治りません。

治療法

食道神経症は検査によって単なる喉の炎症や胃食道逆流症、甲状腺異常症、貧血などが見つかることがあり、その場合は症状に合った治療が必要になります。原因がストレスの場合は心理的な治療も考慮しなくてはなりません。ストレスや不安が大きい場合は食道にけいれんがみられることがあるため、抗不安薬や心理療法、カウンセリングなどを行なうことにより治します。なお、胃カメラで検査をして何も見つからなかった場合、食道神経症の症状が無くなってしまうのも食道神経症の特徴。そのため、胃カメラの検査で異常なしが判明すること自体も食道神経症の治療法のひとつと言えます。