施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

出産直後の抜け毛



妊娠中や出産後に「抜け毛が増えた」と言う声はよく聞かれます。加齢による抜け毛や薄毛でなく、妊娠の影響による抜け毛の原因や対策について紹介します。

抜け毛の原因は「女性ホルモン」

抜け毛の原因は「女性ホルモン」

妊娠すると「黄体ホルモン」が優位に働く時期が続きます。こうした妊娠時に特有のホルモンバランスによって抜け毛が起こりやすくなると考えられています。

妊娠中、ホルモンの影響によって髪の毛が増える人も

「黄体ホルモン」は妊娠を継続させる作用のあるホルモンで、栄養を体内にとどめる働きをしますが、髪の毛の成長にも大きくかかわってきます。通常、髪の毛には休止、成長、退行という3つのサイクルがあり、これが乱れると様々な髪の毛のトラブルを引き起こします。「黄体ホルモン」は髪の毛の成長を促進し、本来であれば抜けるはずの髪の寿命を延ばすことがあります。そのため、妊娠中には髪の毛が増えたと感じる妊婦も多くみられます。

産後、ホルモンバランスがもとに戻ることで抜け毛が増える

出産が終わると、それまで活発に働いていた「黄体ホルモン」が減少し、妊娠していないときの「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の二相性サイクルに戻ります。このときに髪の毛の成長サイクルが変化し、それまで寿命を延長されていた「抜けるはずだった髪の毛」が一気に抜けることで、「抜け毛が増えた」と感じるようになります。出産直後よりも、ホルモンバランスが整ってくる産後3ヵ月から6ヵ月で抜け毛の増加を意識するようになる人が多いようです。

ストレスが原因で加速することも

通常、こうした抜け毛はホルモンバランスが整えば自然と出産前と同じくらいの量に戻ります。しかし、必要以上に意識してあれこれ悩みすぎてしまうと、それがストレスとなって余計に抜け毛を悪化させることもあります。また、慣れない育児や生活習慣の変化がストレスの原因となることも考えられます。一人で育児やストレスを抱え込まずに、親や友人とおしゃべりして気を紛らわせたり、ときには夫や親に子どもを任せて外出したりするなどの気分転換も必要です。

抜け毛対策には食生活の見直しを

抜け毛対策には食生活の見直しを

出産前後の抜け毛はホルモンによるものなので、完全に防ぐことはできません。それでも気になるなら食生活の見直しが効果的です。髪を形成しているたんぱく質の素になっているのはアミノ酸なので、アミノ酸を積極的に摂取するようにします。さらに、たんぱく質を代謝させる働きをする「ビタミンB群」や「ミネラル群」も意識して取ると良いとされています。