施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

出生届などの各種届け出



子どもが産まれると、その届け出や手当金の申請など、様々な手続きを行なう必要があります。あらかじめ必要な書類を調べておき、スムーズに手続きを済ませましょう。

市町村区役所に届け出る「出生届」

市町村区役所に届け出る「出生届」

行政への届け出は、主に子どもの権利にかかわる重要なものです。期限が定められているものも多いので、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

出生届

赤ちゃんが産まれたときに最も重要となるのが「出生届」です。子どもを戸籍に入れるための手続きで、これが受理されることで様々な権利を得ることができます。

記入する内容

子どもの名前や産まれた場所、住民登録を行なう住所、両親に関する情報などを記入します。また、出生証明を記入する欄がありますが、こちらは赤ちゃんを取り上げてくれた医師や助産師が記入してくれるため、入院前に用紙を準備しておき、入院中に記入してもらえば手間が省けます。提出は代理人でも可能ですが、「届出人」の欄は両親のいずれかの名前にしておく必要があります。

期限と提出場所

提出期限は出産日を含めて14日以内で、各市町村区役所へ提出します。必ずしも本籍地の役所に提出する必要はなく、出生地や居住地の市町村区役所でも受理してもらえます。閉庁日でも夜間窓口で受付は行なわれていますが、正式な処理は翌開庁日となります。開庁時間内に行けば、他の手続きも同時に済ませることができます。

健康保険への加入も忘れずに

健康保険への加入も忘れずに

医療機関にかかる場合にも、保険への加入は必須と言えます。その他、健康保険組合を通して様々な手当てを受け取れたり、自治体によっては出産にかかった費用が返ってくる制度もあります。ただし、国民健康保険加入の場合は市町村区役所へ届け出を行ないます。

加入期限

大きなトラブルがなければ、赤ちゃんが最初に医療機関にかかるのは1ヵ月検診のときです。しかし、産まれたばかりの赤ちゃんはデリケートな時期でもあるため、急な体調の変化なども考慮して、できるだけ早めに加入しておくのが無難です。

手続きの方法

両親が健康保険に加入している場合は、いずれかの扶養として健康保険に加入できます。収入に大きな差がない場合は父親の被扶養者として加入するのが一般的です。健康保険の手続きは勤務先が代行してくれる場合もありますが、加入のために必要な書類を出産までに確認しておくと良いでしょう。また、国民健康保険の加入手続きは各市町村区役所で行ないます。