施設リサーチ ホームメイト・リサーチご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

病院・クリニック・医院

文字サイズ

この用語集では、歯科に関する用語(な行)をご紹介します。歯科病院やデンタルクリニックでよく聞く言葉を、五十音順に並べて掲載しています。

歯科用語集

歯科用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

な行

  • ナイトガード

    ナイトガード(ナイトガード)

    歯ぎしりの治療に用いられる器具。プラスチック製の透明のマウスピースで、就寝時に歯に装着することで、歯ぎしりによる歯やあごにかかる負担を軽減し、症状を和らげる効果がある。また、歯ぎしりによるあごや肩、首の筋肉の緊張から、目覚めたときに現れる不快症状を緩和させる効果も見られる。歯ぎしりの大きな原因は、精神的ストレスによるものと考えられ、マウスピースを装着することで、安心感を与え、ストレスの軽減に繋がる場合もある。

  • 日本歯科医師会

    日本歯科医師会(ニホンシカイシカイ)

    歯科医師を個人会員として組織されている公益社団法人。1903年に設立され、現在歯科医師の加盟は任意である。歯科に関する啓蒙、啓発活動や患者・歯科医師の権利保護に向けた社会活動などを実施している。活動内容としては、学校検診や夜間・休日当番医などの割り振りの決定や、国民のデンタルIQを高めるための広報・PRなどを行なっている。日本歯科医師会が全国組織で、その下に各都道府県の歯科医師会があり、さらにその下に各郡市の歯科医師会があるという3層構造からなる。

  • 乳歯

    乳歯(ニュウシ)

    生後6ヵ月頃から生え始める子供の歯。永久歯が生えると抜け落ちることから「脱落歯(だつらくし)」とも言う。通常は、上下合わせて20本で、2〜3年で生え揃うが、6〜12歳の間に永久歯に生え替わる。咀嚼機能の発育のために重要な役割を持ち、永久歯に生え替わるまでの前駆的な存在となる。中切歯や犬歯、臼歯など永久歯と似ているが、永久歯よりも小さく、強度も弱い。また、有機質の含有量が多く、酸に弱い性質がある上に、小児は歯磨きや自浄作用が不十分なため、虫歯にかかりやすく、進行も速い。その反面、痛みが少ないために歯髄や歯根部への炎症にまで広がりやすい。乳歯の時期の虫歯や歯の消失は、永久歯の萌出に異常が生じ、歯並びにも影響する。

  • 膿瘍

    膿瘍(ノウヨウ)

    歯槽部の炎症によって化膿が起こり、歯根部分に膿がたまった状態のこと。虫歯の進行で歯根部分の感染が原因で引き起こされる歯槽膿瘍と、歯周病が原因で引き起こされる歯周膿瘍がある。歯槽膿瘍は、虫歯付近の歯槽粘膜が赤く腫れて、押すと痛みを感じる。切開して膿を排出した後に原因歯の根治治療を行なう。歯周膿瘍は、歯周ポケットの入口が閉鎖されて、その中で膿がたまる状態。腫れや押すと痛みを感じ、歯の動揺も見られる。切開して膿を排出した後、歯周ポケット内の消毒・殺菌を行なう。

日本全国の総合病院や医院・クリニック・診療所を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
ページトップへ