施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

外反母趾など 整形外科で受けられる診療


整形外科
診療科目
整形外科

「整形外科」は、外科の一分科でせき柱(首、腰)、四肢(肩、腕、手、太腿や足)と運動器官に関する疾患を扱います。

捻挫(ねんざ)・骨折・打撲などの外傷、肩こり、腰痛、手足の関節痛、神経痛、痛み、しびれなど人間が歩く、座るなどの日常運動をする上で支障となる疾患を治療します。病状の原因が神経にある場合は、「神経内科」で治療します。

整形外科の治療方法には、手術による外科的療法とギプス固定やリハビリにより機能の回復を促す保存的療法の2つに大別されます。また、リウマチや神経痛などの痛みに対する治療も行なっています。

外反母趾(がいはんぼし)

特徴
外反母趾とは、足の親指(母趾)が第2趾の方である外側に曲がり、母趾の付け根の関節部分が内側に飛び出す変形のことであり、症状がない人もいれば痛みのために思うような靴が履けなくなって日常生活にも影響を及ぼすことにもなる病気です。外反母趾の発症には、履物や加齢、生まれつきの素因などが関与しています。中でもつま先の細い靴やハイヒールのような靴を履く習慣のある女性に多くみられます。ハイヒールでの歩行は本来の踵接地でなくつま先の方を地面に着けて歩くことになるため、母趾の付け根に力がかかることで外反母趾を発症させることになります。さらに幅が狭いことで母趾の飛び出した内側部分を圧迫してしまい、痛みを増強させてしまうことになります。また、足趾の筋肉の力の低下によってもともとあるべきはずの縦・横のアーチが低下することで足の甲がひろがること(開帳足)なども原因となり、人によっては生まれつきの足趾の形や偏平足気味で発症することも少なくありません。
症状
外反母趾では母趾が付け根から曲がってくるため、付け根が内側に突き出た形になり、ここが靴に当たって炎症を起こすことで痛みを生じます。また、足の裏にタコ(胼胝)ができたり、他趾を押すことで他趾にも変形や痛みを生じるようになります。これらの痛みのせいで異常な歩行姿勢になり、足から膝や腰までの色々な部位に負担がかかって筋肉痛や関節痛になることもしばしば。悪化すると足趾の関節を支えるじん帯が伸びて骨が外れる(脱臼)こともあり、こうなると素足でいても痛みを感じざるを得ません。
治療法
外反母趾がまだ初期の場合の注意点は、ハイヒールを止めて自分の足の形に合った歩きやすい靴に代えたり、正しい歩き方を心がけることです。曲がった母趾をもとに戻すようなストレッチ体操や、足底アーチを保つためのを足趾の体操を継続的に行なうことで初期症状を軽減することができます。また、母趾と第2趾の間に外反母趾矯正用装具をはめることで、物理的な矯正が可能となることもあります。次の段階では足底アーチをサポートするインソールの使用が効果的です。インソールは病院の他専門店での作製が可能です。骨の変形がさらに進行し、これらの方法で痛みが軽減しない場合には変形を強制する手術の適応となります。

ガングリオン(がんぐりおん)

特徴
ガングリオンとは手や足などの関節周辺にできやすい腫瘤のこと。比較的若年層の女性に多く見られる傾向にありますが、どなたにでも発生します。手の甲や手の平の指の付け根などにできやすく、腫瘤の硬さや大きさなども人によって異なります。悪性の腫瘍であるがんとは違い、良性の腫瘤なので浸潤や転移の心配はありません。また痛みもなく、腫瘤ができているだけであれば放置していても差し支えないことも特徴です。手を良く使うかどうかにかかわらず発生することがあります。
症状
ガングリオンは米粒くらいのものからピンポン玉くらいのものまで大きさは様々。袋の中はゼリー状の液体で痛みを伴わないことがほとんどですが、違和感があったり、関節を圧迫したり近くにある神経を圧迫することで痛みやしびれを出すことがあります。中は液状のため大きくなったり小さいままだったり、気付かないこともあります。発生場所は手指や手首が多いことが知られていますが、関節を包む袋や腱を包む鞘など体中の関節の周りにできる腫瘤です。
治療法
ガングリオンは腫瘤のみで痛みがなければ治療を必要とするものではありません。しかし強い痛みが生じるもの、だんだんと大きくなっていくもの、神経が圧迫される症状のある場合は治療が必要となりますので整形外科を受診しましょう。治療はガングリオンに直接注射針を刺し中の物をとってもらう方法や、腫瘤を押しつぶして袋を破いて内容物を出す方法などです。再発を繰り返したり神経圧迫による神経麻痺がある場合には手術により摘出することもあります。

筋緊張性ジストロフィー(きんきんちょうせいじすとろふぃー)

特徴
筋緊張性ジストロフィーとは筋強直や筋萎縮、及び様々な臓器に障害を引き起こす病気です。現在は「筋強直性ジストロフィー」という病名で呼ばれています。染色体に異常がある遺伝性の病気で親から子へ病気が伝わる確率は50%です。親世代の患者よりも子ども世代の患者の方が重症な場合が多いという特徴があります。発症年齢や重症度は個人差が大きく、中年以降の発症が多いですが子どものときに発症する人もいます。病状の進行は急激ではありません。
症状
筋緊張性ジストロフィー(筋強直性ジストロフィー)の症状では、手や顔、舌の筋肉が硬直し始め、手を強く握ったあとに筋肉が硬直しやすいなど、次第に手足の筋肉が動きにくくなります。筋力低下とともに白内障や網膜変性症、呼吸器障害、高脂血症など、様々な臓器に障害が起きやすくなるのが特徴です。また、過剰な眠気が起こることが多い他、呼吸不全や肺炎、不整脈、良性腫瘍、悪性腫瘍などの合併症を併発しやすくなるため注意しましょう。
治療法
現段階において筋緊張性ジストロフィー(筋強直性ジストロフィー)を根治できる治療法は確立されていません。そのため対症療法のみとなります。たとえば筋力低下に車いすを使用したり、不整脈にペースメーカーを使用したりするなどです。症状や障害によっては薬物療法を行なう場合もあります。また、患者は症状への自覚が低下しやすい傾向があり、定期的に診察を受けることで障害が出ていないかどうかを確認することも有効です。

キーンベック病(きーんべっくびょう)

特徴
キーンベック病とは、手首の関節を形成している手根骨のひとつである月状骨に生じた血行障害により骨が壊死することで月状骨が変形して扁平化する病気です。手首の関節には8個の手根骨が存在しますが、そのうちの手の付け根側中央にある月状骨に何らかの理由により骨を栄養する血管の血流障害が起こります。原因は不明ですが、多く発生するのは手首部分を酷使することの多い職業(大工などの肉体労働者、調理師)やスポーツ選手。主に効き手に発症し、両手に発症することは稀です。
症状
キーンベック病の症状は手首関節部分の腫れや痛みから始まり、やがて手全体に腫れが広がって手の動きが悪くなり、握力も低下してきます。痛みが顕著になるのは力を入れて物を握ったとき、手で重い物を押したときなどです。また、床に手を付きにくい、物を押しにくいなどの症状も少なくありません。X線透視検査を行なって月状骨の変形の度合いを見れば診断がつきますが、初期の場合には診断がつかないことも多く、確定診断用にはMRIの併用が肝心となります。
治療法
何といっても手を動かさないことが最大の治療法なので、初期の患者や高齢者では手を装具やギプスで固定したり、消炎鎮痛剤の服用、湿布などを用いた保存的療法が行なわれます。悪化した場合には手術適用となり、手術方法は月状骨と相対する橈骨の長さを短縮して月状骨への圧力を減らすもの。その他の方法は血管丙付き骨移植による血流の回復や遊離骨移植などです。ただし患者にはどうしても手を使わざるを得ない人が多いため、それが完全治癒の障害となってしまいます。

結核性関節炎(けっかくせいかんせつえん)

特徴
結核性関節炎とは結核菌によって生じる化膿性関節炎のひとつで、関節に痛みや腫れ生じる病気です。肺やリンパ節に感染した結核菌が血液によって関節に運ばれて発症することもありますし、皮膚にある傷から結核菌が関節に入り込んで発症することもあります。特に病気や薬の影響で免疫の低下している人や高齢者は発症する可能性が高いので注意が必要。結核性関節炎は股関節や膝の関節で生じることが多いのですが、手首やひじ、指などすべての関節に現れることもありますし、脊椎に発症することもあります(脊椎カリエス)。
症状
結核性関節炎になると患部の腫れや痛みとともに発熱や倦怠感などの全身症状を伴うことがあります。結核性関節炎の関節の症状はゆっくり穏やかに進行するのが特徴。関節がひどく痛むということは少なく、炎症部分の皮膚の腫れや赤みもあまり目立ちません。しかし病気が進行すると関節が破壊され、痛みのために炎症のある関節を十分に動かすことができなくなることもあります。肺結核を同時に発症している場合には、慢性的な咳が出たり痰に血が混ざったりすることも少なくありません。
治療法
結核性関節炎の治療で最初に行なわれるのは、結核菌に対する薬物治療です。結核菌が排除されるまでには数ヵ月かかるので、咳や関節痛などの症状が現れなくなっても医師の指示に従って飲み続ける必要があります。また、炎症のある関節をギプスで固定して安静を保ったり、栄養をしっかり摂ることも重要。飲み薬による治療があまり効かない場合や膿が大量にたまっている場合には関節内を洗浄する手術の適応となります。また、関節の破壊が大きいために関節の機能障害がみられる場合には関節を形成する術も考慮されます。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

特徴
骨粗鬆症とは骨量の減少や骨密度の低下で骨がもろくなり、骨折しやすくなる病気です。女性ホルモンであるエストロゲンが骨の新陳代謝に深くかかわっているため、閉経によってエストロゲンが減少する中高年女性に圧倒的に多く見られます。近年ではダイエットや喫煙、偏食などによる若い女性の骨粗鬆症も問題になっています。骨粗鬆症の予防にはカルシウム、ビタミンD、ビタミンKなどの栄養素を積極的に摂ることや、ウォーキングやジョギングなどの適度な運動をすることも骨密度の低下を防止するのに効果的です。
症状
骨粗鬆症になると主に背骨や手首の付け根、足や太ももの付け根などがちょっとした動作でも骨折しやすくなります。体の重みで骨が潰れる圧迫骨折などは痛みを感じなくても進行している場合があるので、背が低くなった感じがする、背中や腰が曲がったように丸くなる、背中や腰に強い痛みを感じるなどの自覚症状があらわれたら要注意です。
骨粗鬆症が進行すると寝たきりになってしまう場合や、治っても自力で歩くことが困難になるケースもあるので、気になる症状が現れたら早めに検査を受けることが大切です。
治療法
骨粗鬆症の治療は主に整形外科、外科、内科、婦人科で行なわれます。治療の目的は骨密度を上げて骨折を防ぐことです。食事療法、運動療法で生活習慣を改善し、骨折がみられる場合や骨密度が基準値を下回ると、薬物療法を適用。薬物療法の中心は、骨吸収抑制剤、骨形成促進剤などがあります。使用する薬は年齢や症状の進み具合等で医師が判断し、また、骨折してしまった場合はその部分を固定したり、場合によっては外科的手術を行なったりといった治療をしなければなりません。

骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)

特徴
骨軟骨腫は骨にできる良性の腫瘍のひとつです。骨の成長期にある10歳代の子供に多く発症し、きちんと石灰化していない軟骨が本来の場所で成長せずに、骨の外側に向かって盛り上がるような形に成長してしまいます。全身の骨のどこにでも発症しますが、特に大腿骨、脛骨、上腕骨において発症率が高めです。多くの場合腫瘍は1~2か所しかできません。しかしいくつもの場所にできるタイプもあり、このタイプのほとんどが遺伝子変異を伴う遺伝性の病気です。
症状
骨軟骨腫は初めのうちは異常に形成された骨軟骨隆起が小さいため、なかなか気付かれにくいです。少し進行して大きくなると硬いしこりや不定形の隆起があることで気付いたり、X線検査で偶然発見されることもあります。骨軟骨腫自体が痛みを出すことはまずありませんが、だんだん大きくなるにつれて筋肉、腱、血管、神経などが圧迫されて痛み、運動障害、、血行障害などの症状を引き起こします。また、腫瘍部位が肥厚して魚の目などができてそこが痛むことも少なくありません。
治療法
日常生活に支障がなければ経過観察になります。保存的な療法としては患部の筋肉や腱のストレッチやマッサージ、靴を変えるなど自分でできることもありますし、部位によっては抗炎症剤の注射を打つこともあります。日常生活に支障をきたすような痛みや運動障害がある場合や美容上の理由によっては手術により骨軟骨腫を切除します。頻度は低いものの良性腫瘍が悪性化することがあるため、腫瘍のサイズが急に大きくなったような場合には注意が必要です。

ダンピング症候群(だんぴんぐしょうこうぐん)

特徴
ダンピング症候群とは胃の切除後の患者に起こる種々の障害のうちのひとつです。胃の切除にも全摘から局所切除まで多様で、その後の障害の現れ方も人それぞれ異なっています。その中でもこの病気はほとんどの患者に現れるものです。通常は胃で食物が消化され、順番に少しずつ腸の方に流されていきますが、胃が無くなる、あるいは小さくなることにより、消化されない食物が一気に腸の方に流れ込んでしまうことがこの障害の原因です。
症状
ダンピング症候群は食後30分以内に症状の出る早期ダンピング症候群と、2~3時間後に現れる後期ダンピング症候群に分かれます。前者は未消化で濃い食物が腸に流れ込むことで生じる腹部膨満、嘔吐、下痢が主症状で、その他、動悸、めまい、冷や汗、倦怠感などです。後者は食物中の糖質が一気に吸収されるために高血糖状態となり、そこでインスリンの過剰分泌が起こり、さらにそれによる低血糖状態と血糖に関連する障害が併発、低血糖の症状としては頭痛、冷や汗、めまい、手足の震えなどがあります。
治療法
早期ダンピング症候群の症状軽減には、腸に一度に流れ込む食物の量を減らすことが一番です。一回の食事の量を減らして回数を増やす、食事はできるだけ良く噛んで食物を分解し、腸に負担をかけないようにする、糖質を減らしてタンパク質を増やすなど工夫しましょう。食後の高血糖予防用の薬剤の投与も効果的です。また、後期ダンピング症候群の低血糖対策としては食後、早めの糖分の補給を行なうことで予防効果が見込めます。低血糖状態を放置すると命にかかわる危険な状態に陥りますから適切な予防が必要です。

痛風(つうふう)

特徴
痛風とはある日突然、足の親指の付け根の関節が赤く腫れ発作的に痛みが走る病気です。「風に当たるだけでも痛い」と言われるほどの激痛から「痛風」と呼ばれています。血液中の尿酸の濃度が上昇し、結晶になって関節などに溜まることが原因と言われています。男性は女性に比べて血液中の尿酸濃度が高いため、痛風患者のほとんどは男性です。また、合併症として腎機能の低下や心臓病、脳梗塞などのリスクが高まるため、症状が治まったからといって放置せず、早めに医師の診察を受けることが必要です。尿酸値は病気や薬の影響の他、飲酒やストレス、肥満などでも上昇します。健康診断などで尿酸値が高めと診断されたら、早めに生活習慣の改善を心がけましょう。
症状
痛風の症状は突然強い痛みが足親指の付け根の関節に現れることが多いです。発作のように突如起こるものであるためこのような症状を「痛風発作」と呼びます。痛みは足の甲や足首、手の指の関節、肘などに出ることもしばしば。夜間または早朝に起こるのがほとんどで、痛みを感じた部分が徐々に赤く腫れ上がり2~3日は歩くことができなくなるほどの強い痛みが特徴的です。発症してから1日以内に痛みのピークが訪れ2週間程度で何事もなかったように痛みが治まりますが、治療せず放置しておくと再度同じような症状が現れます。また徐々に痛風発作の起きる頻度が短くなっていきます。
治療法
痛風の治療ではまずは専門の病院による検査が必要です。痛風の発作が発症して血液検査や尿検査などの他、確実に痛風であると診断された場合には「尿酸クリアランス検査」を行ない、尿酸値がなぜ増えてしまうのかを調べます。尿酸クリアランス検査とは血中の尿酸が尿へどれだけ排出されるか調べる検査です。検査結果から尿酸を抑えることが必要なのか、尿酸を体外へ出すことが必要なのかを判断してそれぞれにあった薬を服用し、痛風による痛みがある場合は痛みを抑える薬の服用が可能。尿酸値が高く痛風予備軍である場合には、節酒、塩分やプリン体を控えめにする食事療法、お水やお茶などで水分を十分にとること、肥満の場合にはダイエットをすることなどの生活習慣の改善を行ないましょう。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)

特徴
変形性関節症とは、関節軟骨の損傷や加齢による変性によって起こる病気です。関節は骨と骨が直接するのではなく骨端表面にある関節軟骨同士で接しています。軟骨はコラーゲン(膠のようなタンパク質)やプロテオグリカンと呼ばれる水分を保持するための特別な分子が絡み合ったやわらかい骨のような組織。これらの分子が長年の物理的刺激などにより機能が障害されて軟骨の変性が生じると変形性関節症になります。加齢が原因の場合は膝関節や股関節での発症が顕著です。特に股関節は先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などの原因があることがほとんどです。また、骨折や靱帯損傷、感染症など他の病気が原因で軟骨が損傷して発症することもありますのですべての関節に発症します。
症状
変形性関節症は関節のこわばりや痛みが初期症状です。その後、痛みの程度が増え、やがて関節が動かしにくくなります。中でも頻度の高い変形性膝関節症の場合には、女性に多く、高齢になるほど多くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまる関節水腫、そして膝の機能障害です。はじめは立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛みがありますが、その後、正座や階段の昇降が困難となり、さらに進行すると関節可動域が狭くなり歩行が困難になります。
X線検査で軟骨の減り具合を確認するとともにMRI検査でより詳細に変形の程度を知ることができます。
治療法
変形性関節症の保存的な治療としては、炎症が強い場合には抗炎症剤を投与します。その程度によって湿布や軟膏などの外用薬、消炎鎮痛剤の内服、さらには関節内へのステロイド注射を行ない炎症を鎮めます。これに並行して運動療法を行なうことで関節周辺の筋力、特に大腿四頭筋の筋力を強化して膝にかかる負担を軽減させたり、関節の動きをよりスムースにします。また、変形性膝関節症になると関節液中に含まれるヒアルロン酸が量・質ともに低下するため、関節内にヒアルロン酸ナトリウムを注射する方法も有効です。一方、軟骨の変形でQOL低下がはなはだしい場合には手術の適用です。手術には関節鏡(内視鏡)手術、高位脛骨骨切り術(骨を切って変形を矯正する)、人工膝関節置換術などがあります。現在では手術の方法も進んでおり、症状による手術の適応範囲も細かい設定が可能です。