施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科衛生士のお仕事



歯科病院には、資格を必要としない「歯科助手」と、資格取得が必要な「歯科衛生士」が歯科医師のアシスタントとして診察補助を行なっています。「歯科衛生士」は、厚生労働大臣から与えられる国家資格で、主に歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診察補助の3つの業務が法律で認められています。

ここでは、「歯科衛生士」の資格を取るための情報をご紹介します。

歯科衛生士の資格

歯科衛生士として活躍する分野やフィールド、仕事内容をはじめ、資格を取得するための試験などをご紹介します。

歯科衛生士国家試験

歯科衛生士国家試験

歯科衛生士になるには、厚生労働省が監修する国家試験に合格しなければなりません。歯科衛生士国家試験は、毎年3月上旬に行なわれ、以下のいずれかに該当する場合、受験することができます。

  1. 文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者。(3月下旬までに見込みのある者)
  2. 厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者。(3月下旬までに見込みのある者)
  3. 外国の歯科衛生士学校を卒業、または外国において歯科衛生士免許を得た者で、厚生労働大臣が認めた者。

歯科衛生士の仕事

むし歯や歯周病を予防するための歯科予防処置、歯科医師の指導により医療がスムーズに進むようサポートする歯科診療補助、むし歯や歯周病を予防するための歯磨き指導、食事指導や生活指導を行なう歯科保健指導などを、専門的な知識・技術を持って行ないます。

主な職場
一般的な開業歯科クリニック・診療所、歯科病院(大学病院や一般病院の歯科)、保健センター、保健所、企業内の歯科診療所

関連するその他の資格

歯科衛生士の仕事

「歯科医師」、「歯科技工士」の資格についてご紹介します。

歯科医師

歯科技工士