施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

胃潰瘍・水腎症など 小児外科で受けられる診療


小児外科
診療科目
小児外科

「小児外科」は、通常15歳までの子供の外科に関する疾患を扱います。また、小児外科的な疾患を持った成人、また小児外科で診療を受け、成人に達した方の診療も小児外科で治療を受けることができます。

子供は身体のあらゆる臓器機能の発育が未熟なため、手術には専門的な知識や技術が必要とされます。また手術という、子供にとっては大きな試練を無事に乗り切るための精神・心理的な援助も小児外科では重要とされています。

小児外科では、腹壁疾患(腹壁ヘルニア)や、消化器・呼吸器・悪性腫瘍などの多くの疾患に対する外科診療、また急性虫垂炎、腸重積症、異物誤飲といった救急疾患に対する診療も行なっています。

胃潰瘍(いかいよう)

特徴
胃液が胃の粘膜を消化し、粘膜より下層部に欠損が生じる病気です。薬剤やストレスが主な原因です。
症状
腹痛や吐血、胸やけ、げっぷなどが主な症状です。食欲不振に陥ることもあります。

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

特徴
直腸の粘膜がただれ、潰瘍などができる病気です。20代の発症が多く、難病とされています。
症状
炎症の広がり具合によって様々ですが、粘液や血が混じった便が出たり下痢になったりします。発熱を伴うこともあります。

水腎症(すいじんしょう)

特徴
尿路が圧迫・閉塞することで、腎盂や腎杯などに尿が溜まって膨張し、腎機能が低下する病気です。
症状
子供の場合は腹部が膨張します。大人の場合は腎臓が激しく痛み、嘔吐などが起きます。

大血管転位症(だいけっかんてんいしょう)

特徴
右心室から大動脈が出て、左心室から肺動脈が出るという、逆の動きをしたため、酸素の少ない血液が全身に回る病気です。
症状
皮膚や粘膜が青紫色になる「チアノーゼ」と心不全の症状になり、放っておくと数ヵ月で死亡してしまいます。

膀胱尿管逆流(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅう)

特徴
尿が尿管や腎盂に逆流する病気です。膀胱炎を繰り返す子供は特に注意が必要です。
症状
頻尿、排尿痛、尿の濁りなどが見られます。腎盂腎炎を併発すると発熱や腰痛があります。