施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科/美容整形用語集(あ行)



美容外科/美容整形に関する用語(あ行)をご紹介します。

アーテコール

アーテコール(アーテコール)

樹脂のような非吸収性のポリメタクリル酸メチルという成分をコラーゲンに配合し、吸収されないように工夫されている注入医療材料。永久的で持続性が高いことが大きなメリットとされている。そのため、美容整形では美肌、肌の若返り、しわやしみの治療などによく使われ、最近では値段が手頃のプチ整形として人気が高い。局所麻酔を含んでいるため痛みもなくい。ただし、うまく注入されないと半永久的なトラブルを起こすことがある。

IPL

IPL(アイピーエル)

可視光線から近赤外線にわたる領域の波長の光を照射する治療器。シミ、そばかす、くすみなど肌のトラブルを解消することで広く利用されている。皮膚表面から浸透し、温熱作用を加えることで、皮膚組織や体内組織を刺激し、リンパ液や血液の循環を活発にする。患者の希望や症状に合わせて、領域内の最適な波長を照射する。メリットとしては、レーザーより光力が弱いため、皮膚に大きなダメージを与えないことや、治療時間が短時間で済むなどがある。

アクネ菌

アクネ菌(アクネキン)

ブドウ球菌と並んで皮膚に多く存在する菌で、ニキビの原因となる。皮脂を好み、毛穴の中で分解して脂肪酸を作る。毛穴の中にたまった脂肪酸が、紫外線や酸素などで酸化して黒ずみ、角栓をつくった状態が黒ニキビ。放っておくと目詰まりを解消できないため、毛穴の角質層が除去できずに化膿し、皮膚がもりあがって赤くなったものが赤ニキビとなる。アクネ菌を抑制するには正しい洗顔が大切で、消毒・殺菌剤の入った洗顔料を使って泡でやさしく洗うとよい。美容外科では、光化学治療(PDT)を使って、効果的に殺菌する方法も用いられる。

あざ

あざ(アザ)

メラニン色素の欠乏や異常などによって、肌が変色した部分のことを言う。医学用語では後天性のあざを「紫斑」、先天性のあざを「母斑」と呼ぶ。一般的には黒や茶色、青紫色などへ変色したメラニン色素性のものが多く、メラニン色素が表皮の浅いところで沈着すると黒くなり、表皮の深いところで沈着すると青紫になる。赤色に変色したあざは、毛細血管などが異常に増殖して起こる血管性のもの。レーザー治療により変色を解消したり、色を薄くしたりする。レーザー治療で改善されないものは皮膚移植を行なう。

アスコルビン酸

アスコルビン酸(アスコルビンサン)

ビタミンCを水溶液にしたもので、食品や栄養補給用サプリなどにも利用される。美容整形では、主に抗酸化作用としての治療に利用される。皮脂の酸化を抑え、炎症を抑える働きがあり、シミやシワへの効果はあまり期待できないが、ニキビ、吹き出物には大きな効果を発揮する。アンチエイジング用の塗り薬や化粧品に配合されており、最近では脂分で囲まれた構造を持つ脂溶性のものも登場し、肌への刺激が少なく皮膚にもなじみやすいメリットがある。

アダルトアクネ

アダルトアクネ(アダルトアクネ)

大人になってできるニキビのことで、一般的に吹き出物のことを言う。10代のニキビは、皮脂の分泌過剰によって発生するが、アダルトアクネは、ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスで発生することが多い。アクネ菌によって作り出された脂肪酸が紫外線や酸素に触れて、黒ずんだり化膿したりするのが原因。症状としては、炎症を伴う赤ニキビや酸化して黒ずんだ黒ニキビなどがある。ニキビ痕が目立つ場合、レーザー治療やピーリング、イオン導入などの施術が効果的で、ある程度改善できる。

アフターケア

アフターケア(アフターケア)

施術後に行なう治療、サービスなどの総称を言う。抜糸や消毒、マッサージ、検診などケアの内容は幅広く、ケアする期間もクリニックや医師などによって異なる。そのため、具体的な内容については、施術前に確認を求めるようにする。施術内容によっては、アフターケアが施術成果を左右するものもあり、施術後の経過を確認する意味も含んでいる。時には身体へのケアだけでなく、カウンセリングなど精神的なケアを行なう場合もある。

アプトス

アプトス(アプトス)

フェイスリフトの一種で、返しのついた特殊な糸を皮下に挿入し、老化による皮膚のたるみやシワを解消する施術法。皮下に挿入した糸によるリフティング効果と、コラーゲンなどの皮下組織や皮下脂肪の新生による相乗効果によって、自然な若返りが期待できる。溶解する糸を使うことにより抜糸も不要となり、切開法に抵抗感がある患者に有効とされる。施術後すぐに効果が現れ、施術時間も短く、通院の必要もないなどのメリットがある。

アポクリン腺

アポクリン腺(アポクリンセン)

汗腺の一種で、脇の下や乳輪、陰部など体の特定部分に分布している。汗として分泌された乳白色の液体には、タンパク質や鉄分、糖類、アンモニアなどの成分が含まれており、これが皮膚の表面の細菌や雑菌によって分解されると強い臭いを発生する。主にわきがによる臭いの原因の一つとされており、わきがや多汗症の治療では、アポクリン腺を切除する方法がとられる。活動は思春期から始まり、老化によって汗の分泌が衰えるまで続く。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー(アレキサンドライトレーザー)

医療レーザー機器の一種で、アレキサンドライトという宝石を用いて可視光線と赤外線の中間程度の赤色光線を発射する。美容整形では、レーザー脱毛に最も効果的と言われており、脱毛の施術に多用される。脱毛以外にも、皮膚表面の真皮のメラニンだけに反応する性質があるため、シミやソバカスの治療にも使用されている。最近では、アレキサンドライトレーザーの照射が、肌のコラーゲンの生成を促し、毛穴を引き締めて美肌効果があることも明らかになっている。

アンチエイジング

アンチエイジング(アンチエイジング)

「エイジング(年齢を重ねる)」に、打ち消しの意味である「アンチ」をつけることで、日本語では“抗老化”“抗加齢”と訳される。年齢を重ねることによって表面化する身体の衰えや、機能の低下に歯止めをかける意味。若返り、老化防止という意味も含まれる。美容整形では、主に加齢によるシワやたるみ、シミなど、肌の老化を改善や治療のことを言い、肌の張りを取り戻したり、下垂した部分を持ち上げたりして、顔や身体の若返りを図る。

イオン導入

イオン導入(イオンドウニュウ)

皮膚は外的刺激から守るバリア機能を持っており、スキンケア製品の浸透を妨げる場合がある。イオン導入では、微弱な電流をイオン化して肌に流すことで、イオンバランスをコントロールしながら皮膚のバリア機能を解除し、高濃度ビタミンCやプラセンタ、コラーゲンなど有効成分を皮膚の奥深くダイレクトに浸透させることができる。痛みがほとんどなく、直接肌へ浸透させるため、効果が実感しやすいメリットがある。イオン導入器は、一般の美容機器としても販売されている。

医療保険制度

医療保険制度(イリョウホケンセイド)

「医療保険制度」とは、市町村や健康保険組合などの保険者が、病気、ケガ、出産などの医療費の一部を負担してくれる制度で、健康保険、国民健康保険、船員保険、共済組合などがある。健康保険に加入している74歳未満の被保険者、及び被扶養者が対象となり、自己負担限度額は、年齢や所得によって異なる。75歳以上の場合は、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に該当する。美容整形施術の場合、ほとんどが医療保健の対象外となり、全額自己負担の自由診療となるが、先天性のあざの治療やわきが治療など、一部対象となる治療もある。

インフォームドコンセント

インフォームドコンセント(インフォームドコンセント)

医療現場における説明(Informed)と同意(consent)を意味する概念。医療行為や治験などに対して、患者が自分の病気と治療行為や臨床試験について医療従事者から説明を受け、十分理解した上で患者自らが治療方法などを自分で決めることである。患者が「知る権利」と、「決定する権利」を持つことを言う。このため、説明内容は、治療行為の内容や期待される効果だけでなく、成功率や副作用、費用、予後の状態など、多くの事項が含まれる。

インプラント

インプラント(インプラント)

体内に埋め込まれる人工物や器具の総称で、歯科で使われる人工歯根が有名だが、骨折やリウマチなどの治療で骨を固定するためのボルト、人工内耳、心臓ペースメーカーなども含む。インプラント法は、病気やケガなどにより失われた組織や器官を、生体以外の人工物で補う方法のことを言う。美容整形では、乳ガンなどで失った乳房の再建や豊胸、あごや鼻の形を改善、輪郭形成を目的にインプラントを使用する。豊胸用としては主にシリコンなどが使われ、あごや鼻にはプロテーゼ(シリコン樹脂でできた人工軟骨)などが使われる。

ウルセラシステム

ウルセラシステム(ウルセラシステム)

本来、前立腺ガンの治療に使用されていた高密度焦点式超音波を美容整形に応用したもの。体を傷つけずにリフトアップできることが大きなメリットである。たるんだ肌に超音波を照射し、皮下で熱を発生させることで、コラーゲンの分解と収縮を促す。これにより真皮や筋膜を引き締める作用がある。超音波はレーザーや高周波と違って、途中にある物質の影響を受けないため、照射対象にピンポイントで熱を発生させることができる。また、たるみやシワは皮膚の多くの層でできるため、深度が異なる層を同時に照射することが可能。

AHA

AHA(エー・エイチ・エー)

アルファヒドロキシ酸の略称で、グリコール酸、乳酸の総称。フルーツに含まれ、抽出されることが多いため、「フルーツ酸」とも呼ばれる。皮膚の角質層の結合力を弱める作用があり、角質をやわらかくして古い角質をはがれやすくし、肌の新陳代謝を高める働きがある。肌表面の古い角質が残っていることで発生するくすみの解消に効果的である。美容外科で行なうフルーツ酸ピーリングでは、体質や肌質に合わせて低濃度から高濃度まで調整して利用される。

永久脱毛

永久脱毛(エイキュウダツモウ)

レーザーなどを使って、毛根・毛乳頭を処理し、発毛を永久に防ぐこと。美容整形の永久脱毛には、レーザーを照射するレーザー脱毛と、特殊な針を差し込んで、電流を流す電気針式の2種類がある。毛乳頭は毛の発生や成長の源となる部分で、これを破壊することで、体毛が生えるのを防ぐ。体毛には、活動期、退行期、休止期があるため、時期に合わせてレーザー脱毛は数回の照射が必要となる。一方、電気針式の脱毛では、痛みが強い上に10回以上の治療を数年かけて繰り返す必要があるため、現在では医療用レーザー脱毛が主流となっている。

腋臭症

腋臭症(エキショウシュウ)

わきがのこと。汗をかいた後に刺激のあるニオイが発生したり、下着の脇の下部分が黄ばんだりする症状がある。主な原因は、アポクリン腺からの分泌された脂肪やアンモニアなどが細菌によって脂肪酸に分解され、強い刺激臭が発生する。治療法は、アポクリン腺を切除し脱毛効果もある剪除法が一般的で、完治率も高い。他に超音波法やローラーシェイビング法なども行なわれる。また、ボトックス注射でも一時的には改善するが、効果を持続させるためには定期的な注射が必要となる。

エクリン腺

エクリン腺(エクリンセン)

汗腺の一種で、唇や外耳道、爪床などを除いたほぼ全身の体表面に分布しており、密集度も場所によって異なる。毛穴とは独立しており、分枝していないコイルを巻いた二重構造になっており、皮膚表面の浅い部分に分布する。気温が暑い時や緊張した時、辛い物を食べた時に汗を分泌して、体温を調節する役割を果たし、生命維持に欠かせない汗腺である。エクリン腺から出る汗は無色でニオイはないが、細菌に分解されると体臭のもとになる。

Nライトレーザー

Nライトレーザー(エヌライトレーザー)

シワ専用に開発されたダイレーザー(色素レーザー)の一種。赤色にのみ反応することから、表皮を通過して真皮の毛細血管内の酸化ヘモグロビンに吸収される。毛細血管周囲の細胞を微妙に刺激し、コラーゲン産生細胞に反応する成分が放出される。これによりコラーゲンの生成能力が活性化され、肌にハリや潤いをもたらす。眉間や目もと、口もとの小ジワに威力を発揮する。施術時間は顔全体で5〜10分ほどと手軽で、痛みなどのリスクはほとんどない。

エボレンス

エボレンス(エボレンス)

医薬品として使用されているコラーゲンの一種。人の皮膚に存在する自然なコラーゲンの特性を模倣したもので、約1年間にわたって効果が持続する。コラーゲンを失うとシワや溝ができやすくなるが、エボレンスを注入することで、失われたコラーゲンを補い、残っている網状の組織を補強する。特にほうれい線には高い効果を発揮する。体内に吸収されやすく、アレルギー反応がほとんどないため、安全性にも優れている。シワの改善以外にも鼻やあごなどにも用いられる。

エラ削り

エラ削り(エラケズリ)

耳の下の顎の両端が突き出て、「エラ張り」と呼ばれる骨格に対して行なう施術法。フェイスラインをシャープにしたり、小顔に修整したりする際に用いられる。エラ張りの主な原因は、下顎骨または咬筋の発達によるものが多い。施術方法は、外板だけ取り除く外板切除術と、下顎角を削り取る曲線的下顎角骨切り術がある。どちらもノミやドリルなどを使い、施術後の縫合痕が見えないように、口の中から行なう。施術時間は2〜3時間で、施術部を安定させるために施術後は3〜5日の入院が必要となる。

エラスチン

エラスチン(エラスチン)

コラーゲンの線維を支える役割を持つ細胞外で働く線維状のタンパク質で、肌の弾力を保つ弾性線維の主成分。ゴムのように伸び縮みする性質がある。真皮を構成するのはコラーゲンが圧倒的に多く、エラスチンは2%前後にすぎないが、コラーゲンをしっかり束ねてしなやかな立体構造を保ち、皮膚の弾性を維持する。エラスチンの含有量は20代後半をピークに減少し、40代を過ぎると含有量が急激に少なくなり生成されにくくなるため、シワやたるみの原因につながる。

太田母斑

太田母斑(オオタボハン)

皮膚の真皮に、メラニン色素をつくる色素細胞が沈着する疾患。境界の不明瞭な褐青色の色素斑で、皮膚から盛り上がることはない。「青あざ」と呼ばれる。主に目の周囲や頬、額に発生し、通常は顔の片側にできるが、両側にできる場合もある。生後間もなく発症する早発型と、思春期に発症して徐々に拡大する遅発型の2種類がある。治療にはレーザー治療が有効で、高い効果を上げている。3ヵ月間隔で、少なくとも5〜6回の照射が必要となる。小児の治療は全身麻酔が必要なため、3歳頃から開始し、早期の治療ほど効果が高いと言われている。

医大生モエに聞くいい病院の探し方
投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。