施設リサーチ ホームメイト・リサーチご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

病院・クリニック・医院

文字サイズ

この用語集では、歯科に関する用語(ら行)をご紹介します。歯科病院やデンタルクリニックでよく聞く言葉を、五十音順に並べて掲載しています。

歯科用語集

歯科用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ら行

  • ラバーダム

    ラバーダム(ラバーダム)

    根管治療などで、治療中に唾液が入り込まないように、患部の歯の周囲をゴムの膜で覆う治療方法のこと。治療時に口腔内を危険因子の少ない環境に整えることが目的で、外科治療と同様に患部以外の安全確保を図る。根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥を防止する、ラバーダムシートの張力によって開口を補助するなどの利点がある。海外での治療ではほとんど使われるが、日本ではまだ使用が少ないと言われている。

  • リーマー

    リーマー(リーマー)

    根管治療に用いる歯科用器具の一種。細菌に感染した歯質を削り取るための器具で、刃の部分が緩やかならせん状になっており、回転する操作で、根管を拡大したり掃除したりする。様々なサイズがあり、手用のものと電動式エンジンに装着して使うものがある。同じような目的で使う器具としてファイルがあるが、ファイルは異物をかき出すように使うため、刃の形状が三角形または四角形となっている。通常は、リーマーを先に使い、後でファイルを使う。

  • リテーナー

    リテーナー(リテーナー)

    歯の矯正治療後、矯正装置を外した後に歯並びが元に戻らないようにするために使用する保定装置。矯正治療後も、歯根部分の周囲の骨は不安定な状態にあるため、リテーナーで一定期間正しい位置に固定する必要がある。全体を留めるものから、部分的に留めるもの、また装着が自由にできるものと固定されたものなど、いくつもの種類がある。入れ歯のように、ワイヤーが付属した上あごにはめる樹脂製のタイプが一般的に用いられる。歯の位置が落ち着いてきたら、歯科医と相談しながら装着時間を徐々に減らしていくようにする。

  • リドカイン

    リドカイン(リドカイン)

    歯や歯茎の治療の際に用いる局部麻酔で、「キシロカイン」とも言う。神経を一時的に麻痺させて痛みを感じさせなくする麻酔で、治療する患部に注射によって直接投与する。比較的早く作用して体への負担が少ない。胎児への悪影響もないため、妊婦にも使用できる利点がある。ただし、人によってはショック症状を起こす可能性があり、薬剤一滴でも意識喪失や呼吸困難などに陥る場合がある。そのため、使用前に適応テストを行なう場合もある。

  • ルートプレーニング

    ルートプレーニング(ルートプレーニング)

    歯根に付着している歯石等を取り除き、歯根の表面を滑らかにして再付着を防ぐこと。歯周病などで、通常は歯垢などを除去するスケーリングを行なった後に、仕上げとして行なう。歯根表面の歯垢などによって汚れたり軟化した象牙質やセメント質を取り除き、歯根面を硬く滑らかな面にする。スケーリングと合わせて行なうことで、歯質を損傷せずに歯周ポケット内の菌や歯垢を除去することで、歯根と歯肉の組織同士が結合し歯周ポケットの隙間は狭くなるため、歯周病の再発防止に効果が期待できる。

  • レーザー治療

    レーザー治療(レーザーチリョウ)

    レーザー光線を虫歯や歯茎などに照射する治療法。半導体レーザーやアルゴンレーザーなど多くの種類があり、それぞれ治療できる範囲や効用が異なる。虫歯治療では、歯を削るときの振動や音などをないため、患者に不快感を与えず、痛みも少ないというメリットがある。歯茎の切開では出血が抑えられるため治療部位が正確に把握でき、治療の効率化に繋がる。ただし、歯を削る治療と比較すると時間がかかり、被せ物や詰め物には対応できないなど、限られた範囲の治療となる。また、治療内容によっては、健康保険の適用外となり、自費負担となる。

日本全国の総合病院や医院・クリニック・診療所を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
ページトップへ