施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

風邪・高血圧・糖尿病など 内科で受けられる診療


内科
診療科目
内科

「内科」は、風邪、頭痛、腹痛などの病気やケガを治療します。

また、病気やケガの原因を探り、患者さんに適切な医療を指導する診察を行ない、他科の専門医による治療が必要と判断した場合には、その専門科を紹介します。

内科の治療対象となる病気は、血液や消化器、循環器、呼吸器、内分泌、神経系統など幅広く、消化器内科をはじめ、呼吸器内科、循環器内科、血液内科、腎臓内科、神経内科、内分泌内科など診療科目の内科も多くの専門分科に分けられます。

風邪(かぜ)

特徴
風邪とは、正式な病名は「かぜ症候群」と呼ばれ「普通感冒」「インフルエンザ(流行性)感冒」「咽頭炎」「気管支炎」など主に上気道の急性炎症を指します。ウィルスによって症状も様々であり、免疫力が低下しているときにかかりやすいのが特徴です。単体のウィルスにかかるときもあれば、複数のウィルスにかかることも少なくありません。一般的には1週間で治ると言われる風邪ですが、もともと抵抗力が弱い乳幼児は重い病気につながることもありますから注意が必要。風邪により抵抗力が弱まると合併症を引き起こす可能性も高くなってきます。
症状
風邪のウィルスは鼻やのどの粘膜から入ります。症状としては体がだるくなったり、咳やくしゃみが止まらなくなったり、のどが腫れて痛くなったりすることがほとんど。ときには高熱を出し、胃腸にも障害をきたすことがあるので注意しましょう。風邪にはいくつか種類があり、鼻やのどからくる普通感冒、急な熱からくるインフルエンザ(流行性)感冒、気管支に炎症を起こす気管支炎です。嘔吐や下痢を伴うおなかのかぜは感染性胃腸炎となり、風邪とは区別します。
治療法
風邪は症状をそれ以上悪化させないように抑えることが大事です。咳なら咳を鎮める薬を、熱なら熱を下げる薬を、のどにはのどの痛みを抑える薬など、そのときの症状に合った薬を処方してもらいましょう。急な高熱の場合はインフルエンザの可能性がありますから無理せず病院を受診することをおすすめします。睡眠をとる、栄養を摂るなどして体を休めることに努めることが重要です。怖いのはウィルス感染による合併症。小さなお子さんや体力がない高齢の方は重症化しやすい傾向にあります。

高脂血症(こうしけつしょう)

特徴
高脂血症とは生活習慣病のひとつです。高コレステロール血症、高トリグリセリド血症のことを指します。HDLコレステロールやトリグリセライドが血液中に異常に増えてしまうことで起こる疾患です。自覚症状がほとんどなく、健診などで発見されることがほとんどです。高脂血症の状態が続くと動脈硬化が促進されることにより狭心症や脳梗塞など重大な疾患を引き起こしてしまう可能性があります。生活習慣の他、遺伝や体質、その他の疾患などが絡んで引き起こされる疾患のため、原因はひとつではありません。
症状
自覚症状がほとんどありません。そのため健診などで発見されることがほとんどです。LDLコレステロールが140mg/dL以上、トリグリセライドが150mg/dLの両方またはどちらかを呈します。中性脂肪などの代謝物が血管の内側に沈着していき、だんだんと血管を侵食していくため自覚症状がないので放置しがちですが、コレステロールが増えていくことで後に狭心症や動脈硬化、脳梗塞などの合併症を引き起こす原因になります。この他に膵炎や網膜脂血症なども引き起こす可能性があるため早めの治療が重要となる疾患です。
治療法
高脂血症の治療はコレステロールやトリグリセライドの値を正常に近づけ、動脈硬化やそれに伴って起こる疾患を予防することが目的です。まずは食事や運動習慣の改善などを行なっていきます。軽い高脂血症の場合は生活習慣の改善で検査値が改善することが多く、食事や運動を改善しても効果がみられない場合は薬物治療を開始しましょう。高コレステロール血症の場合はHMG-CoA還元酵素阻害薬や小腸コレステロールトランスポーター阻害薬、高トリグリセライド血症の場合はフィブラート系やニコチン酸誘導体などが使用される薬剤です。単剤で効果がみられない場合は複数の薬物を併用していくこともあります。

骨髄線維症(こつずいせんいしょう)

特徴
骨髄線維症とは血液を作るための細胞が増殖する際に異常が起こり、線維物質であるコラーゲンが大量生産されやわらかい骨髄が硬く変化することで、血液がうまく作れなくなってしまう病気です。すべての骨の中には血液の源になる細胞を含んだ「骨髄」があり、通常ゼリー状でやわらかい物があります。骨髄線維症には2つのパターンがあり、骨髄内の細胞に異常があり線維化してしまう「原発性骨髄線維症」と、血液の病気などが原因で骨髄が線維化してしまう「二次性骨髄線維症」です。
症状
骨髄線維症は発症しても症状が数年間見られないことが特徴です。はじめのうちは発症していることに気づきません。そのため、健康診断などで発見されるか、骨髄の線維化が進んでから発覚します。症状として挙げられるのは体のだるさ、動悸などの貧血症状、早期満腹感などです。ここからさらに病気が進行すると紫斑や歯茎からの出血、体重減少などが見られ、無気力や気分の落ち込みなどの精神的な不調を起こすこともあります。骨髄線維症が進行すると赤血球や白血球の減少から体の免疫力が低下し、肺炎といった感染症にかかることもあります。
治療法
骨髄線維症の治療法は大きく分けて5つ。薬物療法では赤血球を増やすためにホルモン剤が投与されたり、造血幹細胞に作用する働きのあるJAK阻害剤を内服したりします。2つめの輸血療法は赤血球の補給が目的です。3つめは放射線療法で薬物治療で効果が見られなかった場合に行なうものです。4つめは手術で早急に対応しなければならない場合に脾臓を摘出します。最後は骨髄移植で、正常な造血幹細胞を注入する方法です。

糖尿病(とうにょうびょう)

特徴
糖尿病とは、身体のエネルギー源となる血中の糖質(血糖)がうまく使われないため血糖値が高くなっている状態のことです。ヒトは炭水化物を摂取すると血糖値が高くなり、運動をすることで血糖がエネルギーとなり消費される仕組みを持っていますが、本来はインスリンがもつ機能により血糖の大幅な増減がないようにコントロールされています。糖尿病は良く耳にする病気のひとつですが、血糖値が高いままの状態が続くと失明や腎不全、足の感覚が麻痺して歩行できなくなるなどの合併症になる可能性がある怖い病気なので注意しましょう。
症状
糖尿病には遺伝的な要因や体質でインスリンが作られない「1型糖尿病」と、肥満や生活習慣の乱れが原因で起こる「2型糖尿病」の2種類があります。いずれの場合も軽度な糖尿病の場合には自覚症状はほとんどありません。しかし進行するとのどが渇く、尿が多い、体重が減った、疲れやすい、手足の感覚が薄れチクチクとした痛みがある、皮膚が乾燥してかゆい、傷が治りにくいなどの症状があります。また、妊娠中に起こる耐糖能異常は「妊娠糖尿病」と呼ばれ、出産後に改善することが多いですが、コントロールがうまくいかないと母子ともに様々な合併症を引き起こすため注意が必要です。
治療法
糖尿病が引き起こす様々な合併症を防ぐために、血糖値を目標の範囲内に収められるよう治療を行ないます。そのためにはまず生活習慣の見直しが必要です。血糖値を上げないための食事療法と、血糖値を下げる運動を同時に行なうことが効果的です。食事は三食きちんと食べ、腹八分目までとし食べ過ぎないようにすること、血糖値が上がらないようゆっくりと食べることを意識しましょう。運動は有酸素運動やヨガ、筋力トレーニングが有効ですが、毎日続けることが大切です。また飲み薬や注射などでインスリンの効き目を良くしたり、インスリンを直接注射するなどの治療もあります。

高血圧(こうけつあつ)

特徴
高血圧とは血圧が高い状態のままが続く症状のこと。血圧とは心臓から流れる血液が血管の壁を押す力で、この圧力が異常に高くなりなり続けている状態が高血圧です。具体的には、最高血圧が140mmHg以上または最低血圧が90mmHg以上の状態が繰り返し測定しても出る場合に高血圧と診断されます。高血圧の状態が長く続くと血管に過度の負担がかかった状態が続き、本来持っている弾力性やしなやかさが失われ血管が硬化。動脈硬化を引き起こすため注意が必要です。
症状
高血圧自体には自覚症状はありません。ただし高血圧が原因で合併症を引き起こすことがあり、血管に動脈硬化ができる場所が脳である場合には脳卒中や脳梗塞を、心臓の場合には心肥大や心筋梗塞を、腎臓の場合には腎硬化症などの原因となるのがその一例。また、高血圧が原因で弾力を失った血管は血液を送る力が弱くなるため、その分心臓が血液を押しだそうとして負担がかかってしまいます。そのため心臓の壁が厚くなり心肥大を起こし、結果心不全で亡くなる人も多いのが現状です。
治療法
高血圧の原因は遺伝的要素もありますが、生活習慣病と呼ばれる程環境要因があることがほとんどです。そのため、生活習慣の見直しが必要。まずは血圧の上昇を抑えるために食事では減塩を心がけましょう。具体的には1日の塩分摂取量は6gまでとし、野菜や果物を積極的に取り、コレステロールの高い食事は避けるようにします。また、節酒・禁煙、適度な運動なども効果的。また、肥満である場合には脂肪肝や睡眠時無呼吸症候群、肥満関連腎症などを併発させる危険性があるため適正体重を保つことが重要です。しかし、生活習慣の見直しだけで高血圧を治すことは難しいため降圧薬治療が行なわれることも多く、個人それぞれにあわせた治療計画が行なわれます。

動脈硬化(どうみゃくこうか)

特徴
動脈硬化とは、老化による血管の衰えや余分なコレステロールが血管の内側に付着することが原因で血管が硬くてもろくなり、血液の循環がうまくいかなくなることの総称です。本来健康な血管はしなやかで弾力性があり、心臓から送られてくる血液をうまく循環させる仕組みを持っています。動脈硬化の状態だけでは身体に大きな影響はありませんが、血中に含まれる悪玉コレステロールが血管の壁にへばりつき蓄積していくと大変危険です。加齢による血管の老化だけでなく、悪玉コレステロールが増える乱れた生活習慣も原因のひとつ。何歳でも起こる可能性があります。
症状
動脈硬化は重篤な病気を引き起こす可能性がありながらも自覚症状はありません。血中の悪玉コレステロールの代謝物が血管の内側に蓄積しプラークと呼ばれるコブができ上がることで血管が狭くなり、血流が悪くなります。しかし、無症状のまま進行するのでサイレントキラーとも呼ばれる怖い病気です。プラークが何らかの刺激を受けて破れ、かさぶたができ血栓が発生します。血栓が狭くなった血管に引っかかると血流が止まってしまいます。この血栓は体中どこでも起こり、できた場所により脳梗塞や狭心症・心筋梗塞、大動脈瘤などの合併症を起こしてしまうため、早めの予防・治療が必要です。
治療法
重篤な病気を引き起こさないためにもまずは早期発見をし、病気を改善することが重要です。血栓ができる原因となる悪玉コレステロールは生活習慣の見直しで減らすことができます。節酒・禁煙を心がけ、塩分の取りすぎや食べ過ぎに注意しましょう。また、肥満は血圧を上げてしまうためダイエットや継続的な運動習慣を身につけることも効果的です。動脈硬化には薬物治療が行なわれることもありますが、生活習慣の改善でより薬の効果を得られるため、薬物治療と併行して取り組みましょう。

不整脈(ふせいみゃく)

特徴
不整脈とは心臓のポンプ機能のリズムが乱れる状態のこと。心臓は全身に血液を送るため、規則正しいリズムでポンプのような動きをします。不整脈は大きく3つのパターンにわかれ、脈がゆっくりとなる「徐脈性不整脈」と早くなる「頻脈性不整脈」、脈が不規則になる「期外収縮」があり、それぞれにあった治療が必要です。不整脈の原因は心臓のポンプを動かす電気信号の故障であるため、必ずしも心臓が悪い訳ではありません。高齢であることや体質的なことが原因であることの他、ストレスや睡眠不足、飲酒、喫煙などで起こることもあります。
症状
脈のリズムが乱れると血液が全身にうまく送られないため血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞など重篤な病気を引き起こす原因となります。不整脈がある場合の症状として挙げられるものは、脈がゆっくりになる徐脈性不整脈ではふらつきや、脈が非常にゆっくりになることによる失神。脈が速くなる頻脈性不整脈では動悸や吐き気などを感じることがあり、期外収縮では自覚症状がないこともありますが、脈が飛ぶ感覚や胸に不快感を覚えることもあります。症状が出た場合には激しい運動は避け、安静にすることが大切です。
治療法
不整脈は自覚症状がないこともあるため健康診断などで不整脈が分かることも多く、どのような不整脈が起こっているか調べるためには心電図検査が必要です。急に失神を起こす、運動時に強い息切れが起こり冷や汗が出る、脈が突然多くなり突然通常に戻るなどの症状がある場合には不整脈を予防する薬の投与や、頻脈を起こす原因をカテーテルで焼く治療、ペースメーカーの埋め込みなどの治療を行ないます。症状が出ない不整脈の場合には治療は必要としないことも多いです。その場合、生活習慣を正しくすることで不整脈からくる病気を防ぐことが可能です。

貧血(ひんけつ)

特徴
貧血とは、血液に含まれる赤血球及びヘモグロビンの値が著しく低下した状態のこと。原因として突然または多量の出血、栄養失調やがんなどによる赤血球の産生不足(鉄欠乏性貧血など)、別の疾患による赤血球の破壊(溶血性貧血)などが挙げられます。赤血球(ヘモグロビン)は酸素を全身に運ぶ役割を担う重要なものです。そのため、赤血球が不足すると全身が酸素不足の状態になるため疲れやだるさ、めまいなどといった様々な症状が現れかねません。
症状
貧血は血液中の赤血球(ヘモグロビン)が不足することにより様々な症状が現れます。代表的なものとして挙げられるのは、脳の酸素不足によるめまいや立ちくらみ、心臓の酸素不足による動機や息切れ、その他全身の筋肉の酸素不足によって起こるだるさや疲れやすさなどで、どれも貧血を患う患者に特徴的な症状です。また突然大量に出血することによる貧血(失血)では、体内の血液が急速かつ多量に失われることにより死に至ることもあるので迅速に対処をしましょう。
治療法
貧血の治療法はその原因により様々です。血液が急速に失われる過剰出血では出血部位を早急に突き止め止血することが必要になります。重症例及び緊急例では輸血が必要になることもあり、血液が徐々に失われる貧血の場合は鉄剤処方により対処することがほとんどです。特に栄養不足や鉄不足による鉄欠乏性貧血の場合には鉄剤による治療により症状が軽快する例も少なくありません。がんなど他疾患による貧血の場合には、原因となっている基礎疾患の治療を優先的に行ない血液が失われるのを防ぐよう努めることが必要となります。