施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

歯髄炎・ドライマウスなど 歯科で受けられる診療


歯科
診療科目
歯科

「歯科」は、歯と歯肉(歯ぐき)を中心とした疾患の治療を行ないます。上あご、下あご、あご関節までを対象範囲としています。

歯科では、虫歯治療や義歯(入れ歯)治療、インプラント(人工歯根)、歯並びの矯正、歯周病の予防・治療などを主に行なっています。

また、歯科関連の病院には診療領域によって「歯科病院」「歯科口腔外科病院」「矯正歯科病院」「小児歯科病院」の4つがあります。

関連お役立ちコンテンツ

歯髄炎(しずいえん)

特徴
歯髄炎とは、歯の内部(歯髄腔)にある神経と血管の部分が何らかの原因で炎症を起こしている状態をさします。引き起こされる主な原因としては3つ挙げられます。ひとつめは虫歯の進行に伴う細菌により引き起こされる生物学的な要因です。2つめは外傷や、激しいスポーツでの接触などによる外部からの刺激によって引き起こされる物理的な要因です。また、歯ぎしりや食いしばりなども同様の要因です。3つめは神経付近を治療した際に使用している薬剤や材料の刺激による化学的な要因です。
症状
歯髄炎には急性症状と慢性症状のふたつがあります。何もしなくても痛みが続くのが急性症状で、甘い物や酸っぱい物、冷たいものや熱いもの、歯を咬み合わせるなど、歯に刺激を与えることで痛みが増悪します。症状にもよりますが大人でも我慢できないぐらいズキズキと痛むこともあります。また、違和感や不快感を感じる程度で、刺激を与えないと何もしない状態では症状がないのが慢性症状です。急性症状が出たあと一時的に症状が消えても、慢性化しているだけの可能性もあるので注意が必要です。
治療法
歯髄炎の治療は軽度なものであるなら炎症を抑える薬剤を塗る、もしくは詰めることで炎症を緩和させます。歯髄を温存させるための歯髄温存療法を行なうこともあります。炎症が進行している場合は抜髄(ばつずい)をすることになります。抜髄とは歯髄を取り除く治療です。まず傷む箇所の歯を削り、歯髄腔や根管内の歯髄を除去します。その後歯髄腔や根管内の消毒や洗浄、拡大を行ない、キレイになったら薬剤を詰め、歯を補強してかぶせ物や詰め物を入れ治療を行ないます。

唾石症(だせきしょう)

特徴
唾石(だせき)症とは唾液腺疾患の中で最も多い病気です。唾液管や唾液腺の炎症により、唾液の中の石灰分が唾石となるために起きます。そのため唾液が唾液腺を上手に通過しなかったり、唾液の性状に変化が見られることもあります。特徴として挙げられるのは、唾液腺そのものが腫れるために唾液に障害が起き、痛みが出る点です。唾液腺は様々ありますが、唾石症は主に顎下腺に発症することが多め。唾石症を発症しやすい人の特徴は主に中年男性と言われています。
症状
唾石症の主な症状は食事のときに発生する口の中の突然の痛みです。石がまだ小さいうちは唾液の分泌がしづらいという症状だけにとどまりますが、石が大きくなると唾液腺の排出管をふさいでしまいます。すると唾液すら排出できなくなり、ひどい場合には舌が動かせなくなることも。ものを食べようとしたり、食べている最中に顎下腺が腫れて激しい痛みに変わる場合もあります。腫れも痛みもしばらくすれば和らぐため、治ったと思う人もいますが完治ではありませんので注意が必要です。
治療法
唾石症は石の大きさにより治療法も様々。石が小さい場合は唾液腺をマッサージすることで石が排出されたケースがあります。マッサージで排出されなかったり石が大きい場合は外科的手術が必要です。手術方法は石ができた位置により異なり、排出管の入口にある場合は口内から唾石腺を切開し、排出管の奥にある場合は顎の下を切開。唾石腺の中でも最も分泌量が多い耳下腺はあえて何をしなくても自然と石が排出されることがあり、抗生剤を投与しての経過観察となります。

ドライマウス(どらいまうす)

特徴
ドライマウスとは、なんらかの原因で唾液の分泌が低下することで継続的に口の中が乾く症状のことです。唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺の大唾液腺から主に分泌され、成人では1日約1.5ℓ分泌されます。唾液には口腔内の洗浄作用、潤滑作用、抗菌作用、緩衝作用などがあり、非常に重要な役割を果たしていますが、半分程度の分泌量になるとドライマウスを自覚するようになり、様々な問題が起こると報告されています。原因は全身性の病気、神経性の要因、薬剤による要因、加齢による要因があります。全身性の病気では糖尿病、腎障害、唾液腺疾患、シェーグレン症候群などが挙げられ、神経性の要因ではストレスなど、薬剤による要因では降圧剤などが原因となり唾液の分泌が抑えられます。
症状
ドライマウスの症状としてはもちろん口の渇き(口渇)なのですが、それに伴い唾液による洗浄作用が低下し、口腔内が不潔になります。口内炎の多発や虫歯、歯周病の悪化、口臭、摂食嚥下障害などの原因になります。糖尿病が原因の場合、口渇はある程度症状が進行してから出る症状のため、その他にも神経障害や腎機能障害が起こっている可能性が高いことが考えられます。涙や唾液の分泌が阻害される自己免疫疾患のシェーグレン症候群の症状は、強い口渇に伴う口内炎、味覚変化、虫歯の多発が特徴です。また、口呼吸によっても口渇が起こり、口腔内に問題が起こりやすくなります。
治療法
ドライマウスの治療は、糖尿病など原因が明らかな場合は原因除去療法を行ないます。それ以外の場合は対症療法が主な治療法となります。例えば、口腔乾燥を引き起こしにくい薬物への変更、口が乾いたら水を飲む、ガムなどの唾液分泌を促進する食品を噛む、唾液腺のマッサージを行ない唾液の分泌を促す、スプレーやジェルの人工唾液の使用などが効果的です。また、ストレスを発散できるような生活習慣の改善や、固い食品を良く噛んで唾液を分泌させるような日常生活の工夫も必要になってきます。