施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

脊髄損傷


読み方

せきずいそんしょう

特徴

脊髄損傷

脊髄とは、筒状の太い神経で、脳から脊椎の中を通って長く伸びています。体を動かすための脳からの情報は、この脊髄を通って手足の筋肉に伝わります。神経細胞は一度傷つくと機能が低下してしまうので後遺症として残ることが大多数です。脊髄損傷の原因は、交通事故や高所からの転落、スポーツ事故などの外傷によるものが大半を占めています。外傷以外では、炎症、腫瘍、血管の異常など脊髄に関係した疾患があります。また、高齢の方々は骨粗鬆症で骨が弱ってきていることが多いので、尻もちなどちょっとした怪我でも用意に脊椎が骨折してしまい、その影響で脊髄損傷を引き起こすこともありえます。

症状

脊髄損傷の症状は、損傷の程度により2つに分けられます。

完全損傷
脊髄の神経細胞が完全に壊れた状態で、手足を動かすための脳からの命令や、手足で感じた感覚の情報などが脳へ届きません。それによって運動機能、感覚知覚機能が失われ、麻痺が生じます。そして、ときには痛みや異常な感覚を感じてしまうことがあります。
不完全損傷
完全損傷とは違い、脊髄の一部が損傷した場合を不完全損傷といいます。感覚知覚機能だけが残る場合や、ある程度の運動機能が残る場合など、様々です。受傷後、時間の経過とともに、本人の意思とは関係なく、動かせないはずの筋肉が突然こわばったり、けいれんを起こすことがあります。

治療法

脊髄損傷では、損傷した脊髄の神経細胞がこれ以上傷つかないようにしたり、リハビリテーションを安全に行なうために、背骨を固定する手術が行なわれることがあります。怪我をした直後にステロイド薬を投与されることもありますが、脊髄損傷自体を治癒する薬剤はありません。その他の薬物治療としては、脊髄損傷で固くなってしまった筋肉の緊張をほぐす薬剤が使用されたり、また、痛みを和らげるために痛み止めを使用することがあります。リハビリテーションが可能な状態になったら、動かせる筋肉や感覚を使って、損傷部位や程度、年齢や合併症などに応じた長期的なリハビリテーションを行ないます。