施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

喜ばれる出産祝いは?



身のまわりで出産した人がいたときには「出産祝い」を送ります。家族や友人、同僚など、贈る相手との間柄によっても選び方は変わってきますが、喜ばれる贈り物の選び方や注意点について紹介します。

実用品

実用品

いくらあっても困らない消耗品などは、自由な外出もままならないお母さんにとってはうれしいものです。ただし、選び方によっては「困ったプレゼント」となってしまうこともあるので注意が必要です。

ベビー服

ベビー服

出産祝いと言えば定番の「ベビー服」ですが、最近ではおしゃれな色やデザインのものも多く、こだわりを持って選んでいる親も少なくありません。「赤ちゃん用の服をもらったけれど、自分の好みとは違うのでなかなか着せる機会がない」といった声も聞かれます。赤ちゃんらしくかわいいお出かけ用のベビー服も良いですが、毎日着る肌着や、無地などのシンプルなベビー服であれば幅広い人が受け入れやすいです。サイズはすぐに着られなくなってしまう新生児用よりも、生後半年~1年程度で着る70~80サイズが喜ばれます。また、何枚あっても困らないスタイ(よだれかけ)なども人気です。

おむつやミルク

おむつやミルク

「もらえて助かった!」と言う声が意外と多いのが、おむつやミルクなどの消耗品です。赤ちゃんにとって欠かせないものであり、ストックしておけるというメリットがありますが、赤ちゃんによっては肌や体質に合わなかったりすることもあるため、事前のリサーチが欠かせません。

あると便利なアイディアグッズ

あると便利なアイディアグッズ

便利そうと思ってはいても、なかなか自分では買わないというものもプレゼントに適しています。外出時の授乳に便利な「授乳ケープ」や、そのままでは冷たいおしりふきを適温にあたためてくれる「おしりふきウォーマー」など、ついつい後回しになってしまいがちなアイテムをプレゼントすれば「欲しかった!」と喜ばれるはずです。また、ブランドのベビーグッズなどもおしゃれなセンスを感じられるプレゼントとして人気です。

母親への贈り物

母親への贈り物

産まれてきた赤ちゃんだけでなく、「出産」を乗り切った母親へのプレゼントも、近年の大きなトレンドです。

ホームエステやビューティー用品

出産後の体は妊娠前と比べて大きく変化しており、もとに戻るまでには時間もかかります。「子どもを産んだら体型が崩れてしまった」と言う母親も少なくありません。手軽なホームエステ用品やシェイプアップグッズ、スチーマーなど、女性としてキレイになる喜びを感じられるプレゼントをするのもおすすめです。

家事がラクになるキッチングッズ

育児と家事の両立は、予想以上に大変です。赤ちゃんのお世話で家事に時間を取れなくなってしまいがちな母親には、シリコンスチーマーや電気ケトルなど、家事の時間を短縮できる便利なグッズも喜ばれます。