施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

看護師のお仕事



看護師として医療、保険、福祉などの場で業務を行なうためには「看護師免許」が必要となります。この「看護師免許」は、看護師国家試験に合格すると厚生労働大臣から与えられる国家資格です。

ここでは、「看護師」の資格を取るための情報をご紹介します。

看護師の種類

看護師は、「看護師」「准看護師」「認定看護師」「専門看護師」に区分されます。

看護師

看護師

看護師国家試験に合格し厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者や褥婦(じょくふ:出産後の女性)に対する療養上の世話、または診察の補助をする者を言います(保健師助産師看護師法:第5条)。

看護師は、自らの判断により主体的に看護を行ないます。

准看護師

准看護師試験に合格し都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師または看護師の指示のもと、傷病者や褥婦(じょくふ:出産後の女性)に対する療養上の世話、または診察の補助をする者を言います(保健師助産師看護師法:第6条)。

准看護師は、医師、歯科医師、看護師の指示により看護を行ないます。

認定看護師

必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において熟練した看護知識と技術を用いて看護ケアを実践できる看護師で、日本看護協会から認定を受けた者を言います。

専門看護師

日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者を言います。

看護師の資格

看護師として活躍する分野やフィールド、仕事内容をはじめ資格を取得するための試験などをご紹介します。

看護師の仕事

看護師の仕事

看護師は、病院や診療所、保健所、検診車、献血ルーム(献血車)、介護・福祉施設など、様々な働く場所があり、その働く場所によって仕事内容は異なります。

病院で働く場合は、基本的に「医師の指示のもと、医師の診断・治療のための補助的役割(採血や血糖値の測定、薬剤の投与、検温、測脈、血圧測定、食事・排泄の介助など)と、患者とその家族への対応」が中心の業務となります。

看護師国家試験

看護師国家試験

看護師になるには、厚生労働大臣が所管している国家試験に合格しなければなりません。

看護師国家試験は、毎年2月下旬に行なわれ、以下のいずれかの条件を満たすと受験することができます。

受験資格

  1. 文部科学大臣指定の看護師養成校で3年以上看護師になるのに必要な学科を学んだ者(3月下旬までに修業する見込みのある者を含む)。
  2. 厚生労働大臣指定の看護師養成校を卒業した者(卒業見込みを含む)。
  3. 免許取得後3年以上業務に従事している准看護師、または高等学校もしくは中等教育学校を卒業している准看護師で、指定学校または指定養成所で2年以上修業した者(3月下旬までに修業する見込みのある者を含む)。
  4. その他、特例。

看護師になるまで

看護師になるまで

看護師になるためには、看護専門学校(3年制)、看護短期大学(3年制)、大学看護科(4年制)のいずれかを卒業し、看護師国家試験に合格すると「看護師免許」が得られます。

また看護大学(4年制)では、看護師・保健師の他に助産師や養護教諭などの受験資格を付与されるところもあります。

看護師国家試験の概要

看護師国家試験は、保健師助産師看護師法に基づいた国家試験で、毎年2月下旬に行なわれます。

試験日程・合格発表

試験日程・合格発表・試験会場・合格率
試験日程
毎年2月下旬
合格発表
毎年3月下旬

試験会場

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

合格率

合格率は、90%前後となっており、看護専門学校等に進学し、しっかりと対策すれば合格する確率はかなり高い試験です。

試験科目

人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論、及び看護の統合と実践。

試験は、マークシートによる選択肢問題。問題には、必修問題と一般問題・状況設定問題があります。

申込方法

申込方法

受験する場合は、試験地を管轄する地方厚生局(または地方厚生支局)に受験に関する書類を提出します。

受験願書受付期間
毎年11月下旬~12月中旬
受験手数料
5,400円(収入印紙)
必要な物
受験願書、顔写真(縦6cm×横4cm)、返信用封筒。
該当者に応じ、修業証明書(または修業見込証明書)など受験資格を持っている証明をする書面、准看護師免許証のコピー、看護師国家試験受験資格認定書のコピーなど。

※詳細は、厚生労働省のホームページをご参照下さい。