施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

鼻炎だけじゃない!いろいろな花粉症の症状



花粉症は風邪の初期症状と似ているため、風邪と勘違いされることが多く、実際は風邪であっても花粉症であっても、適切な対処が遅れてしまう傾向があります。ここでは、代表的な花粉症の症状についてご紹介します。

鼻の症状

鼻の症状

花粉症になると鼻水が出やすくなり、くしゃみが頻繁に出たり、鼻づまりになったりといった症状が発生します。これが花粉症の代表的な症状ですが、風邪の初期症状と特に似た部分であるため、特に状況を確認するようにして、花粉症なのか風邪なのかを見極めるようにしましょう。最終的には耳鼻科など専門医の診察を受けることが理想です。

花粉症の場合の鼻水・鼻づまり

花粉症の場合の鼻水・鼻づまり

花粉症を原因とする鼻水の場合は、サラサラで透明な鼻水が出ます。もし風邪だった場合には、初期は花粉症と見分けがつかない程サラサラなこともありますが、じきに粘り気がある黄色の鼻水になります。この粘度の違いから、花粉症の場合は鼻から自然に鼻水が流れ出ることが多くなります。

また、鼻づまりを解消しようと鼻をかんでも、とめどなく鼻水が出る場合は花粉症の可能性が高くなります。鼻づまりの程度は、風邪よりも花粉症のほうが詰まりやすくなる傾向があり、どれ程鼻をかんでも鼻づまりが解消されにくい傾向があります。

花粉症の場合のくしゃみ

花粉症の場合のくしゃみ

花粉症では鼻水・鼻づまりだけではなく、くしゃみがでます。くしゃみ自体は風邪の初期症状でも出るものですが、花粉症を原因とするくしゃみの場合は、何度も繰り返し出る傾向があります。短時間に複数回のくしゃみが連続する場合には花粉症の可能性が高くなります。

なお風邪の場合は、くしゃみが何度も連続して出ることはあまりありません。

目の症状

目の症状

目のかゆみが発生するのは花粉症ならではの症状です。風邪の場合は、目がかゆくなることはあまりないはずです。鼻の症状と目の症状が伴った場合には、かなりの高確率で花粉症だと言えます。

なお、花粉症で目がかゆいからと言って、かいてしまうと目の粘膜を傷つけてしまうことになり、花粉症の症状はさらに悪化してしまうため注意が必要です。

花粉症の場合の目のかゆみ

花粉症の場合の目のかゆみ

花粉症によって目がかゆくなる場合、かゆくなる箇所はまぶたやまぶたのフチなどです。また、かゆみまで行かなくとも、目に異物感があったり、涙が出たり、充血したりといった症状が出る場合もあります。違和感があったら目の状態を鏡で確認するなどして花粉症かどうかを見極めましょう。

その他の症状

その他の症状

花粉症の症状として代表的なものは、ここまでに紹介したように目や鼻に表れます。しかし、分かりにくい症状が出る場合もあります。それは"心"への影響です。

花粉が飛散する時期になると、なぜかイライラしたり、集中力がなくなったりといった自覚がある場合、それも花粉症の症状である可能性があります。こうした症状は、花粉症の軽度な症状であることが多く、数年後には本格的な花粉症を発症してしまう可能性があります。早めに花粉症対策を行ない、症状の進行を抑えられるように努める必要があります。