施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

花粉症のメカニズム



花粉症の患者は、どんなメカニズムで症状が出ているのでしょう。ここでは、花粉症のメカニズムに注目して、詳しく解説します。

アレルギー性の病気は、人体で何が起きているか

アレルギー性の病気は、人体で何が起きているか

花粉症はアレルギー性疾患のひとつです。そのため、基本的には他のアレルギー性疾患と同じメカニズムで症状が発生しており、その原因物質が花粉である場合に「花粉症」と診断されることになります。

ここではまず、アレルギー性疾患が発生するメカニズムについて、順を追ってご紹介します。

アレルゲンとのファーストコンタクト

アレルゲンとのファーストコンタクト

人が生活している中では、日常的に異物(アレルゲン)が人体へ進入しています。代表的なものは、呼吸時に空気と一緒に鼻孔へ進入するホコリや花粉です。人体はそれらの異物を感知した段階で、その異物が人体に悪影響をもたらすものかどうか判断しています。

身体の反応

身体の反応

異物の侵入を確認した人体は、その異物を体外へ排除するかどうかを決定します。異物に毒性があると判断すれば排除しようとし、この異物が侵入しても問題無いと判断すれば、特に排除しようとはしません。この判断には「実際に毒性があるかどうか」ではなく、それぞれの体質によって決定されています。これが花粉症の人と、そうでない人を分ける重要なターニングポイントになります。

異物を排除することを人体が判断した場合、人体ではこの異物に反応する物質「IgE抗体」がリンパ球により作られます。

アレルゲンとの再接触

アレルゲンとの再接触

ファーストコンタクトで異物を「排除する対象(アレルゲン)」として認識した人体の粘膜には、先に紹介したIgE抗体が存在します。そして、次に人体がアレルゲンと接触した際に、粘膜にある抗体がアレルゲンに反応し、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質を分泌します。その伝達物質を感知した人体は、侵入したアレルゲンを体外に放出しようとします。これがアレルギー反応です。

アレルゲンを体外に出そうとする働き

アレルゲンを体外に出そうとする働き

抗体とアレルゲンの結合により分泌された化学物質は、人体に影響してアレルゲンを体外に放出する働きをもたらします。具体的には、鼻腔内に侵入した花粉をくしゃみで吹き飛ばそうとしたり、鼻水で洗い流そうとしたり、目の粘膜に接触した花粉を涙で洗い流そうとするなどの症状が出ます。これがそのまま花粉症の症状となっています。鼻づまりが発生するのは、鼻からの侵入ルートを防ぐ目的です。

アレルゲンを排除する判断は、体質によるもの

アレルゲンを排除する判断は、体質によるもの

異物とはじめて接触した際に、その異物をアレルゲンとして認識し、身体に抗体ができた時点で、アレルギー症状は発生してしまいます。異物をアレルゲンとして認識するかどうかは体質によって決められているため、人の意志でどうにかできる問題ではありません。

また、花粉に触れても花粉症の症状が出ていないからといって、安心はできません。体質は常に変化するものであり、昨年まで大丈夫だった花粉に、今年からアレルギー反応が発生するような例は少なくありません。

一説によれば花粉症の発症は、これまでに吸ってきた花粉の量が関係すると言われています。人体には許容できる花粉の総量が決められており、そこを超えた時点で花粉症になるという説です。この説が正しいとすれば、花粉を継続的に吸ってきた大人の方が、花粉症になりやすいと考えられます。