施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

急性心筋梗塞


読み方

きゅうせいしんきんこうそく

特徴

急性心筋梗塞

心筋梗塞とは、心臓を動かす血管である冠動脈が、動脈硬化にともない血管内の内側が狭くなって詰まってしまい、結果として心筋細胞が壊死する病気です。そのため、心臓の機能が著しく低下し、死亡してしまうこともあります。心筋梗塞は急に起こることがほとんどです。原因はずばり動脈硬化。やわらかくしなやかな血管が生活習慣の乱れによって固く詰まりやすくなってしまうのです。動脈硬化は、不摂生な食事、運動不足、喫煙、飲酒、過度なストレスなどによって大きく影響されることが分かっています。例えば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、過酸化脂質を増加させ、それらが血管の壁に付着して詰まらせたり、破れたりする原因になります。動脈硬化は年齢とともに進行するため、一種の老化とも言えますが、若いころからの生活習慣の見直しで予防することが大切です。

症状

急性心筋梗塞の主な症状は、胸部の激痛、締めつけ感、圧迫感、これらが30分以上続きます。呼吸困難、吐き気、冷や汗を伴う場合は重症であることが多いとされています。高齢者では、このような特徴的な胸部の痛みではなく、吐き気などの消化器症状で発症することもあります。また、高齢者や糖尿病を患っている場合は、無痛性のこともあります。

治療法

心筋梗塞の治療では、すぐに救急車を呼ぶことが救命に大きく貢献します。心筋梗塞で意識を失ってしまったような場合は、周囲の人がAED(自動体外式除細動器)を使用することによって救命率があがります。AEDとは体外から衝撃を与えて脈の乱れを治す装置で、近年では駅構内やコンビニの傍などにも備え付けられています。その後、呼吸をしていないようであればすぐに心臓マッサージを行なうことが必要です。また救急車内ではAEDの他に酸素吸入などの処置をします。病院到着後にカテーテルを使った「風船療法」またはステントによる治療法が行なわれることが一般的。どちらも詰まった血管を広げることが目的です。場合によっては、冠動脈バイパス術という外科的手術が行なわれることもあります。