施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

気胸・肺気腫など 呼吸器外科で受けられる診療


呼吸器外科
診療科目
呼吸器外科

「呼吸器外科」は、肺・気管支・縦隔など呼吸器の疾患に対して外科的な治療を行ないます。

主に、肺がんの治療が多く、内科的な治療を行なう「呼吸器科」と放射線治療を行なう「放射線科」と連携し早期発見・早期治療を行なっています。

呼吸器外科の治療対象となるのは、悪性肺腫瘍(原発性肺がん、転移性肺がんなど)、良性肺腫瘍(肺過誤腫、硬化性血管腫など)、縦隔腫瘍(胸腺腫、胚細胞性腫瘍、神経原性腫瘍など)、重症筋無力症、嚢胞性肺疾患(自然気胸、肺気腫など)などです。

気胸(ききょう)

特徴
肺を包む胸膜に穴があき、胸腔内に空気が溜まる病気です。激しい運動が原因とは限らず、就寝中に発病することもあります。
症状
突然、胸を刺すような痛みが走り、呼吸困難が生じます。進行すると、皮膚や粘膜が青紫色になる「チアノーゼ」を起こしたりショック状態に陥ることもあります。

肺気腫(はいきしゅ)

特徴
原因は不明ですが、肺胞が破壊され、呼吸困難を起こす慢性の病気です。主に喫煙歴の長い中高年の男性に見られます。
症状
発病しても目立った自覚症状は現れません。進行するにつれ、息切れがしやすくなります。