施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

慢性呼吸不全


読み方

まんせいこきゅうふぜん

特徴

慢性呼吸不全

肺は、空気中から酸素を体内に取り込み、体内でつくられた二酸化炭素を吐き出す働きをしています。病気などによって肺の機能が十分に働かなくなり、血液中の酸素量が一定の基準より低下する状態を「呼吸不全」といいます。「慢性呼吸不全」とは、このような状態が1ヵ月以上続くことをいいます。原因として、喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺結核後遺症が多くを占めており、その他、間質性肺炎、肺がんなどがあります。また、加齢による肺機能の低下によって起こる場合もあります。

症状

慢性呼吸不全の症状は、平地を早足で移動する、階段を上るなどの軽い運動で息苦しさを感じるものから、着替えやトイレに行くだけで息切れがするといった重症のものまであります。その他、頻脈、肩を使う呼吸、口をすぼめるような呼吸などがあります。慢性呼吸不全は徐々に進行します。そのため呼吸の状態に慣れてしまったり、我慢をしてしまい、自覚症状が出にくいので注意が必要です。このような低酸素の状態が続くと心臓やその他臓器に負担をかけてしまいます。

治療法

慢性呼吸不全の治療法は、在宅酸素療法・換気補助療法・呼吸リハビリテーションの3つがあります。在宅酸素療法(HOT)は、自宅に設置している酸素供給器から細長いチューブを使って酸素を吸入する方法で、外出の際は携帯用の酸素ボンベを使うことが可能です。換気補助療法は、非侵襲的陽圧換気(NPPV)というマスクを介して人工呼吸器を使用し、呼吸を補助する方法。呼吸リハビリテーションは、運動療法や日常生活の指導、栄養指導など、様々なアプローチによって生活の質の改善を行ないます。