施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

世界の花粉症



花粉症の代表的な原因は、スギ花粉だと認知されていますが、スギは日本固有の植物です。では、日本以外の世界には花粉症が無いのかと言えば、そんなことはありません。世界各国には、それぞれ花粉症の原因になる植物があり、現代人を苦しめています。

世界で初めて花粉症が確認されたヨーロッパ

世界で初めて花粉症が確認されたヨーロッパ

歴史上、はじめて花粉症だと診断された例ははっきりしていません。記録を紐解けば紀元前のローマ帝国の医師が花粉症らしい症状を記録している一方、同時期の中国でも春先に花粉症だと思われる症状を記録しているなど、花粉症であろうと推測できる症例は数多く見つかります。

花粉症として確実な最古の記録は、1819年のイギリスで見つかりました。当時は牧草に触れたことで発症した夏風邪の一種「枯草熱」だとされていましたが、後世になって、実は花粉症であったことが判明しています。

ヨーロッパの花粉症

ヨーロッパの花粉症

世界史上、最古の花粉症記録があるヨーロッパは、現在も花粉症に悩まされている地域です。ヨーロッパで猛威を振るっている花粉症の原因植物は主にイネ科です。牧草としてイネ科のカモガヤが広く分布していることから、ヨーロッパ各地ではイネ科による花粉症が頻発しており、イギリスでは20%以上の人がイネ科の花粉症に悩まされているとされています。また、日本と同様にシラカンバの花粉症も発生していますが、日本で知られるスギやヒノキはほとんど植生されていないため、これらによる花粉症は確認されていません。

アメリカの花粉症

アメリカの花粉症

アメリカでも花粉症の報告は頻出しています。アメリカで花粉症の原因植物として広く知られているのはブタクサです。アメリカで花粉症が広く知られるようになったのは、1900年頃からだと言われています。現在ではおよそ15%の人が、ブタクサの花粉症に悩まされているとされています。

なお、ブタクサはもともと北米由来の植物ですが、アメリカ進駐軍の来日に伴って日本にも広く分布するようになり、やがて日本でブタクサによる花粉症も広く発生するようになってしまいました。

世界三大花粉症

世界三大花粉症

世界にも日本と同様に花粉症があり、それぞれの地域でアレルギー症状に悩まされている人がいます。花粉が飛散する時期や、原因物質の違いによる違いこそありますが、今や花粉症は人類全体の課題であり、克服するための研究が進められています。

「世界三大花粉症」と呼ばれる3つの花粉症は、ヨーロッパを中心に見られる「イネ科花粉症」、アメリカが中心の「ブタクサ花粉症」、そして日本の「スギ花粉症」です。もちろん、これら3種類以外にも花粉症の原因となる植物は世界各地で確認されており、それらの総数は現段階で60種類程度。研究が進めばさらに増えるであろうことが予想されています。

このように花粉症については、日本から逃げ出したからといって完全に回避できるものではないようです。世界の各地には、それぞれの気候にあった植物が生きており、それぞれが植物の自然な営みとして花粉を飛散させています。花粉症という現代病と上手く付き合っていく方法が、世界中で模索されています。