施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

細菌性肺炎・塵肺など 呼吸器内科で受けられる診療


呼吸器内科
診療科目
呼吸器内科

「呼吸器内科」は、気管や肺、肺を包む胸郭や胸膜など呼吸器にかかわる病気を扱います。

具体的には、風邪をはじめ、インフルエンザ、気管支炎、気胸、肺がん、肺炎、肺結核、肺気腫、花粉症などのアレルギー性疾患などを主に内科的な治療をします。

また、治療においては、外科的な治療を行なう「呼吸器外科」や放射線治療を行なう「放射線科」と連携します。

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)

特徴
肺に送られてきた酸素と、血液中の二酸化炭素を交換することができずに起きる肺炎です。
症状
呼吸困難、微熱、咳、さらには全身に倦怠感を感じます。急速に呼吸不全を起こす場合もあります。

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)

特徴
クラミジアという微生物病原菌によって起こる肺炎です。
症状
咳、痰、呼吸困難など、細菌性肺炎に似た症状が出ます。

細菌性肺炎(さいきんせいはいえん)

特徴
細菌を原因とする肺炎の総称です。肺炎球菌によるものが最も多く、インフルエンザ菌や黄色ブドウ球菌によるものもあります。
症状
咳、膿性の痰、発熱などが見られます。強い喘鳴、高熱、強度の呼吸困難、皮膚や粘膜が青紫色になる「チアノーゼ」が現れると非常に危険です。

塵肺(じんぱい)

特徴
粉じんが肺に溜まって起きる肺の病気です。長年にわたって蓄積されると、肺の組織が線維化し肺機能に異常を来します。
症状
粉じんを吸い始めてから発症するまで数年以上かかります。自覚症状がなく、咳や痰が出た頃にはかなり進行している状態です。

肺気腫(はいきしゅ)

特徴
原因は不明ですが、肺胞が破壊され、呼吸困難を起こす慢性の病気です。主に喫煙歴の長い中高年の男性に見られます。
症状
発病しても目立った自覚症状は現れません。進行するにつれ、息切れがしやすくなります。

肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)

特徴
肺動脈内の血圧が高くなる病気です。発病すると5年以内に死亡するケースがほとんどです。
症状
運動時に呼吸困難や疲れが出て、咳、めまい、喀血、皮膚や粘膜が青紫色になる「チアノーゼ」なども見られるようになります。

肺真菌症(はいしんきんしょう)

特徴
カビの一種である真菌が肺に感染する病気です。発病の原因となるカビは20種程あります。
症状
主に発熱、咳、痰、呼吸困難などですが、感染した細菌の種類によって様々な症状が現れます。

肺水腫(はいすいしゅ)

特徴
肺の毛細血管内の液体成分が血管からにじみ出て肺胞に溜まり、肺が水浸しになる病気です。
症状
初期は血圧上昇や脈拍増加、胸部圧迫感など。やがて息切れ、夜間に呼吸困難が生じます。尿量が減少し、意識障害まで発展することもあります。

肺性心(はいせいしん)

特徴
呼吸器や肺の病気が原因で、右心室が肥大する病気です。急性疾患と慢性疾患があります。
症状
急性疾患の場合は胸痛、呼吸困難、血痰などで、慢性疾患の場合は息切れやむくみなどが現れます。