施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

血友病・くる病など 小児科で受けられる診療


小児科
診療科目
小児科

「小児科」は、小児(新生児から15歳位まで)を対象とし、幅広い病気(外科的疾患を除く)の治療を行ないます。子どもの健康と身体を診療・治療・ケアし、健全な発育を助ける役割を担います。

病気の治療の他予防も対象としており、小児特有の風疹やおたふく風邪、インフルエンザなどの予防接種や発達検査、乳幼児検診、育児相談なども行なっています。

小児科の治療対象となる病気は、すべての臓器の疾患や各種感染症、アレルギーなどを扱います。

血友病(けつゆうびょう)

特徴
血液中の12種類の血液凝固因子のうち、数種類が欠け、出血しやすく止血しにくくなる病気です。
症状
ちょっとした外傷で出血し、治療しなければ止血しません。血尿が出たり、抜歯程度でも大量の出血が見られます。

血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)

特徴
血小板が著しく減少することで、皮膚や粘膜に紫色の斑(まだら)状の内出血が見られる病気です。
症状
出血による紫斑が現れます。鼻や歯茎から出血が起き、血尿が出ることもあります。胃腸や頭蓋から出血すると非常に危険です。

再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)

特徴
骨髄の機能が低下し、赤血球・白血球・血小板の生成がしにくくなる病気です。骨髄移植をしなければ治らないこともあります。
症状
全身の倦怠感や動悸、息切れ、食欲不振などの他、鼻や歯茎から出血することもあります。臓器から出血すると生命にかかわります。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)

特徴
ウイルスや免疫異常が原因で、筋肉に炎症が起きる病気です。
症状
筋肉が痛み、筋力が低下します。悪化すると歩行困難や不整脈が現れてきます。

鉄血欠乏性貧血(てっけつけつぼうせいひんけつ)

特徴
鉄分が不足し、ヘモグロビンが形成にしくくなって起こる貧血のことです。女性に起きやすい病気です。
症状
全身の倦怠感や動悸、息切れ、食欲不振などが起きます。重くなると、爪が反ってきたり、飲み込む力が弱くなったりします。

伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)

特徴
頬がりんごのように真っ赤に腫れるため、りんご病とも呼ばれています。パルポウイルスが原因で、一度かかれば二度とかかりません。
症状
感染後、2週間以内で頬に発疹が現れて赤く染まります。幼少期は発熱や筋肉痛が生じ、成人だと頭痛や胃腸障害が起きることもあります。

統合失調症(とうごうしっちょうしょう)

特徴
内因性のものが原因ですが、体や病気、環境などとの関連は判明されていません。
症状
自閉的になり、他人とのコミュニケーションがとれなくなります。表情から人間的なあたたかみが消えることもあります。

乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)

特徴
小腸の粘膜から分泌される酵素が不足・欠乏し、牛乳に含まれる乳糖が消化されず、腸内に残る病気です。
症状
牛乳を飲んだあと、腹痛や下痢などが現れます。乳児の場合、すぐに医師の検査を受ける必要があります。

脳腫瘍(のうしゅよう)

特徴
頭蓋の中に原因不明の腫瘍ができる病気です。脳そのものに発生するもの、髄膜、脳血管、脳下垂体などに発生するものなどがあります。
症状
腫瘍が頭蓋を圧迫するケースと、腫瘍が発生した部位が障害を受けるケースがあります。頭痛、嘔吐、けいれん、様々な麻痺などが主な症状です。

ペルテス病(ぺるてすびょう)

特徴
成長期の子供に多く見られる病気です。大たい骨の股関節側の骨頭が壊死し、関節が変形していきます。
症状
股関節やひざが痛み、正常な歩行が困難になります。股関節は内側にひねるとさらに痛みます。

溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)

特徴
激しい運動や風邪などが原因で骨髄に異常を来し、赤血球が不足・補うことができなくなるために起きます。
症状
急に、またはじわじわと倦怠感や息切れ、動悸などが見られます。その他、黄疸も出てきます。

くる病(くるびょう)

特徴
発育期の子供に起きる病気で、ビタミンDやカルシウム、リンの不足などが原因とされています。
症状
発育障害やO脚、X脚など手足に変形が見られます。また、鳩胸になったり、脊椎に異常も現れます。