施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

赤ちゃん・子供への薬の飲ませ方



赤ちゃんや子供は苦い薬を嫌い、なかなか薬を飲んでくれず苦戦することもあります。そんなとき、上手く薬を飲ませるために、薬の種類によっていくつか飲ませる方法があります。

ここでは、赤ちゃんや子供に薬を飲ませるときに役立つ情報をご紹介します。

飲ませ方の基礎知識

ここでは飲ませ方の基礎知識をご紹介します。

飲ませ方の基礎知識
医師・薬剤師に相談
子供によって、上手に飲める薬と苦手な薬がある場合があります。事前に医師や薬剤師に子供の好みを伝え、味や剤形を相談しましょう。
薬を飲ませるタイミング

赤ちゃんは、満腹のときはなかなか薬を飲んでくれません。そして、授乳後に薬を飲ませると吐いてしまう場合があるため、医師や薬剤師の指示があるもの以外は、空腹時に飲ませましょう。

また、できるだけ機嫌が良いときに飲ませましょう。

薬を吐いてしまった場合
  • 薬を飲んだ直後(または5~10分程)に吐き出してしまった場合は、もう一度、同量を飲ませます。
  • 薬を飲んでから30分以上経過してから吐いてしまった場合は、飲み直さず、次回の決めた時間に飲ませます。
  • 病気で吐き続けて飲めない場合は、医師や薬剤師の診断のもと別のタイプの薬(注射や座薬など)に変えてもらいましょう。