施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

脳性麻痺


読み方

のうせいまひ

特徴

脳性麻痺

脳性麻痺とは、胎児がおなかにいるときから出生直後に、脳の「運動神経」が傷付き、自分の意思でからだを動かすことができなくなる状態を言います。年齢とともに進行する麻痺や一時的な麻痺、または発達が遅れているだけのものは脳性麻痺とは呼びません。また、胎児期や乳幼児期に発病した場合をいい、同じ症状、原因であっても成人している場合は、その原因に由来した病名で呼ばれます(脳梗塞など)。遺伝的要因や脳奇形、胎内での感染症、分娩時の仮死や低体重出生など原因は大変多くあります。現在の医学では、まったく障害がないようにすることはできません。そのため、障害があっても、運動や摂食、発語をうまくコントロールしていけるように訓練、治療をしていくことが必要です。筋肉の緊張に対する薬物治療や装具療法、変形に対する手術なども必要に応じ行なわれます。

症状

脳性麻痺の主な症状として、運動発達の遅れ、異常な姿勢、胸郭(きょうかく)が変形し関節が硬くなるなどがあります。生後6ヵ月ころまでには、首のすわりが遅い、哺乳が極端にへた、反り返りが強い、ハイハイや歩行ができないなどの症状があらわれます。それ以降になると、手足が動きにくく突っ張る、言語障害、視覚・認知障害などがあります。斜視を合併することもあります。

治療法

脳性麻痺そのものを治す方法がないため、リハビリテーションなどで症状の改善を図ることが大半。また、患者さんの症状に応じた特別な靴や椅子、杖、車椅子などを用意して運動機能をサポートすることも多いです。その他、必要に応じて呼吸を助ける人工呼吸器を使用したり、胃に小さな穴を開けて栄養や水分をとれるようにする胃ろうを作ることもあります。手足の緊張がある場合には、神経を落ち着かせる神経ブロック療法などが有効です。