施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院/歯科医院用語集(さ行)



この用語集では、歯科に関する用語(さ行)をご紹介します。歯科病院やデンタルクリニックでよく聞く言葉を、五十音順に並べて掲載しています。

サージカルステント

サージカルステント(サージカルステント)

インプラント手術のときに、インプラントを埋め込む位置の確認のために使用される透明樹脂の型。インプラント治療に先立ち、歯型を取ってレジンで作製する。治療前は、インプラントの位置やサイズを決定するために役立ち、インプラント治療中では、歯肉を開いてインプラントの埋め込み位置と方向をガイドする。治療の精度の向上をはじめ、効率化やスピード化に大きな役割を果たす。また別の意味として、止血や患部保護、固定などを目的に使われる装置の総称も言う。

再石灰化

再石灰化(サイセッカイカ)

唾液中のカルシウムやリンが歯に付着して、脱灰が起きた部分を修復する働きのこと。歯の表面はエナメル質で覆われており、その成分は「アパタイト」と呼ばれるリン酸カルシウムとフッ化カルシウムの混合物からなる。虫歯菌が付着すると酸を作って、歯の表面を溶かす(脱灰)が、その際にミネラルの溶出が始まる。唾液由来のミネラルと溶出したミネラルのpH濃度が高まると、修復作業が始まる。脱灰に再石灰化が追いつかないと虫歯になるが、ごく初期の虫歯なら再石灰化で治る場合もある。

サイナスリフト

サイナスリフト(サイナスリフト)

インプラントを埋入するために上あごの空洞部分に骨を移植して、あごの骨の量を増やす手術法。「上顎洞底挙上術(じょうがくどうていきょじょうじゅつ)」とも言う。 サイナスは「副鼻腔(ふくびこう)」とも呼ばれ、上顎骨の鼻の横にある大きな空洞のこと。上顎奥歯の歯を失うと、「サイナス」と呼ばれる上顎の空洞が拡大する。そこでインプラント(人工歯根)の挿入スペースを確保するために、鼻の横にある上アゴの空洞部分に骨や骨補填材を移植することで、インプラントの埋入に必要なだけの厚みを確保する。

差し歯

差し歯(サシバ)

虫歯などを治療した後に、歯根部分に土台となるコアを埋め込み、その上に装着する被せ物のこと。「クラウン」とも呼ぶ。差し歯の種類は多種多様で、健康保険の適用内と適用外、色、材質、装着する歯の種類によって異なり、価格も数千円のものから10万円を越えるものまで幅広い。歯や噛み合わせ状態、患者の希望によって決めることになる。取れたり壊れたりした場合、保険適用内のものは、「補綴物維持管理」によって、治療した歯科医医で無償対応をしてくれるが、保険適用外のものは、医院によって対応が異なる。

サホライド

サホライド(サホライド)

フッ素と銀を含んだフッ化ジアミン銀の溶液のことで、虫歯や知覚過敏に効果を発揮する。塗布すると、フッ素の虫歯予防効果と硝酸銀の殺菌効果、鎮痛効果により、虫歯の進行を食い止め、知覚過敏の症状を軽減するなどの効果が期待できる。ただし、銀が付着するため虫歯部分はすぐに黒く変色するため、変色しても大丈夫な部分や、小児、通院が困難な高齢者などに用いられる。なお、対症療法のため、塗布後は定期健診による経過観察が必要になる。

暫間固定法

暫間固定法(ザンカンコテイホウ)

歯周病などが原因で動揺している歯を、噛み合わせやブラッシングに絶えられるよう、両隣の歯などに一時的に固定すること。動揺度2度以上に適応し、咬合圧や咬合力を分散させて歯を安静にする。また歯の移動、挺出や食片などの圧入を防止する目的もある。固定する期間は特に定めないが、一時的な処置であるため長期間にはわたらない。固定方法は主に審美性に優れ、簡便な接着性レジンが用いられるが、金属性ワイヤーや、プラスチック製の仮歯などを使用することもある。

CO

CO(シーオー)

Questionable Caries for Observationの略で、要観察菌があること。虫歯とは断定できないものの虫歯の初期症状の疑いがあること。エナメル質が脱灰している場合は、口腔内の衛生状態を改善することで、再石灰化による自然治癒が期待できるため、治療は行なわない。虫歯への進展を防ぐために、歯磨きを徹底したり、間食に注意したりして口腔内の衛生状態を良好に保つようにする。さらに、フッ素塗布やシーラントで予防処置を実施する。

C

C(シーラント)

虫歯のことでカリエス(Caries)の頭文字。虫歯の進行度合いをCの後に数字を用いて表現する。C1は虫歯の初期段階で、エナメル質が蝕まれている状態。C2は虫歯が象牙質まで進行している状態。C3は虫歯が歯髄にまで進行している状態。C4は虫歯によって歯冠部がほとんど失われ、歯根部だけが残っている状態。C2までの状態であれば、短期間の治療で治るが、C3では長期間の治療が必要となり、C4では歯を残すことができない場合が多い。

シーラント

シーラント(シーラント)

奥歯の溝を薄いプラスチック樹脂で塞ぎ、虫歯などから予防する方法。奥歯の溝は狭く深いため、歯ブラシが届きにくく汚れが溜まりやすいことから、プラスチック樹脂で奥歯を完全に塞いで保護することで虫歯の発生を予防する。近年ではシーラント材料も発達し、歯を固く丈夫にしてくれるフッ素を混入したフッ素徐放性シーラントなども開発されるなど、予防効果がさらに向上している。子供の乳歯や生え始めたばかりの永久歯に用いられることが多い。

歯科衛生士

歯科衛生士(シカエイセイシ)

歯科診療の補助や、衛生指導を行なう国家資格の専門職。歯科衛生士は、歯科疾患の予防、及び口腔衛生の向上を図ること目的に、①歯科予防処置、②歯科診療の補助、③歯科保健指導の3業務が法律で定められている。歯科予防処置では、フッ化物の塗布や歯垢・歯石の除去などを行ない、歯科診療の補助としては、歯科医師の指示を受けて治療の一部を担当する。また、歯科保健指導では、歯磨き指導や訪問口腔ケア、カウンセリングなどに携わる。専門性の高い知識と技術が必要になる他、全身の健康を考えた医療知識や患者とのコミュニケーション力も求められる。

歯科技工士

歯科技工士(シカギコウシ)

被せ物や入れ歯などの歯科技工物を作る国家資格の専門職。失われた歯の一部分や歯の形や機能を回復し、見た目を損なわないように、歯科医師の指示を受けて専門的な業務を行なう。具体的にはクラウン、ブリッジ、義歯、インプラント、矯正装置などを作成すると共に、それらの修理や加工も手がける。歯科医師や歯科衛生士と連携を図りながら、患者に合った補綴物や充填物、矯正装置を作成するため、高度な知識と技術が必要とされる。また、日本の歯科技工の技術は世界でも高いレベルにあり、海外で活躍する専門家も多い。

歯冠・歯根

歯冠・歯根(シカン・シコン)

歯は"歯冠"と"歯根"からなり、歯冠は歯茎から出ている部分、歯根は歯茎に埋まっている部分を言う。歯冠の外から見える部分はエナメル質で、その内側には歯冠から歯根にかけて象牙質が全体を占める。さらにその内部には細い血管やリンパ管、神経が集まる歯髄があり、歯に酸素や栄養分を運んでいる。歯根は、セメント質に覆われており、歯と歯槽骨を結びつけている歯根膜や、血液と歯髄を結ぶ根管など、歯と体を繋ぐ機能が集約されている。

歯牙破折

歯牙破折(シガハセツ)

転倒したり顔面を強打したりしたときに、歯の表面や根の部分が折れたり欠けたりすること。歯冠が折れてしまうことを「歯冠破折」、根の部分が折れてしまうことを「歯根破折」と言う。歯冠破折は目視で確認できるが、歯根破折は目視では確認できないため、打診痛や動揺度で判断し、さらにレントゲン検査で状態を認識する。歯冠破折は破折線が歯根まで及んでいない場合、補綴物で修復が可能。また、歯根破折の場合は、ほとんどが抜歯となるが、一度歯を抜いて修復した後に再殖する再生術もある。

歯牙漂白

歯牙漂白(シガヒョウハク)

歯を白くするための治療で、「ホワイトニング」や「ブリーチング」とも呼ぶ。歯を削ることなく白くする治療だが、漂白が可能かどうかは医師の判断による。漂白方法は、オフィスブリーチングとホームブリーチングの2方法があり、オフィスブリーチングでは、十分に歯をクリーニングした後、過酸化水素水などを成分とした漂白剤を塗布して、レーザー光線を照射する。1回の漂白で高い効果が得られる。また、ホームブリーチングは、マウスピースのような型を作製して、型の内面に漂白剤を入れて歯に被せる。毎日一定時間、歯を漂白剤に浸すことで、歯を白くすることができる。

歯垢

歯垢(シコウ)

口腔内細菌が作り出す、虫歯や歯周病の原因となる物質。食べかすに含まれる糖類が結合してできるデキストリン(多糖類)や細菌などの塊。「プラーク、歯糞(しふん)」とも言う。歯垢の中の細菌が産生する酸や毒素が、虫歯や歯周病を引き起こす。プラークコントロールによって歯垢を除去し、細菌の数を減少させ、虫歯や歯周病の予防・改善に効果的とされる。歯垢が形成されてから酸や毒素を産生するまで24〜48時間要するため、毎日の正しい歯磨きでも十分に予防が可能である。

歯根吸収

歯根吸収(シコンキュウシュウ)

歯根部分の歯質が溶けて抜けやすくなること。乳歯の生え代わりの時期や矯正治療を行なった後などに見られる。歯根吸収では、根尖の約3分の1が溶けることもあり、直接的な原因は明らかにされていないが、矯正力が強かったり、傾斜移動をすると発生が高いとされている。軽度の場合は、安静にしておくと歯根が再生する可能性がある。しかし、重度に進行したものは歯が動揺しやすくなり、歯周病などで歯を支える骨が少なくなってくると抜けやすくなる。

歯式

歯式(シシキ)

歯科診療やカルテなどに記載するために用いる、歯の位置や欠損状況を示すための書式。表記記号や呼称番号を記す。日本では、永久歯の場合、親知らずを含めて上下8本ずつの歯があるため、1〜8番の番号が割り振られている。番号は正中に近い前歯を1とし、奥歯に行くにしたがって数が大きくなる。乳歯の場合は、番号でなくアルファベットを用いられ、前歯に近い方からA、B、Cと呼ばれる。番号、アルファベットとも上下左右で同じ番号が呼ばれる。番号の割り振りはアメリカ式やFDI式などで異なる。

歯周病

歯周病(シシュウビョウ)

歯と歯茎の間にある歯肉溝から細菌が入り、歯肉の炎症を引き起こし、さらに歯槽骨を溶かす病気。歯肉炎、歯周炎の総称で、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも言う。歯周病の原因は、歯に付着した歯垢で、やがて唾液成分と混ざって歯石となり菌が繁殖する。この菌が歯肉溝に入り込んで発症する。歯茎の腫れがあり、歯磨きをすると出血が見られるなどの症状がある。さらに進行すると歯が動揺しやすくなり、痛みが伴う。予防としては、歯垢・歯石の除去と適正なブラッシングが必要となる。

歯周ポケット

歯周ポケット(シシュウポケット)

歯周病によってできる歯と歯茎の隙間のことで、この深さによって歯周病の進行度合いを判断する。健康な歯茎で深さが1〜2mm、歯周病が進行していると6mm以上になる。歯科医院では専用の測定器具を使って深さを測り、進行度を把握する。歯周病の治療は、まずこのポケット内の汚れを除去し、その後歯茎の炎症を抑えていく。治療を行なうと歯茎が引き締まり、ポケットは浅くなる。なお、歯石の除去には歯周ポケットの検査が必要になる。

歯髄炎

歯髄炎(シズイエン)

歯髄が炎症を起こし、歯がしみたり、痛みなどを伴う病気。歯髄には、歯髄神経と血液が通っており、炎症を起こすと激しい痛みを伴う。原因のほとんどは虫歯による細菌感染で、虫歯を放置しておいたことで、虫歯の細菌が歯髄内に侵入して発症する。軽症の場合は消炎処置を行なうが、進行した場合は根管治療で抜髄を行なう。ただし、症状が軽くても炎症が歯髄内に一気に広がる可能性が高いため、ほとんどが根管治療となる。知覚過敏と似た症状だが、激しい痛みや継続的な痛みがある場合、または打診によって痛みがある場合は歯髄炎の可能性が高い。

歯石

歯石(シセキ)

歯垢が唾液の成分によって固まったもの。「タータ」とも言う。磨き残しなどで歯垢が除去されないまま残り、唾液のカルシウムと結合して硬い石状の物質に変化する。歯垢から歯石に変化する期間は2日間とされる。歯石になると歯磨きでは除去できないため、虫歯菌や歯周病菌など細菌の繁殖が活性化し、虫歯や歯周病などの原因となる。放置しておくとさらに硬さが増し、歯石の数も増え続ける。歯石を除去するためには、歯科医院で専門的な除去治療が必要になる。

支台歯

支台歯(シダイシ)

ブリッジや義歯などの補綴物を支えるために使用される歯のこと。支台歯となる歯には、通常の歯以上に大きな咬合力がかかってくるため、それに耐えられるだけの十分な過重負担能力が求められ、咬合など適合性も必要とされる。また、健康な歯であっても削って形態を整えなければならないため、健康な歯よりも寿命が短くなる。一方で、インプラントは支台歯の数を減らすことができ、健康な歯への負担がかからないことからも注目されている。

支台歯形成

支台歯形成(シダイシケイセイ)

ブリッジ、義歯などの補綴物や修復物を装着するために、支台歯となる歯を削って形態を整える作業のこと。補綴物、修復物の保持力や審美性、強度、適合性、正常な咬合が得られるように形成することが求められる。また、使用する補綴物、修復物に合わせた形態に形成する必要がある。形成作業は、回転切削機などで歯を削りながら形態を整え、微調整や仕上げを行なう。

歯肉

歯肉(シニク)

口腔粘膜の一部で、「歯茎(はぐき)」と呼ばれる部分。歯の周囲を囲んで保持し、歯槽骨を保護する。部位によって性状が異なり、歯頸部の周りを囲み、歯肉溝を形成している歯肉を「遊離歯肉」、歯槽骨やセメント質と結合していて可動性がない歯肉を「付着歯肉」、歯と歯の間の部分の歯肉を「歯間乳頭(乳頭歯肉)」の3つに分類される。臼歯部のくぼみ部分の乳頭歯肉は「コル」と呼ばれる。正常の場合は、鮮やかなピンク色をしているが、炎症があると赤色、貧血になると白色に変化する。

笑気鎮静法

笑気鎮静法(ショウキチンセイホウ)

麻酔の使用が好ましくない場合に、笑気(亜酸化窒素)を鼻から吸入することで、治療時の緊張感や不安を和らげる方法。笑気麻酔は、主に高血圧で心的ストレスをかけたくない患者や障害を持つ患者などに使われており、歯科恐怖症の人にも有効とされる。副作用もない。鼻にマスクを装着して吸引することで、痛みや恐怖感を感じにくくなり、リラックスした状態で歯科治療を受けられる。ただし、鎮静効果が長く持続せず、笑気だけでは十分な麻酔効果は得られないため、治療には通常の麻酔注射も必要である。

審美歯科

審美歯科(シンビシカ)

基本的な歯科治療と共に、口腔内を外見的に整える治療を行なう歯科。歯を白く輝かせるホワイトニングや薄いセラミックを歯に接着し、色や形や隙間を改善するラミネートベニヤ、歯垢や歯石を除去するクリーニング、歯並びをきれいに見せる歯列矯正など、形態美や色彩美を中心に治療を行なう。その他オールセラミックなど特殊な材質による人工歯なども用いる。機能的治療でないため健康保険の適用外となるため、治療は自費負担となる。

GO

GO(ジーオー)

歯周病疾患要観察者のことで、Gingivites for Observationの略。歯肉に軽度の炎症が見られ、適切なブラッシングや口腔内の衛生状態の改善によって、歯周病症状が消滅すると期待できるもの。歯肉に歯垢や歯石の付着が見られず、部分的に軽い炎症を起こしている場合に多く見られる。歯垢がつきにくいように心がけ、適正なブラッシングをするなど予防治療を徹底することで、歯肉が引き締まり、炎症が消滅する可能性が高い。

GTR

GTR(ジーティーアール)

歯周組織の再生療法のひとつで、歯周組織再生誘導法のこと。Guided Tissue Regenerationの略。歯周病で失われた歯周組織を再建させるために、歯槽骨を再生させていくことを目的とした治療法。破壊された歯槽骨をメンブレンと言う特殊な膜を歯肉の下に一定期間設置させ、歯肉の侵入を防ぐようにスペースを確保する。そのスペース内で破壊された歯槽骨を徐々に再生させていく。実際には象牙質と接着していない有細胞セメント質の新しい付着が起こることになる。

上唇小帯付着異常

上唇小帯付着異常(ジョウシンショウタイフチャクイジョウ)

「上唇小帯」とは、上唇の内側の粘膜と歯茎とを繋ぐ細いヒダの部分で、この部分が歯茎と歯の境目付近までに伸びている状態のこと。幼児期によく見られる。上唇小帯は、通常、生後1歳くらいまで歯の近くに付着しているが、あごの発育で上方に移動する。何らかの原因でこの付着部位が移動せず歯の生え際で残っていると、前歯の隙間が空いたり、唇の動きが悪くなったり、小帯によってブラッシングが妨げられたりする。発育と共に歯並びなどにも影響するため、早期に切除する場合が多い。

スケーリング

スケーリング(スケーリング)

歯に付着した歯垢や歯石を取り除く治療で、「スケーラー」と呼ばれる治療器具で行なわれる。歯垢や歯石を取り除くことで、歯周病の改善や予防に効果的で、特に歯石は歯磨きでは除去できないため、歯科医院で定期的に除去する必要がある。スケーラーには様々な種類があり、付着状態や部位によって使い分ける。歯科衛生士が行なう予防的なスケーリングと、歯科医が行なう治療的なスケーリングに分類される。スケーリングを行なう間隔は、個人差はあるが3〜6ヵ月に1回程度が望ましいとされる。

3Mix-MP法

3Mix-MP法(スリーミックスエムピーホウ)

3種類の抗生物質・抗菌剤の混合薬を虫歯部分に詰めて治す治療法。通常の虫歯部分を切削する治療法と異なり、薬剤によって虫歯の原因となる菌を殺菌して治癒する。このため、細菌感染した歯をすべて削らず薬剤を詰める部分だけなので、歯の切削量を減らし天然歯をできるだけ残すことができる。削る量が少ないため、無痛療法に近い治療が行なえる。また神経を抜かずに残せる可能性もある。ただし、実際に行なっている歯科医院が少なく、従来治療法との優位性については十分なデータがないという実状がある。

セメント質

セメント質(セメントシツ)

歯根の表面を覆っている組織で、歯根膜や歯槽骨、歯肉と共に歯周組織を形成する。成分は無機質60%、有機質25%、水15%となり、骨とほぼ同じ構造を持つ。萌出後間もない歯のセメント質は薄いが、加齢とともに厚くなる。セメント質は、歯頸部から根尖部付近にわたって、象牙質表面を薄く被覆している部分の有細胞セメント質と、歯根の根尖側1/3に存在し、無細胞セメント質を被覆している部分の無細胞セメント質に分類される。

舌苔

舌苔(ゼッタイ)

舌の表面発生する白色、黄褐色、黒色の苔状のもの。唾液の分泌や口腔内の細菌、体調などの影響を受け、内臓の状態を反映すると言われている。胃粘膜の状態が悪いと舌苔は厚くなり、味覚異常や口臭が強くなる。これは、味覚などを低下させて食物の摂取量を減らすことで、胃腸を保護する役割と考えられている。口臭の治療や口内衛生の面で、舌苔の除去を勧める場合もあるが、体調管理のシグナルとして舌苔の必要性も認められており、無理に除去しない考え方も広がっている。

叢生

叢生(ソウセイ)

歯の生える向きが斜めになったり、ねじれを伴ったり、歯と歯が重なり合ってしまう状態で歯列不正の一種。八重歯などがこれに当たる。原因として、あごの発達に対して歯の大きさが合っていないなどが考えられる。乳歯と永久歯が混合して経ている時期に、乳歯が虫歯にかかっていたり、永久歯が生える前に脱落したり、永久歯が生えかけているにも関わらず乳歯が脱落しない場合によく見られる。歯列が悪いため、歯垢や歯石がたまりやすく虫歯や歯周病にかかりやすく、審美的にも問題が多い。治療としては、歯がきれいに並ぶようスペースを確保して、矯正を行なう。

咀嚼

咀嚼(ソシャク)

口腔内に運ばれてきた食物を、飲み込みやすくするために噛み砕いて細かくすること。食物を体内に取り込むための、最初の消化活動となる。咀嚼には、消化を助ける働きだけでなく、あごを発達させて歯を丈夫にしたり、唾液の分泌を促すことで口腔内の滅菌や再石灰化を促進する効果がある。また、内臓の働きを助け、大脳の働きを活発にすることで、精神安定や肥満防止などにも有効とされる。不正咬合や圧力異常は、咀嚼機能に悪影響を及ぼすとされ、歯周病や顎関節症の原因となる場合もある。

象牙質

象牙質(ゾウゲシツ)

歯の全体を構成する組織で、エナメル質の内側にある。象牙芽細胞によって作られ、構成成分は無機質70%、有機質20%、水分10%である。象牙細管が全体に走り、象牙質の形成と形成後の維持を行なっている。人体の中でも硬組織だが、エナメル質よりやわらかいため虫歯が達すると進行が速くなる。形成段階によって第一象牙質、第二象牙質と呼ばれ、虫歯などで刺激を受けた場合に作られるものは、第三象牙質(修復象牙質)と呼ばれる。

医大生モエに聞くいい病院の探し方
投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。