施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

花粉症の治療法③ 鼻粘膜への手術療法



花粉症の症状を抑える方法には、薬を服用する内科的な治療の他に、外科的手術による治療法もあります。ここでは、近年注目され始めている鼻粘膜への手術についてご紹介します。

レーザーによる鼻への手術

レーザーによる鼻への手術

一部の耳鼻咽喉科では、レーザーで鼻腔内の粘膜を焼いて手術する治療方法が行なわれています。花粉症では花粉が鼻腔内の粘膜に接触してアレルギー反応をもたらすため、人体の粘膜を変性させることで、花粉への反応を抑えるというわけです。

手術を受けた直後は粘膜を焼いているため鼻腔内が腫れ、鼻づまりの症状が強く出ますが、数日で緩和され、以降は花粉に対する反応が抑制され、花粉症の症状が軽減されるはずです。

手術は大規模ものではなく、事前の検査を済ませれば、手術当日は麻酔から手術完了まで日帰りで行なえるものが一般的です。また健、康保険が適用される場合がほとんどであるため、適切に病院を選択すれば手術費用を軽く済ませることができます。

なお、花粉症による眼の症状には何ら効果がありません。

効果は永久ではない

効果は永久ではない

簡単な手術で花粉症の症状を抑えられる鼻粘膜への手術ですが、この効果は永久ではありません。個人差やレーザー治療の種類によって若干の違いはありますが、概ね2年あたりを目安として、レーザー手術の効果は薄れてしまいます。

レーザー手術の効果が薄れた場合には、ほとんどの場合で再びレーザー治療を受けることができます。

レーザー手術を受けるタイミング

レーザー手術を受けるタイミング

レーザー手術による治療は、花粉症の症状が激しい時期に行なうと症状を悪化させてしまう危険性があるため、その期間、ほとんどの病院では手術自体を受け付けていません。レーザー治療で花粉症の症状をやわらげたい場合には、花粉症のシーズンが到来する前に診察を受け、手術を受ける必要があります。

レーザー手術を受けられないケース

レーザー手術を受けられないケース

鼻の粘膜に直接作用するレーザー手術は、すべての人にできる手術ではありません。手術の前には麻酔を施すため、麻酔薬そのものにアレルギーがある人や、血液検査の結果で異常が発見された場合には手術を受けることができません。また、手術中に動いてしまう可能性がある小さな子どもなどは、やはりレーザー手術を受けることができません。

レーザー手術のメリット

レーザー手術のメリット

効果が永久ではないとは言え、1日程度の手術で2年前後の期間に渡って花粉症の症状が抑えられるというのは大きなメリットです。特に内服薬で治療を行なうことができない体質の人や妊婦など、レーザー手術によってしか花粉症の効果を抑えることができない場合には、非常に大きな助けになるはずです。

また、定期的に内服薬を飲めないスケジュールで働いている人や、内服薬で副作用として表れやすい眠気が仕事の大敵になる人など、内科的な治療とは異なるアプローチで花粉症の症状を軽減できるメリットは数多くあります。外科的手術であるため医師の腕によって効果が左右される点はありますが、評判の良い医師を調べるなどして診察を受ければ安心です。

ただし、レーザー手術はあくまで花粉症の症状を軽減するためのものです。症状が重たい人や、目の症状が重たい場合には、せっかく手術をしてもあまり改善されないこともあります。