施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

歯を「植える」 インプラントのメリット・デメリット



「インプラント」は、虫歯や歯周病などで使えなくなった(失った)歯の代わりに、人工の歯を挿入する治療方法です。
具体的には、歯を失ってしまった部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根を埋め込み、それを土台に人工の歯を挿入します。
顎の骨を土台として新たな人工の歯を固定するため、天然の歯と同様に、固い物でもしっかり噛むことができます。
ただし、治療費が高額で高い技術を必要とする治療方法であるため、インプラントを行なう場合には、しっかりと事前にインプラントの必要性を考えるようにしましょう。

インプラントのメリット
  • 健康な歯を削る必要がない。(歯を失った部分だけ治療すればよく、隣の健康な歯を削る必要がない)
  • 見た目に優れており、天然の歯と見た目に変わらない。
  • 咀嚼能力(そしゃく)に優れており、天然の歯の約80%の力で噛むことができる。
  • 人工の歯が入っているという違和感が少ない。
インプラントのデメリット
  • 手術をしなければいけない。
  • 治療期間が長くかかる。
  • 治療費用が高い。
  • 歯周病などで歯茎が下がっている人や骨の量が足りない人など、インプラント治療ができない場合もある。

インプラントの構造

インプラントの構造

「インプラント」は、「人工歯(上部構造補綴(ほてい)物)」、「連結部(アバットメント)」、「歯根部(フィクスチャー)」の3つから構成されています。

人工歯(上部構造補綴物)
インプラントの上部構造補綴物と呼ばれる「人工歯」は通常、セラミックで作られています。
セラミックは自然の歯のような色合いが特徴で、強度もあります。
万が一、強い衝撃によって人工歯が破損してしまった場合も、連結部や歯根部に問題がなければ、人工歯部分を取り替えるだけの治療が可能です。
連結部(アバットメント)
人工歯と歯根部をつなぐ連結部は、「アバットメント」というパーツで支えられています。
チタン(あるいはチタン合金)から作られることが多いのですが、セラミックで作られる場合もあります。
歯根部(フィクスチャー)
骨(歯槽骨)と結合する歯根部は、「フィクスチャー」です。
インプラントの本体に該当するため、「インプラント体」とも呼ばれています。
歯槽骨に直接埋められるパーツなので、生体親和性が高い(人体に優しくアレルギー等の拒否反応を起こしにくい)素材であるチタン(あるいはチタン合金)によって作られています。

インプラント手術の手順(治療フロー)

インプラントの手順(治療フロー)

インプラント手術は、骨にパーツを埋め込むという外科的処置が必要となるため、通常の歯科治療よりも治療期間が長くかかります。
一般的な治療手順としては、「①手術前の準備」、「②1回目の手術(インプラント体の挿入)」、「③2回目の手術(アバットメントの装着)」、「④人工歯の取り付け」、となります。

手術前の準備
インプラント手術を行なう前に、血液検査といった健康面でのチェックを行ないます。
また、歯周病や虫歯といった歯科治療が必要な場合は、インプラントの手術前に治療を行ないます。
1回目のインプラント手術(インプラント体の挿入)
1回目のインプラント手術では、インプラントの本体となる「フィクスチャー(以後、インプラントと表記)」を挿入します。
まずは治療部分に局所麻酔をしたあと、歯肉を切開し、ドリルで骨に穴を開けます。
骨にインプラントを埋め込んだら歯肉を縫合し、手術完了です。
手術時間は30分~1時間程度(本数などにより異なります)で、約1週間後に抜糸となります。
2回目のインプラント手術(アバットメントの装着)
1回目のインプラント手術から2回目のインプラント手術までは、最低でも3ヵ月以上は期間を空けます(3ヵ月~6ヵ月間)。
この間、消毒薬や抗生剤による自宅ケアはもちろん、定期的な通院も必要です。
インプラントと骨がしっかり結合していると確認できたら、連結部の「アバットメント」をインプラントに装着する手術を実施します。
2回目の手術も局所麻酔後、歯肉の切開、アバットメントの装着、縫合という手順で、手術時間は1時間程度(本数などにより異なります)です。
人工歯の取り付け
2回目のインプラント手術後、歯肉(歯茎)が完治したら、歯型をとって「人工歯」を作り、アバットメントに取り付けます(人工歯を取り付ける前に、プラスチックの仮の歯で調整を行ないます)。
人工歯は通常、1~2週間で完成します。

インプラント治療の費用と医療費控除

インプラントの費用と医療費控除

インプラント治療の費用は、保険適用外となります。

歯科によって費用設定が異なります。

治療部位や口腔内の状況によっても変わるので、歯科を検討する際は事前に費用を確認しておきましょう。

また、1年間の医療費が10万円を超えた場合(年収によって10万円以下も対象となる場合があります)、医療費控除により税金の一部が還付されます。

高額な治療費を要するインプラント治療では、医療費控除の対象となるケースが一般的なので、確定申告の際は忘れずに申請するようにしましょう。

インプラントの手術を行なう歯科病院の選び方

インプラントの手術を行なう歯科病院の選び方

インプラント治療は高額ですし、手術が必要な治療です。インプラント治療を行なう場合、信頼できる歯科病院を慎重に探しましょう。歯科病院を選ぶ際に注意すべきポイントは、以下の通りです。

  • インプラント治療以外の治療方法も説明してくれるかどうか。
  • 治療後のメンテナンスについて説明してくれるかどうか。
  • 料金(治療費)が明確にされているかどうか。あまりにも安すぎたり高すぎたりしないかどうか。

また、インプラント治療に関する知識や技術の深い歯科医師には、「インプラント認定医」や「インプラント指導医」として認定証が交付されますので、参考にしてもよいでしょう。