施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

外反母趾など 整形外科で受けられる診療


整形外科

「整形外科」は、外科の一分科でせき柱(首、腰)、四肢(肩、腕、手、太腿や足)と運動器官に関する疾患を扱います。

捻挫(ねんざ)・骨折・打撲などの外傷、肩こり、腰痛、手足の関節痛、神経痛、痛み、しびれなど人間が歩く、座るなどの日常運動をする上で支障となる疾患を治療します。病状の原因が神経にある場合は、「神経内科」で治療します。

整形外科の治療方法には、手術による外科的療法とギプス固定やリハビリにより機能の回復を促す保存的療法の2つに大別されます。また、リウマチや神経痛などの痛みに対する治療も行なっています。

外反母趾(がいはんぼし)

特徴
ハイヒールで長時間立った状態でいたりして、足の親指が小指の方向に曲がるもので女性特有の病気です。
症状
炎症を起こして靴が履けない程の痛みを伴ったり、変形が進むと手術が必要になったりします。

ガングリオン(がんぐりおん)

特徴
袋状の硬いこぶが、手首や関節にできますが、悪性ではありません。若い女性に多く発生します。
症状
普通は数センチ程度のこぶができます。痛みはなく、こぶの中にはゼリー状の液体が入っています。

筋緊張性ジストロフィー(きんきんちょうせいじすとろふぃー)

特徴
染色体に異常がある、遺伝性の病気です。中年以後の発症が多く、進行は緩やかです。
症状
手や顔、舌の筋肉が硬直し始め、次第に手足の筋肉が動きにくくなります。様々な臓器に障害が起きます。

キーンベック病(きーんべっくびょう)

特徴
工務店や自動車修理工場で働く人に多く発症します。手と腕の関節部分の血行が悪くなることで発生します。
症状
動かすと痛みます。通常はギブスで固定しますが、ひどくなると手術が必要です。

結核性関節炎(けっかくせいかんせつえん)

特徴
結核菌が血液で運ばれ、関節に感染して起きる病気です。老人に発症することが多いようです。
症状
関節が腫れて痛み、短期間発熱があります。その後、関節の動きが悪くなり、周りの筋肉が委縮してしまいます。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

特徴
骨に含まれるカルシウムの量が減少し、骨の中の構造が変わってもろくなる病気です。
症状
転倒しただけで骨折しやすくなります。また重い物を持っただけで脊柱が変形して身長が縮んだり、歩行姿勢も変わってしまいます。

骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)

特徴
10代の若者に多い病気です。骨の一部が膨らみ、良性の腫瘍ができます。
症状
ほとんど自覚症状はありませんが、痛みを伴ったり四肢が動きにくくなることもあり、そのときは手術の必要があります。

ダンピング症候群(だんぴんぐしょうこうぐん)

特徴
胃を切除したのち、胃の貯蓄機能が下がり、食物が急速に小腸に落ちていくために起きます。
症状
食後、数十分から数時間で吐き気や嘔吐、めまい、下痢、発汗、動悸などが出ます。

通風(つうふう)

特徴
体の新陳代謝が行なわれるときに作られる尿酸が体内に溜まってナトリウムと結晶化することで関節などを刺激する病気です。
症状
足首や足の親指の付け根に激しい痛みを感じて赤く腫れ上がり、ひどいと歩行も困難になります。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)

特徴
長年にわたって使われている関節が老化し、その部位に自然と骨が増殖することで起きる病気です。
症状
発症部位により異なります。主な症状は膝関節、股関節、肘関節が痛んだり、思うように動かなくなります。