施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院/歯科医院用語集(た行)



この用語集では、歯科に関する用語(た行)をご紹介します。歯科病院やデンタルクリニックでよく聞く言葉を、五十音順に並べて掲載しています。

脱灰

脱灰(ダッカイ)

虫歯菌の作り出した酸によって、歯のエナメル質や象牙質からリン酸カルシウム溶出すること。エナメル質はハイドロキシアパタイトと言う物質でできており、酸に溶ける性質がある。虫歯菌は砂糖を原料に酸を生成するためエナメル質を溶かす。虫歯菌に限らず口腔内が酸性の状態であればエナメル質が溶けやすい状態にある。脱灰が始まると最初は白濁し、その後茶色になってエナメル質に穴が開く。脱灰が起きた部分を唾液が修復する作用を「再石灰化」と言うが、脱灰が再石灰化を上回ると、初期の虫歯となる。

脱臼

脱臼(ダッキュウ)

外からの力によって歯根膜が損傷し、歯が歯槽骨から抜けてしまうこと。歯が歯槽骨から完全に抜け落ちてしまう完全脱臼と、一部の歯根膜が断裂しただけで抜け落ちていない不完全脱臼に分けられる。脱落後、乾燥状態で1時間以上放置すると歯根膜が死んでしまうため、早期に自身で元の位置に歯を戻すか、歯科医院で治療を受ける。歯を元の位置に再植し、両隣の歯に固定する。歯根膜の乾燥やひどい汚れがない限り、再植の成功率は高いとされている。

知覚過敏

知覚過敏(チカクカビン)

虫歯がないのに、冷たいものや酸味の強いものを飲食や歯磨きの際に歯がしみる症状。歯茎がやせて歯根部分が露出したり、エナメル質が薄くなって象牙質の刺激が歯髄に伝わって起こる。原因としては歯ぎしりや咬合の不良、間違ったブラッシングが考えられ、軽症の場合は、知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯磨きをすれば、症状の緩和が期待できる。治療法としては、しみる歯にコーティング剤を塗布して、外からの刺激を防御する。また、歯ぎしりから由来する場合は、マウスピースの装着なども行なう。

智歯周囲炎

智歯周囲炎(チシシュウイエン)

正常に生えて来なかった親知らずと、その周囲の歯肉との隙間に汚れや細菌が溜まり、炎症が起きている状態のこと。高校生から大学生ぐらいの年頃に多く見られ、「ペリコ」とも言う。初期症状は、親知らずの周囲の歯肉が腫れて、飲食時などに痛む程度だが、進行すると炎症が広がり、口が開くときに痛みが伴う。さらに顔面や耳のあたりまで痛みが広がり、嚥下時も痛みが伴うようになって、高熱が出る場合もある。治療は、炎症部分を消毒し、抗生物質や消炎剤、鎮痛剤を用いる。数日で症状が軽くなり、やがて治癒に向かうが、発熱や炎症がひどい時には、入院治療が必要な場合もある。

ティッシュコンディショニング

ティッシュコンディショニング(ティッシュコンディショニング)

合わない義歯によって歯茎の粘膜が圧迫されて傷つけられている場合に、義歯と歯茎の密着部分に弾力と粘着力がある調整材を使用して、粘膜の回復を図る処置のこと。「粘膜調整」とも呼ばれる。義歯と歯茎の間に「ティッシュコンディショナー」と呼ばれる粘膜性のゴム質の材料を使用して、隙間を埋め、クッション的な働きで粘膜の傷や擦れを解消する。何度も繰り返し行なうことで、吸着と安定を高めていく。ティッシュコンディショナーの持続期間は2週間〜1ヵ月とされる。

挺出

挺出(テイシュツ)

噛み合わせる相手の歯が失われてしまった場合などに、歯が隙間に向かって歯槽骨から抜け出てくること。「エクストリュージョン」とも言う。噛み合わせる歯がない状態が続くと、上の歯は下へ、下の歯は上へと伸びてくる。見た目では歯が伸びているように見えるが、歯槽骨から抜け出てきているので、長期間放置しておくと歯に動揺が見られる。歯があっても、削ったりして短い場合にも起こる。矯正治療ではバランスを整えるために、意図的に行なうこともある。また、反対に歯が歯槽骨に埋まっていくことを「圧下(あっか)」と言う。

テンポラリークラウン

テンポラリークラウン(テンポラリークラウン)

前歯を治療中に、最終的な補綴物が入るまでの間に装着しておく仮の歯のこと。「TEK(テック)、仮歯」とも言う。前歯部の治療では、最終補綴物を合着するまで審美的な問題を解消のために、臼歯部では咬合の安定化を図るために用いられる。また、歯茎の状態を自然な状態に保つことや、窩洞に隣接している歯の移動を防ぐなどの目的もある。歯科医師自らが印象を利用して製作したり、既成の仮歯を利用したりする。作製する場合は、レジンを用いることが多い。

DMF指数

DMF指数(ディーエムエフシスウ)

集団における虫歯にかかった状態を知るために使われる指数で、集団の1人平均値を表す。「DMF」とは、虫歯を治療したことを数値化したもので、Dは虫歯を治療していない歯、Mは虫歯で抜歯した歯、Fは虫歯を治療した歯を意味する。歯を意味するteethを加えて、「DMFT指数」とも言う。また、DMFT指数の他に、前歯4面、臼歯で5面の歯面数を用いたDMFS指数を用いることもある。被験者のDMF歯数の合計÷被験者数で算定する。永久歯は大文字で表記し、乳歯は小文字で表記する。

デンタルフロス

デンタルフロス(デンタルフロス)

ナイロンなど細い糸状のものを束ねた歯と歯の間を清掃する器具。デンタルフロスを使ったケア方法を「フロッシング」と言う。糸のみで形成され、両端を手で持ち、歯と歯の間にスライドさせながら入れていき、ブラッシングでは落とせない歯と歯の間の歯垢や食べかすを除去する。虫歯や歯周病は、歯と歯の間から起こるものが多く、ブラッシングと共に重要なケアと位置づけられている。なお、歯と歯の隙間が広い場合には、歯間ブラシを使用する。

トゥース・ブラッシング・インストラクション

トゥース・ブラッシング・インストラクション(トゥース・ブラッシング・インストラクション)

歯科衛生士による正しいブラッシングの指導のこと。虫歯や歯周病にかからないためにはセルフケアが重要となる。中でも日常のブラッシングはセルフケアの中で大きなウエイトを占めるが、適切なブラッシングが行なわれていないと効果も少なく、磨き残しによって歯垢や歯石が作られてしまう可能性が高い。そのため、歯列や歯の状態に合わせて有効的なブラッシングを行なえるように指導し、セルフケア効果を高めて、口腔内環境の維持を図ることを目的としている。

トライセクション

トライセクション(トライセクション)

上あごの大臼歯の3本ある歯根の内、1本だけを切断して抜いてしまう治療法。歯根が折れたり穴があいてしまったりして残すことが不可能でも、他の歯根の状態が良い場合に、悪くなった歯根だけを分割して抜歯し、他の歯根を残す。残った歯根は隣接の歯とブリッジで連結することが一般的である。ただし、時間の経過で歯根破折により抜歯となるケースが多く見られる。なお、下あごに対しての治療法は、「ヘミセクション」と言うが、上下の区別なく呼ばれることも多い。

動揺度

動揺度(ドウヨウド)

歯周病によって、歯を支えている骨が吸収されたときの歯がぐらつき具合。動揺の状態により歯周病の進行を確認する。歯がほとんど動かない場合は動揺度0、歯が頬側、舌側だけに若干動く場合は動揺度1、動揺度1の状態に加えて、歯が左右に動く場合は動揺度2、さらに動揺度2の状態に加えて垂直方向(上下)に動く場合は動揺度3と、4段階に分けられる。動揺度2以上であれば、重度の歯周病となり、動揺度3の場合は抜歯の必要性が高くなる。

ドライソケット

ドライソケット(ドライソケット)

抜歯時に出血が極端に少なく、抜歯窩を塞ぐ血餅ができずに、歯槽骨が露出したままになって炎症を起こした状態のこと。本来なら抜歯後に血餅ができて傷を塞ぐが、血餅が十分に形成されなかったり、強いうがいを繰り返しにより、洗い流されてしまったりするのが主な原因である。通常は、抜歯後に麻酔が切れたときに痛みを感じるが、ドライソケットでは、抜歯後2〜3日後に症状が現れ、激しい痛みを伴う。治療としては、傷口を洗浄・消毒したり、再出血させたりして血餅を形成させる方法がとられる。

ドライマウス

ドライマウス(ドライマウス)

唾液が出ず、口が渇いている状態が続く病気で、「口腔乾燥症」とも言う。唾液が出ない他に、口腔内が痛んだり口角炎ができるなどの直接症状や、口が渇くことで会話が長くできなかったり、食物を飲み込めなかったりする間接症状も現れる。主な原因では、加齢、内服薬の副作用、口呼吸、口腔内の不潔などが挙げられるが、糖尿病やパーキンソン病などから起因する場合もある。ドライマウスの対処法では、喫煙や節酒が必要で、スポーツ飲料や水をこまめに飲用すること、キャンディーやレモン、梅干しなどを口にして、唾液を出すようにすることが必要で、口内洗浄や殺菌も行なう。

医学生モエに聞くいい病院の探し方
投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。