施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

自分が花粉症かどうかチェックしてみよう
花粉症の診断・検査



花粉症研究の進展により、花粉症と風邪を見分け方については、一般レベルでもある程度分かるようになりました。自らが本当に花粉症であるか、またどんな植物の花粉に反応して花粉症になっているかは、最終的には医師の診断を受ける必要があります。ここでは、花粉症診断のシーンで、どのような検査が行なわれているかをご紹介します。

花粉症を診断する検査方法

花粉症を診断する検査方法

花粉症の症状として特徴的なのは鼻や目の症状ですから、耳鼻咽喉科や眼科で花粉症の診断を受けることができます。精密な検査には、十分な知識と設備が必要になる場合もあるため、総合病院のような大きな病院や、アレルギー科を設置している病院で受診するのもよいでしょう。体質や持病などを把握しているかかりつけの医師がいる場合は相談からはじめ、必要に応じて医師のすすめにしたがって専門的な検査を受けるなど、環境に応じた柔軟な診断が好ましいと考えられます。

血液検査

血液検査

血液を一定量採取し、血液内にある好酸球、IgE抗体などを調べる検査です。花粉症の原因となっているのは、人体にある特定の花粉に反応するIgE抗体ですから、どんな花粉に身体が反応するのかを調べることができ、精密な結果を得ることができます。血液検査ではアレルギー反応をもたらす原因物質をかなりの高確率で特定できるため、以後の治療や対策に重要なヒントを得ることができます。

皮膚検査

皮膚検査

皮膚に注射針などで傷をつけて行なう「スクラッチテスト」と呼ばれる検査法が一般的です。傷をつけた皮膚に花粉を含んだ物質を滴下することで、その反応を見るもので、アレルギー反応があると滴下した皮膚に湿疹のようなものが発生するため、その湿疹の大きさを計測することで、アレルギーの程度が診断できます。

複数のアレルギー物質の反応を調べる場合には、その数に応じた傷を皮膚につける必要があります。

鼻の検査

鼻の検査

鼻の中にわざとアレルギー物質を入れ、鼻の粘膜を観察して診断する方法です。血液検査や皮膚検査よりも簡単に検査できるメリットはありますが、この検査で特定できるアレルゲンの種類はまだ数が少ないため、血液検査などと併用して行なわれることがほとんどです。

なお、鼻にアレルゲンを入れて検査を行なうため、陽性の場合はくしゃみや鼻水などを伴うことになります。

目の検査

目の検査

目で花粉症の診断を行なう検査には、大きく分けて2種類があります。

ひとつは、眼脂(目やに)や粘膜をブラシで採取し、その中にアレルギー反応を示す白血球がないかどうかを顕微鏡で観察する方法です。血液検査に似た検査方法と言えるでしょう。

もうひとつは、目に直接アレルギー物質を入れ、その反応を見る点眼誘発試験です。鼻の検査と同様に実際の症状を伴う可能性がある検査方法であるため、陽性だった場合には目のかゆみや涙などが出ることになります。

検査を受けるタイミング

検査を受けるタイミング

ここまで紹介した花粉症の検査を受けるタイミングとして適切なのは、花粉症の症状が発生しているときだとされています。春に花粉症の症状が出る人ならその時期に、秋に出る人なら、やはりその時期に。実際に苦しんでいる時期だからこそ、適切な検査を受けましょう。