施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

あせも・花粉症など アレルギー科で受けられる診療


病院・医院の診療科目 アレルギー科
診療科目
アレルギー科

「アレルギー科」は、アレルギー物質により皮膚や目、耳、気管、気管支などに症状が出るアレルギー性疾患を、血液検査・皮膚反応試験・誘発試験の検査によりアレルギーを特定し治療します。

アレルギーの原因となる物質(抗原=アレルゲン)は、食品、薬剤、花粉、ダニ、ハウスダストなどです。これらの物質により、アレルギー反応が誘発され、粘膜や皮膚の腫れ、かゆみ、咳、くしゃみなどの症状が起こります。

近年では、先進国で患者が急増しており、日本における診療科目・標榜科のひとつとしてアレルギーを専門とする「アレルギー科」が認められた比較的新しい診療科です。

代表的な病気(病名)

あせも(あせも)

特徴
夏季での高温多湿や皮膚の圧迫などによって汗の出口がふさがれて皮膚が炎症を起こす病気です。
症状
皮膚が腫れてかゆみを伴います。ひどいときは、かゆみによって不眠や食欲不振を引き起こす恐れもあります。

アレルギー性結膜炎(あれるぎーせいけつまくえん)

特徴
花粉やハウスダスト、ペットの毛などのアレルギー反応で起きる結膜炎です。アトピー体質の人に多くかかりやすいようです。
症状
目がかゆくなる、目やにが出る、涙が止まらないなど、様々なアレルギー反応が起きます。鼻水やくしゃみが出ることもあります。

花粉症(かふんしょう)

特徴
体内の免疫機能が花粉に過剰反応して起こるアレルギー反応の一種です。
症状
くしゃみや鼻水が止まらず、目が充血してかゆみを覚える症状が出ます。

化粧品皮膚炎(けしょうひんひふえん)

特徴
化粧品など、直接肌に触れる物によって起きる皮膚炎です。
症状
手や頭、顔、首など、化粧品などが触れる箇所に湿疹が現れます。

虫刺され(むしさされ)

特徴
蚊やハチ、ノミなど虫に刺されたことで、皮膚に炎症を起こします。
症状
ハチなどは強い痛みがあり毒性が強いと死に至る場合もあります。蚊やノミなどは皮膚が赤く腫れかゆみを伴います。

上記の他の主な病気(病名)

関連お役立ちコンテンツ