施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

おへそ・耳・鼻など体のお手入れ



赤ちゃんの肌は大人よりもずっと薄いという特徴があります。そのため、同じ力で雑に洗ってしまったりすると、肌トラブルや傷の原因になってしまうこともあります。赤ちゃんに合わせた正しいお手入れの方法を知り、体を清潔に保つことが大切です。

お手入れはお風呂上がりに行なうのがおすすめ

お手入れはお風呂上がりに行なうのがおすすめ

沐浴のあとは通常よりも皮膚がやわらかくなっているため、デリケートな部分のお手入れをするのに最適です。肌に傷を付けないように、お手入れの際は爪を短く切っておくのが鉄則です。

おへそのお手入れ

おへそのお手入れ

産まれてから間もない赤ちゃんのおへそは、へその緒のつながっていた跡が残っている状態なので、適度に消毒を行なうようにします。おへそがしっかりとできてからは、垢がたまっていたり、汚れが付いていたりする場合、気になるからといって綿棒などで触りすぎると、腹膜炎の原因になることもあります。どうしても気になる汚れがあるときには、ベビーオイルやオリーブオイルなどをおへそのまわりに塗ってあげると、汚れがふやけて落ちやすくなります。

耳のお手入れ

耳のお手入れ

お風呂上がりは耳垢がやわらかくなっていますので、お手入れもしやすくなります。綿棒の先で耳の裏や穴のまわりのくぼみなどを拭き、さらに簡単な耳そうじを行なうのが良いでしょう。あまり耳の奥に綿棒を入れてしまうと粘膜を傷付けてしまうおそれがありますので、あくまでも見える範囲にとどめるのが無難です。

鼻のお手入れ

鼻のお手入れ

鼻を触られるのを嫌がる赤ちゃんはたくさんいます。しかし、お手入れをしないと鼻が詰まって呼吸ができず、赤ちゃんも苦しくなってしまうため、汚れに気付いたらお手入れをするのが良いでしょう。綿棒を使っても良いですが、赤ちゃんが動き回ると危険な場合もあります。コットンでこよりを作ったり、ガーゼハンカチなどでつまんだりすれば危険も減ります。また、赤ちゃんの鼻そうじ用のピンセットなども売られているので、活用するのもおすすめです。

その他、気を付けてお手入れしたい部分

その他、気を付けてお手入れしたい部分

赤ちゃんの体には、普通に洗っているだけでは汚れを取りきれない部分が多くあります。例えば首やひざの裏など、関節のある部分には必ずシワができますが、このシワにはたくさんの汗や垢がたまります。シワをしっかりと伸ばして、汚れを丁寧に落としましょう。赤ちゃんの肌にも安心して使えるベビー用の低刺激石鹸もありますが、大人用の石鹸を使っても大丈夫です。ただし、肌がまだ弱いので、すすぎを念入りに行なうのが大切です。