施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

子どもの花粉症



花粉症というのは従来、大人が罹る病気だと思われていましたが、近年では子どもの発症例も増えています。ここでは、大人と子どもの花粉症の違いについてご紹介します。

子どもでも花粉症になる

子どもでも花粉症になる

子どもでも花粉症に罹る危険性はあり、近年ではその報告数が増加の傾向にあります。花粉症の症状は、大人と子どもで若干の違いがあり、風邪などとの見分けも困難になっています。子どもがいる家庭ではその違いを知り、適切に対処することが求められています。

子どもの花粉症は症状が少し違う

子どもの花粉症は症状が少し違う

大人が発症する花粉症の場合、代表的な症状は鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみといったところですが、子どもが花粉症になった場合、大人のようにくしゃみが頻発するということはあまりなく、鼻づまりが発生する傾向が高くなります。

これは、大人と比べて子どもの鼻孔が小さく詰まりやすいということと、鼻が詰まりやすいため花粉が鼻腔の奥へ侵入しなくなり、くしゃみには至らないという2つの理由によるものだとされています。また、鼻が詰まりやすいことから鼻水の粘性は高くなり、大人の花粉症ではサラサラの鼻水が出るのに対し、子どもの場合はネバッとした鼻水が出る傾向があります。風邪と勘違いしやすい特徴ですので、風邪の症状が出た場合には、花粉症の可能性も考慮する必要があります。

さらに、花粉症で目のかゆみが出やすいのも子どもの特徴です。

子どもは自分で花粉症だと判断できない

子どもは自分で花粉症だと判断できない

子どもは症状を見て大人のようにすぐ「花粉症だ」と判断することができないため、周囲の大人が適切に察してあげる必要があります。子どもの花粉症は鼻づまりが顕著に表れますので、花粉症を発症している子どもは鼻で呼吸することができず、口で呼吸するようになります。口を開けて呼吸している様子を見付けたら、花粉症の可能性を考えましょう。

合併症の危険性

合併症の危険性

子どもの花粉症は鼻づまりを起こしやく、また鼻水に粘性があるため、大人よりも合併症の危険性は高くなります。具体的には、副鼻腔炎や浸出性中耳炎などです。鼻づまりを放置しておくと他の病気に罹ってしまう危険性が高まりますので、早めに専門医の診察を受けましょう。

なお、アトピー性皮膚炎など他のアレルギー症状を持っている子どもは、花粉症にもなりやすい傾向があるとされています。

大人とは違う治療法

大人とは違う治療法

花粉症の治療としては、薬を投与する対症療法をはじめ、大人の場合は様々な治療法が確立されていますが、子どもにできる治療法は限られています。例えば、強い副作用が出るとされる薬を長期的に使用するのは、体が未成熟な子どもの場合は特に危険性が高く、避けるべきです。子どもの花粉症に対しては特に、市販薬などで対処するのではなく、専門医の診察を受けることが求められています。

また、市販薬の点鼻薬に含まれる血管収縮剤は、6歳以下の子どもには特に危険で、けいれんや最悪の場合は心停止に至る場合もあります。市販薬を使用する場合は、用法・容量に関する注意書きを熟読し、子どもに使用しても良いかどうかをしっかり確認しましょう。