施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

子宮内避妊具とは



妊娠を望まない場合、子宮内に器具を挿入することで避妊する「子宮内避妊具」が存在します。そのメリットや使用法について紹介します。

子宮内避妊具(IUD)とは

子宮内避妊具(IUD)とは

子宮内にT字型の器具を挿入します。この器具が子宮内に存在することで異物に対する抵抗力を高めたり、中には女性ホルモンを放出することで受精卵の着床を防いだりするものもあります。使用するには婦人科医による挿入が必要で、感染症などのリスクや思わぬ事故を避けるために、装着後は定期的な受診を受けます。妊娠したいと思ったときには簡単に外すこともできるため、「今すぐにではないが、いずれ妊娠したい」と考えている女性に適しています。

子宮内の免疫に働きかけるタイプ

子宮内に異物が入ると免疫機構が働き、白血球やプロスタグランジン(子宮を収縮させるホルモン)が分泌されます。これらの物質は精子と卵子にとって有害で、受精を妨げます。本体に銅線が巻き付けられているタイプのものは、精子を殺す効果をより高いものにします。

ホルモンを放出して避妊するタイプ

新たに、黄体ホルモンを放出するタイプの子宮内避妊具も開発されています。黄体ホルモンは排卵後や妊娠時に分泌される女性ホルモンで、これが分泌されることで子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、受精が起こっても着床しないため、妊娠が成立しません。ホルモンのしくみを利用する点ではピルと同じですが、全身ではなく子宮内でのみ作用するため、ピルの副作用のような症状は出ないとされています。物理的に受精や着床を防ぐのではないため、IUDではなくIUS(子宮内避妊システム)と定義されることもあります。

避妊以外に期待できる効果

子宮内膜が薄いままになるので、個人差はありますが月経時の出血が少なくなります。したがって生理痛が軽減されたり、ホルモンバランスが整うことで月経前の肌荒れやPMS(月経前症候群)が解消したりすることもあります。

使用するには

使用するには

一般に、子宮内避妊具の使用には出産経験者であることが望ましいとされています。出産を経験していない人は子宮口が開いていないので、装着や抜去の際に強い痛みを伴う可能性があるためです。装着する時期は月経の後半や、月経後すぐが良いとされています。このときは排卵前で妊娠の可能性が非常に低く、さらに月経中から月経後すぐは子宮頚管が弛緩しているので、挿入時の痛みが少なくてすむためです。

装着時に考えられるリスク

装着時に考えられるリスク

子宮内避妊具を装着していても、100パーセントの避妊効果がある訳ではありません。また、日常生活で子宮内から脱落してしまう危険性や、病気などではありませんが不正出血が起こることもあります。