施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

末梢神経障害


読み方

まっしょうしんけいしょうがい

特徴

末梢神経障害

末梢神経とは脳や脊髄以外の体の隅々まで行き届いている神経のことを言います。末梢神経には3種類あり、筋肉を動かす「運動神経」、温度の感覚や痛さ、触覚を伝える「感覚神経」、体の様々な組織や器官の働きを調節する「自律神経」があります。これらの神経に障害が起こることを「末梢神経障害」と言います。さらに末梢神経障害には、全身の末梢神経が障害を受ける「多発神経炎」と、ひとつの神経だけに障害がおこる「単神経炎」、単神経炎があちこちにおこる「多発性単神経炎」に分類されます。

末梢神経障害の特徴として、どの神経にも均等に障害が起こるのではなく、主に感覚のほうに障害が強い「感覚優位」、運動のほうに障害が強い「運動優位」があります。

症状

末梢神経障害の症状として、3種類の末梢神経のうち、「運動神経」に傷害がおこると、筋力が低下し手足の動きが悪化。「感覚神経」に障害がおこると、しびれや痛みがおこり、痛み・熱さ・冷たさなどの感覚が鈍くなってきます。「自律神経」の障害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。一般的には手足の先(末端)の方でより強く出たり、末梢神経が圧迫されやすい体の特定の部位のみに症状が起こることもあります。

運動神経障害
筋力の低下や、筋肉の委縮があります。
感覚神経障害
痛みやしびれ。また、熱さや冷たさ、痛みなどの感覚が鈍くなります。
自律神経障害
立ちくらみや、排尿障害、発汗異常などがあります。

抹消神経障害の症状はその原因によって様々で、全身の末梢神経に障害が起こることを「多発神経炎」、ひとつだけの神経に起こる障害を「単神経炎」と言います。また「単神経炎」が様々な部位で起こることを「多発性単神経炎」と言います。

治療法

末梢神経障害の治療では、神経障害の原因を取り除く原因療法と、症状を改善させる対症療法を同時に行なうことが多いです。原因療法によって障害の原因が取り除かれると、症状が改善して対症療法を行なわなくてもよくなくなることもあります。対症療法では、血流を良くしたり痛みやしびれを取り除く働きを持つ薬を処方されることが大半で、症状がある間は継続するので長期間になることが多いです。さらに、リハビリテーションで体の機能を維持したり、生活習慣を改善することが必要となることもあります。