ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

食道炎


読み方

しょくどうえん

特徴

食道炎

食道炎とは、なんらかの原因で食道粘膜が傷ついて炎症し、びらん(ただれ)が起きる状態を言います。食道炎には様々な原因があり、胃酸と消化酵素が胃から食道に逆流することで、食道粘膜を傷つける「逆流性(ぎゃくりゅうせい)食道炎(しょくどうえん)」や魚の骨などの異物が食道粘膜にささり、そのあとから細菌が入りカンジダ菌に感染するなどしておこる「感染性(かんせんせい)食道炎(しょくどうえん)」、酸やアルカリなどの液体を誤飲して起きる「腐食性(ふしょくせい)食道炎(しょくどうえん)」や抗生物質や消炎鎮痛薬などの錠剤が食道にとどまることで起こる「薬剤性(やくざいせい)食道炎(しょくどうえん)」などがあります。

食道炎のほとんどが「逆流性食道炎」と言われており、脂っこい物や、柑橘類や刺激物、アルコールを摂取したときに逆流を抑える下部食道括約筋が一時的にゆるみ、逆流を生じることがあります。

症状

日常的に起こる食道炎はほとんどが逆流性食道炎ですが、胃内容物が食道に逆流することで食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みを始めとする様々な症状が生じます。主な自覚症状は胸やけと呑酸(どんさん)。胸やけは夜間や空腹時に起こるのが特徴的で、心臓の病気のような胸の痛みを感じることもあります。その他の症状としては、喉の痛み・炎症、口内炎、咳込みや喘息、声のかれ、前胸部の違和感などですが、中にはまったく症状がない場合もあり、無症候性逆流性食道炎と呼ばれている病気です。

治療法

逆流性食道炎の治療は薬物療法が基本ですが、同時に生活指導も行なわれます。薬物療法で使用されている内服薬は、胃酸の分泌を抑える薬剤や食道・胃の粘膜を保護する薬剤、胃と食道にある食べ物を送り出す動きを亢進させる薬剤です。自覚症状が無くなってきて服用を止めてしまうと再発の可能性があるため、継続して服用することが重要。また、生活習慣の改善には食事の改善(油もの、甘いもの、アルコール、ブラックコーヒー、たばこなどはできるだけ避ける)をはじめ、食後すぐに横にならないことや、前かがみにならないなどの改善である程度の治療もできます。