施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

細菌性肺炎・塵肺など 呼吸器内科で受けられる診療


呼吸器内科
診療科目
呼吸器内科

「呼吸器内科」は、気管や肺、肺を包む胸郭や胸膜など呼吸器にかかわる病気を扱います。

具体的には、風邪をはじめ、インフルエンザ、気管支炎、気胸、肺がん、肺炎、肺結核、肺気腫、花粉症などのアレルギー性疾患などを主に内科的な治療をします。

また、治療においては、外科的な治療を行なう「呼吸器外科」や放射線治療を行なう「放射線科」と連携します。

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)

特徴
間質性肺炎とは、肺の間質に起こる肺炎のこと。肺には実質と間質があり、実際にガス交換する場所を実質と言い、間質は実質を結合組織などによって形成している部分です。実際の肺実質の炎症では無いため、すぐには気づかないことも少なくありません。徐々に進行すると、間質が破壊され肺の構造が障害されます。息苦しさや不調がはっきりしてきて、ようやく受診することもしばしば。原因として、膠原病や粉塵によるもの、アレルギー性のもの、抗がん剤や放射線治療によるものなども珍しくありません。日本では、肺線維症が原因のことも多く、その肺線維症の原因は喫煙が多いことも特徴的です。
症状
間質性肺炎の初期症状として、少し疲れやすいなと感じ、徐々に空咳が目立つようになり、肺組織が破壊されてきてガス交換がうまくいかなくなるとさらに息苦しく感じるようになります。症状の進行がゆっくりであるため、なかなか早期発見につながりません。そして、体動時の息苦しさだけであったものが、日常生活動作の中でも苦しいと感じるようになるため注意が必要です。医療機関を受診すると、レントゲン検査や血液検査(KL-6という検査項目が特徴的)によって診断されます。
治療法
間質性肺炎の治療は、その間質性肺炎を起こした原因によって変わってきます。たとえば、膠原病による間質性肺炎であればステロイド剤や免疫抑制剤を使用し、アレルギー性のものであれば、そのアレルゲンから離す、アレルゲンに触れない環境にすることが最も重要となる治療法です。ただ、間質性肺炎の完治は難しいこともままあり、機能する肺実質が少ないまま生活せざるを得ないことも少なくありません。そのようなときは、在宅酸素などで呼吸苦を軽減することになります。

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)

特徴
クラミジア肺炎とは、クラミジアという細菌の感染により引き起こされる肺炎です。クラミジア肺炎は、肺炎球菌、マイコプラズマ菌、レジオネラ菌とともに四大重症市中肺炎とされる重要な病気で、クラミジアトラコマテイスとクラミジアニューモニエという2種類の菌が原因菌。前者の感染は、母親から分娩時に新生児に起こる一方、後者の感染は、全年齢の人で発症する飛沫感染で、5類基幹定点把握感染症に指定されていて、保健所への届け出が義務化されています。
症状
クラミジア肺炎の中のクラミジアトラコマテイス肺炎では、乳児に、結膜炎、鼻炎、咳、呼吸困難が現れ、呼吸時の喘息のような「ヒューヒュー音」が現れるのが特徴的です。クラミジアニューモニエ肺炎では、のどの痛み、声がれ、鼻水、鼻詰まりなどの風邪に似た症状で熱はあまり上がらないものの、咳が長引く、呼吸困難が起きる点などでマイコプラズマ肺炎に似た症状が続きます。このように、この肺炎に典型的な症状が無いため、確定診断は、遺伝子検査(PCR法)や病原体の同定によって行なわなくてはなりません。
治療法
クラミジア肺炎のこれら2つのタイプともに抗生物質が有効ですが、クラミジアトラコマテイス肺炎では、エリスロマイシンが投与され、クラミジアニューモニエ肺炎の治療薬は、テロラサイクリン系を始めとした抗生物質の内服や点滴静注が行なわれます。2001年に、老人保健施設で、死亡例を含むクラミジアニューモニエ肺炎の集団感染が起きたことがあり、このような施設での集団感染には注意をしておくべきです。なお、肺炎球菌のようなワクチンはいまだ開発されていません。

細菌性肺炎(さいきんせいはいえん)

特徴
細菌性肺炎とは、肺に細菌が感染して起こる病気で、病院外で発症する市中肺炎と病院内で発生する院内肺炎があります。細菌性肺炎の発症には多くの細菌が関与しており、主な原因菌は、肺炎球菌、マイコプラズマ菌、レジオネラ菌、クラミジア菌、インフルエンザ菌、クラミドフィラ菌、肺炎桿菌などです。これらの細菌が体内に入ってきても健康な人では免疫により排除できますが、病気で免疫力が低下している人、あるいは、たまたま免疫力が大きく低下している人はこれらの細菌に対して抵抗力がありません。
症状
細菌性肺炎の初期症状は、一般的な風邪に伴う咽頭炎や気管支炎に似ていて、発熱、声がれ、のどの痛み、咳、痰です。風邪との違いは、胸の痛みと高熱、及び呼吸困難ですが、高齢者では、はっきりとした症状が現れないこともあります。症状の重篤化は、呼吸困難がひどくなり、肺への酸素供給不足からチアノーゼ(皮膚が青黒く変色する)や意識障害が現れることから判断。原因菌の確定のために、痰の培養試験や遺伝子検査が行なわれ、炎症の度合いによって肺炎の重症度を測るような指標も作成済みです。
治療法
細菌性肺炎は、原因菌が同定されてその菌を殺す的確な抗生物質が投与されれば、通常は完治する感染症です。抗生物質としては、基礎疾患、特に呼吸器疾患の有無、年齢、外来か入院かなどに応じて、それぞれ異なる種類の薬剤を、異なる量投与し、対症療法として、症状に応じて、消炎鎮痛剤、解熱剤、去痰剤、気管支拡張剤などの薬剤による対症療法や酸素吸入が必要となります。平成26年から、肺炎球菌に対するワクチンが定期接種となったため、高齢者はワクチン接種が欠かせません。

塵肺(じんぱい)

特徴
塵肺とは、細かい土埃や金属の粉、鉱物の粒子などを大量に長期間吸い込むことで発症する肺の病気です。取り込まれた有害物質によって肺の組織が長期的に障害を受け、がんを発症することも少なくありません。鉱山や建築現場、工事などの作業に関連して生じることが多いので、職業性肺疾患としても知られています。退職や転職で原因物質に接することがなくなっても塵肺の症状は進行するので、長期的なケアが必要な病気です。塵肺を引き起こす物質としてはアスベストが有名ですが、他にもシリカ、アルミニウム、セメント、黒鉛など様々な物質が塵肺の原因となります。
症状
粉塵を吸入しても、すぐに症状は現れません。有害物質を吸い込み始めてから数年、あるいは数十年たってから発症。初期症状は咳、痰、息切れなどで、その他、胸の痛みや体重減少、指先が太鼓のバチのようになる「バチ指」という症状などが認められることもあります。また、塵肺の患者さんは肺の機能が全般的に低下していることが多いので、肺炎などにかかりやすいです。また、気管支の病気やがんを発症することも珍しくありません。
治療法
塵肺は発症すると根本的に治すことが難しいため、症状を和らげる治療や合併症の治療が中心。咳や痰に対しては、咳を抑える薬や痰を出しやすくする薬が使われることが多いです。また、気管支を広げる働きのある薬や炎症などを抑えるステロイドが処方されることもあります。酸素を十分に吸えない場合には、酸素吸入療法も必要となり、呼吸筋をきたえるリハビリテーションを行なうことも少なくありません。そして、肺炎を予防するためにインフルエンザや肺炎球菌のワクチンを接種することも大切です。がんを発症している場合には、手術や抗がん剤治療、放射線治療などを行ないます。

肺気腫(はいきしゅ)

特徴
肺気腫とは、肺胞の仕切りの壁が壊されて肺胞同士が結合してしまい、肺胞の働きである酸素の取り込みが十分に行なえなくなる病気です。慢性気管支炎を併発することが多いため、肺気腫と慢性気管支炎を合わせた病名として慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。肺気腫の患者の大半が喫煙者であるため、肺気腫と喫煙との関係は否定できません。肺気腫は徐々に進行して、最終的には酸素ボンベからの酸素吸入が必要になり、QOLの低下が顕著です。
症状
肺気腫の症状は、慢性的な咳や痰、息切れ、呼吸困難などで、悪化するにつれて、肺が膨張してくるため、息苦しさが増し、心臓も圧迫されてむくみや息切れなどの症状が加算されます。肺気腫になると、息を吐いたときに肺に空気が残るため、1秒間に吐き出す息の量をもとにCOPDの重症度をI期からIV期までに分けて判断する基準が作成済みです。肺気腫に感染症を伴って急性症状が出たときや心臓への影響が増悪して症状が急変したときなどには、緊急に対応しなければなりません。
治療法
一度壊れた肺胞は再生しないため、肺気腫の治療は現在の状態をなるべく長く維持して悪化の速度を遅くすることに重点が置かれます。禁煙は言わずもがなですが、呼吸状態の悪化に対する対症療法として、気管支を広げる作用のある抗コリン剤、β遮断剤、あるいは両方の薬剤の混合薬、ステロイド配合薬、及び去痰剤が有効です。強い呼吸困難には、抗生物質や利尿剤の投与も行なわれますが、最終的には、在宅酸素法として、在宅で酸素ボンベから酸素を補給する治療を覚悟しなければなりません。

肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)

特徴
肺高血圧症とは、肺の中を流れる動脈にかかる圧力が高くなっている状態の総称です。肺高血圧症は、肺を流れる血管が細くなるために発症します。血管が細くなる原因は、膠原病や心臓の病気、HIV感染症など様々。脚の血管などでできた血の塊が流れてきて肺動脈を塞ぐために生じることもありますが、一方で、原因が分からないケースも多いです。無治療のまま放置すると死に至ることも少なくありません。また、あらゆる年代で発症する可能性がありますが。患者さんの多くは20~30歳代の若い女性であると言われています。
症状
肺高血圧症になっても、初期にはほとんど症状がなく、症状が進んでくると、日常生活のちょっとした動作をしただけで息切れをしたりすぐ疲れるようになります。また、咳が出る、血の混ざった痰が出る、胸に痛みを感じる、体がだるくなる、めまい、失神などがあらわれる場合も少なくありません。皮膚や粘膜が青紫になるチアノーゼという症状があらわれることもしばしば。その他、疲れからうつのような症状があらわれる可能性もあります。
治療法
肺高血圧症の原因が膠原病やHIV感染症などの場合は、まず原因となっている病気の治療を行なって症状の改善を目指します。血の塊が肺動脈を塞いでいる場合には、これを取り除く手術などを行なうと症状が改善することが多いです。原因が明らかでない場合には、肺の血管を広げる働きのある薬を使っての治療が必要。息切れが強い場合には、酸素吸入が必要となるケースも少なくありません。このような治療で十分な効果が得られず症状が進行する場合には、肺移植が検討されることもあります。

肺真菌症(はいしんきんしょう)

特徴
肺真菌症とは、カビの一種である真菌を吸い込んで、それが肺の中で増殖して起こる感染症です。日常生活の中でカビを吸い込む機会は多々ありますが、健康な人では免疫作用ですぐに排除することができます。しかし、種々の病気で免疫細胞(白血球)が減っていたり、抵抗力が極端に落ちていたりするときに真菌に感染すると発症します。原因となる真菌は、アスペルギルス菌、カンジタ菌、クリプトコッカス菌、ムコール菌などです。
症状
細菌性の肺炎に似た、咳、痰、発熱、呼吸困難などが主症状で、症状だけから肺真菌症と診断するのは困難です。アスペルギルス感染症では、上記の症状に加えて、胸痛や血痰などの重い症状を伴い、急速に悪化して呼吸不全に陥る死に至ることもあります。クリプトコッカス感染症は、アスペルギルス感染症より症状が軽く、無症状の場合も多くありますが、HIVに感染していると菌が全身に回って、発熱、頭痛、嘔吐などの症状が現れる脳髄膜炎を起こすので軽視できません。血液検査や痰の培養試験を行なって確定診断がされます。
治療法
肺真菌症の治療薬は抗真菌薬ですが、アスペルギルス感染で感染巣ができた場合には、これを取り除く手術を行なうこともあります。健康人でもかかるクリプトコッカス感染症は、通常は自然治癒するので特別の治療は必要ありませんが、大量のステロイドを使用中の人、白血病、HIV感染者などで免疫力が極端に低下している人では、重い肺症状を引き起こすことがあり、感染予防と感染した場合には早期の治療が欠かせません。肺真菌症を引き起こす可能性のある菌は至るところに生息しているので、抵抗力の落ちている人は、なるべく埃の多い場所を避けた方が無難です。

肺水腫(はいすいしゅ)

特徴
肺水腫とは、毛細血管でおおわれ、空気をため込む肺胞と呼ばれる組織に肺胞を囲む毛細血管から血液中の液体が滲みだしてくる病気で、放置しておくと肺胞中にだんだんと液体が溜まって酸素吸収が阻害されてきます。肺水腫の種類は、心臓に原因を持つ心原性肺水腫または急性左心不全と呼ばれるものと、肺炎や敗血症など心臓以外に原因のある非心原性肺水腫の2種類。前者の原因となる病気に心臓弁膜症や心筋梗塞があり、後者の原因は、一部の薬剤によって引き起こされる肺水腫です。
症状
肺水腫の症状は、海で溺れたときのような状態になるため低酸素状態による呼吸困難が主ですが、それに加えて、咳や痰が出る、呼吸や脈が速くなるなどです。心原性肺水腫では、軽い運動での息切れから、横になると息苦しくなる、寝ていて息苦しくなって起きる、ピンク色の泡状の痰が出るなどと症状が進行して行きます。悪化するとチアノーゼを呈したり、血圧低下、意識障害を起こすことがあるため安心してはいられません。X線透視に合わせた血中酸素濃度を測定して確定診断が完了です。
治療法
肺水腫の治療は、まず、肺胞に溜まった水分を排出させるための薬物療法としての利尿剤の投与です。心原性肺水腫の場合には、心臓の機能を回復させるための強心剤も必要となりますが、これは、高齢者に多い拡張不全型の心不全には効果が認められていません。また、呼吸困難の改善には、人工呼吸療法であるNPPV(非侵襲的陽圧換気)が有効で、気管を切開してガスを送り込む方法と、マスクを通してガスを送る2通りの方法があります。非心原性肺水腫で感染症が疑われる場合には、抗生物質や抗炎症薬の投与で治療可能です。

肺性心(はいせいしん)

特徴
肺性心とは、右室拡大が生じるという疾患のことで、肺や心臓から肺へいく血管(肺動脈)の障害がまずあり、心臓から肺への血液がスムーズに流れないことで心臓の右心室に血液がたまってしまうものです。ポイントは、心臓そのものの異常ではなく、肺や肺動脈の異常によって血液循環が滞った結果おこる右室拡大ということ。治療が奏功せず、そのままの状態が続くと右室の負荷が続いて右心不全となりかねません。原因疾患としては、慢性閉塞性肺疾患によるものが最も多く、他に人工呼吸管理などによる肺水腫、肺塞栓症などが考えられます。
症状
基礎疾患の慢性化や急性憎悪により、肺性心が生じて右室圧が上昇してくるとうっ血による症状が見られ始めます。肺性心は急激に症状が出ることもありますが、多くははじめから目立った症状はみられません。右室に血液が溜まるため、心臓収縮期において胸骨の左縁が膨隆してきたり、心臓の音に雑音が混ざってくるなどが主な症状です。このような症状は医療者でないと分かりづらいですが、症状が進んでくると頸静脈が膨らんできたり、下肢がむくんできたりします。息苦しさや息切れが出てきますが、もともと呼吸器疾患をもっていると変化に気付くことは容易ではありません。むくんできているかどうかというのが、分かりやすい症状です。
治療法
肺性心の治療で大事なことは、優先するのは原疾患の治療であるということです。肺性心を起こすほどの疾患の治療は困難ですが、原疾患の慢性閉塞性肺疾患などの治療が進むことで肺性心は改善されていきます。通常の心不全治療に行なう治療も、肺疾患に対しては悪影響であることもあり慎重に進めなければなりません。心不全に関して行なう利尿剤なども、状況によっては有害。また、右室負荷は早期に改善しないと不可逆的となり右心不全が改善しないことがあるので、早期発見・早期治療が重要になってきます。