施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

お宮参り・お食い初め



日本には、赤ちゃんにまつわる様々な風習や行事があります。時代が進むにつれてあまり行なわれなくなったものもありますが、今でも多くの人が行なっている「お宮参り」と「お食い初め」について紹介します。

氏子の仲間入りの儀式となる「お宮参り」

氏子の仲間入りの儀式となる「お宮参り」

お宮参りとは、土地の守り神である「産土神」に挨拶をして、氏子として迎え入れてもらうための儀式として古くから行なわれてきました。現在でも、赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、健康や幸せを願う行事として広く行なわれています。

お宮参りを行なう時期

一般に、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目にお宮参りをするしきたりとなっています。しかし、生後間もない赤ちゃんを連れていくために気候の良い季節を選んだり、一緒にお参りをしてくれる人の都合に合わせたりして日取りを決めるという家族も増えています。また、地域によっては100日目にお宮参りを行なうというところもあるようです。

当日の流れ

大安の日や休日は混み合うので、早めに予約をしておくのがおすすめです。当日の赤ちゃんの服装は、正式には和装が良いとされていますが、ベビードレスでも良いでしょう。母方の祖母が用意するのが一般的です。一緒にお参りをする両親や祖父母も正装でお参りをします。神社に初穂料をおさめ、お祓いや祈祷を受けます。また、写真スタジオで記念写真を撮る家族も多くみられます。

内祝も忘れずに

出産のお祝いをくれた人にお返しする「内祝」は、お宮参りの時期に贈るのが通例です。以前は挨拶回りとともに行なわれていましたが、現在ではデパートからの配送を利用する人も増えています。

食べ物に困らない豊かな人生を願う「お食い初め」

食べ物に困らない豊かな人生を願う「お食い初め」

赤ちゃんは、生後100日ごろから歯が生え始めます。このときに「一生食べる物に困らないように」と願いを込めて行なう行事が「お食い初め」で、赤ちゃんに初めて大人と同じ食事を食べさせます。

伝統的なお食い初め

鯛の尾頭付き、赤飯、煮物、お吸い物などの祝い膳を用意し、漆塗りの食器を使って行ないます(男の子は朱塗りのもの、女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りのものを用意します)。実際に食べることはまだできないため、食べるふりだけで大丈夫です。「石のように丈夫な歯が生えるように」と歯固めの石を用意することもあります。地方によっては、歯固めの石の代わりにタコの足を用いるところもあり、家庭によって様々なスタイルで行なわれています。

離乳食のスタートにも

歯が生え始める時期なので、離乳食を始めるきっかけとしても良い機会となります。儀式の伝統にこだわらないなら、これから使うベビー用の食器で代用したり、汁物をスープで代用したりしても良いでしょう。