施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

妊娠中の肌荒れ



妊娠すると、体質やホルモンバランスの変化によって肌荒れを起こしやすくなります。その原因や、正しいスキンケアについて紹介します。

なぜ妊娠すると肌が荒れるのか

なぜ妊娠すると肌が荒れるのか

そもそも、妊娠することがなぜ肌トラブルを招くのでしょうか。ホルモンの分泌や生活習慣などの観点から説明します。

ホルモンバランスの変化による肌荒れ

女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類があり、排卵と月経を境にしてこれらのホルモンが交互に分泌されています。ところが、排卵後に妊娠が成立すると月経が起こらず、ホルモン分泌のリズムが変化します。生理前に肌荒れが起こりやすいという人は妊娠時にも肌荒れをしやすいと言えます。また、メラニン色素もホルモンの影響によって増加するため、紫外線対策やUVケアを行なうのもおすすめです。

食生活の偏りによる肌荒れ

つわりがひどかったり、食べ物の好みが変わったりすることで食生活が偏りがちになるのも肌荒れの原因です。栄養バランスの取れた食生活を心がけたいものですが、どうしても食べることができない場合はサプリメントを活用しても良いでしょう。肌荒れを防ぐには、ビタミンCやビタミンEを摂取することが大切です。

その他の原因による肌荒れ

妊娠によって起こる便秘や、体調が優れないためゆっくり眠れないといった生活習慣の変化も、肌荒れの原因となり得ます。こうした不調や肌トラブルは、悩みすぎるとマタニティーブルーも引き起こしてしまいます。そのため対策をしたり、逆に「今だけのことだから気にしない」と割り切ってしまったりするのも良いでしょう。

妊娠中期にはおさまる傾向が

妊娠中期にはおさまる傾向が

こうした体質の急激な変化は妊娠初期にあらわれるもので、安定期に入ると自然におさまることも多いため、しばらくの間は特別なケアを行なわず、肌を休ませることも大切です。妊娠中は肌がデリケートになっているので、あれこれ新しい化粧品を試すよりもしっかりとケアを行なうようにしましょう。

妊娠時の肌荒れ対策

妊娠時の肌荒れ対策

妊娠中のひどい肌荒れが、産後もずっと続くということはあまりありません。しかし、どうしても肌荒れを治したいという場合には、以下のような対策ができます。

洗顔と保湿をしっかり行なう

皮脂の分泌が活発な場合は取り除く必要がありますが、肌に必要なうるおいは残しておくのが重要です。低刺激の洗顔料を使用し、肌を清潔に保ちます。また、妊娠していないときよりも念入りに保湿ケアを行なうように心がけます。

どうしても気になるなら皮膚科に相談を

肌荒れが改善されないからといって、次々とスキンケア用品や化粧品を変えると、余計に肌へ負担をかけることもあります。妊娠中の肌は、通常であればトラブルを起こさないような成分にも過敏に反応してしまうことがあるため、トラブルを悪化させる危険もあります。どうしても肌荒れがひどくて気になるなら、皮膚科を受診するのもひとつの方法です。その際は、妊娠していることを必ず告げるようにします。