施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

白内障・緑内障など 眼科で受けられる診療


眼科
診療科目
眼科

「眼科」は近視、遠視、老眼、目の痛みや出血、疲れ、かすみ、異物感、異物が見えるなどの目に関する症状を治療します。

使い捨てやハードレンズ、ソフトレンズなどの種類があるコンタクトレンズは医療器具のため、基本的には眼科医による診察を受け、処方箋を得ないと購入することができません。また近年眼科では視力を矯正して視力を向上させる「近視矯正手術(レーシック)」を行なう患者さんが増えています。

白内障(はくないしょう)

特徴
白内障とは眼の中の水晶体が白く濁ってくる病気で、種類はいくつかあります。白内障で最も多いのが加齢による加齢性白内障。他にはアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併から引き起こされる全身疾患に合併する白内障、妊娠中の母体の風疹感染から来る先天性白内障、眼のけがによる外傷性白内障、ぶどう膜炎による併発白内障などが挙げられます。白内障は早めの処置や予防で失明を防ぐことができますが一度発症すると薬では治すことができません。つまり治療は手術のみとなる病気です。
症状
白内障の症状は最初は眼がかすみ、次第に霧がかかったようになり、急激に視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗いときと明るいときの見え方が違うなど、その症状自体が老化そのものです。初期段階では全く自覚症状はありません。加齢による症状は30代から計測可能ですが、速い人で40代頃から自覚されはじめ、80代のほとんどは自覚症状があるといわれています。夜間に強い光を見たときにかすんで見える、反射しているように見えるなどの症状が現れたら初期段階の可能性があります。早めに眼科を受診するようにしましょう。
治療法
白内障の治療法は手術しかありません。しかしごくまれに初期段階で発見することができれば、薬剤で進行を遅らせることができます。加齢性白内障の場合、徐々に進行することで気付くのが遅れ、気付いたときには手術しか方法がないといったパターンが主ですが、最近は手術によって老眼に乱視や近視と言った屈折異常もついでに治せてしまうことから、アメリカのカリフォルニア州あたりでは50代になったら即手術をする、と言うくらい一般的な手術となっています。手術は眼科手術の中では最も多い治療法で、眼に局所麻酔を行なうなど街の眼科でもできる手術ですから難しいものではありません。日帰り手術も普及している上に手術時の痛みもないため、安心して治療することができます。

緑内障(りょくないしょう)

特徴
緑内障とは視神経が減少し、視野に障害が生じる病気のことです。通常ヒトは目から視神経を通して脳へ情報の伝達を行なっていますが、その視神経に障害が起こり、視野が狭くなったり視力が低下します。病気が進行したり急激に眼圧が上昇したりすると失明することもあるため、注意したい病気のひとつです。病気の進行はゆっくりで、両目から進行することはまれで片方の目から進行していくことが特徴です。自覚症状が出るまで病気であることに気付きません。日本では失明原因の第一位に挙げられる病気でもあります。
症状
緑内障の症状には慢性的なものと急性的なものがあります。慢性緑内障で代表的なのは視野欠損です。視野の一部が見えなくなる症状ですが、ふだんは正常の目がカバーをしてくれるため視野欠損していることに気付かず、症状が進行していたというケースも少なくありません。急性緑内障の症状は目が痛んだり、頭痛、吐き気、充血などが起きることで、こちらは症状が比較的強く出ることが特徴です。見えにくい、視力が落ちたなど、見え方に変化を生じたら早めに眼科の受診をして下さい。
治療法
緑内障を治療するにはまず進行してしまう状態の現在の眼圧を知ることです。これをベースラインと言います。そのベースラインから緑内障の進行を止めるのに必要な目標眼圧を設定し、その数値を目指すようにすることです。目標眼圧に達したら眼圧検査や眼底検査、視野検査を行ない、症状の進み具合をみます。目標眼圧に達して経過を見ても進行が見られる場合、目標眼圧をより厳しく再設定します。点眼液だけで十分な眼圧下降が得られない場合、レーザー治療や、外科的手術、眼圧下降インプラントの挿入などを検討します。緑内障は一度発症すると完治しません。また、早期発見がポイントですから40代になったら症状がなくても年に一度は眼科で検診を受けましょう。自覚症状が出る前に発見することが大きなポイントとなります。

アレルギー性結膜炎(あれるぎーせいけつまくえん)

特徴
アレルギー性結膜炎とは花粉やハウスダスト、ダニ、ペットの毛などのアレルギー反応で起こる結膜炎です。季節性アレルギー性結膜炎と通年性アレルギー性結膜炎があります。季節性アレルギー性結膜炎の場合はスギ花粉や黄砂などが原因で、特定の時期だけ症状が出るのが特徴。通年性アレルギー性結膜炎はハウスダストやダニ、ペットの毛などが原因で、1年を通して症状が出るタイプです。アレルギー性結膜炎はアトピー体質の人に多く見られる病気と言えます。
症状
アレルギー性結膜炎の症状としては、目がかゆくなる、目やにが出る、涙が止まらないなど、様々なアレルギー反応が起きます。くしゃみなど鼻の症状を伴う人も多く、似た病気にとしてあげられるのはウイルス性結膜炎です。どちらも良くある病気で混同しやすいですが、ウイルス性結膜炎はアデノウイルスなどのウイルスに感染することで起こる別の病気。ウイルス性結膜炎の症状には、結膜の充血や、目の痛み、異物感などがあります。
治療法
アレルギー性結膜炎の治療では点眼薬で目のかゆみを抑えるとともに、アレルギーの原因物質を調べて除去することが大切です。花粉が原因なら花粉がつきにくい衣服や帽子、眼鏡を着用する、ハウスダストが原因ならこまめに掃除をして清潔にする、ペットが原因なら室内で飼わないなどの対策をします。また、コンタクトレンズを使用している場合は汚れたコンタクトレンズを使うと症状が悪化しやすくなる傾向があり、特に、ソフトレンズはハードレンズよりも汚れがつきやすいという弱点があるため注意が必要となります。

細菌性角膜潰瘍(さいきんせいかくまくかいよう)

特徴
細菌性角膜潰瘍とは角膜に細菌が付着することが原因となり感染を起こした状態です。健康な人は滅多になりませんが、風邪や慢性疲労など免疫力が極度に低下していたり、コンタクトレンズなどで常時傷を付けていたりした場合に発症します。加えて常時抗生物質の内服などをしている人は耐性菌などが発生している可能性があり、その場合点眼治療が無効なこともあるので注意が必要です。一例としてブドウ球菌や肺炎球菌などが原因菌です。
症状
細菌性角膜潰瘍の症状は最初は充血やごろごろした異物感のみですが、進行すると感染した場所に応じた部分が見えづらくなり、視力が低下していきます。目の異物感、充血、痛み、涙が止まらないなど涙腺にも異常が出ることが特徴的です。炎症が続くと潰瘍が大きくなり強い痛みが出たり、角膜が白く濁ったり、色覚異常を起こすことも少なくありません。症状は片方の目から発症することが多く、年齢によるものと勘違いする人も。しかし、進行が進むとひどい場合は失明の恐れもありますから、早めの受診をおすすめします。
治療法
細菌性角膜潰瘍は細菌によるものなので、その細菌にあう抗生物質を処方してもらいます。内服液の服用、点眼薬の使用、ひどい場合は点滴治療などが主な治療法です。重症化している場合は複数の抗生物質を使用しなければなりません。この病気はふだんからの予防でかからずに済む病気とも言えます。目には十分注意しながら行動する、コンタクトレンズは使用法をきちんと守る、目に痛みや異物感があれば様子を見ることはせずすぐに眼科を受診するなど、意識をすることで防ぐことが可能です。

ドライアイ(どらいあい)

特徴
ドライアイとは涙の量が減る、もしくは質が低下することによって眼の不快感をきたす疾患です。角膜を保護する力が弱くなり眼の疲れやかすみ、充血、不快感などが現れます。期間放置していると粘膜が荒れて症状が悪化します。
コンタクトレンズの使用者が増えたこと、パソコンやスマートフォンを使う機会の増加などが原因。また、ストレスの増加もドライアイを引き起こしかねません。空調の効いた部屋に入ると眼が乾いてしまうというのもドライアイであると言えます。体質や遺伝などが関係する疾患とは違い、日頃の生活環境が大きく関係している疾患です。
症状
ドライアイになると通常であれば涙によって均等に覆われているはずの角膜が空気と接触しやすくなることで眼に様々な症状が現れてしまいます。代表的な症状は眼の不快感やかすみ、充血、疲れ、光を眩しく感じやすい、何もしていないのに涙が出るなどです。このような症状が出ているにもかかわらず治療をせずに放っておいてしまうと視力低下に繋がることもあるため、早めの対処が必要。ドライアイごときと治療をしないのはおすすめできません。
治療法
ドライアイの治療は生活環境の改善、そして薬物治療が基本です。涙液を補充する人工涙液、涙液を角膜に保護しやすい状態にする精製ヒアルロン酸ナトリウムなどの目薬を用いて症状を和らげていきます。ヒアルロン酸の目的は保水と保護です。眼の潤いのもととなるムチンや、水分の分泌を促進してあげるジクアホソルナトリウムも治療薬のひとつとして挙げられ、粘膜を修復する効果が高いことから胃薬としても使われているレパミピドを目の粘膜を修復するために使うこともあります。レバミピドがムチンの産生を促進する効果があることが分かったためです。